result2019

株式会社GENOVA
正和製菓株式会社
K.Tsuruoka
株式会社エアージェイ
株式会社ヨシノ自動車
山口自動車株式会社
価格.com
ユタニ工業株式会社
MS JAPAN
Dam Craft
ITALIANS FOR TOHOKU
PRAY FOR ITALY
チェカレンジャーブログ
Ronnie Quintarelli Official Website for mobile
twitter
Instagram
resulttitle
2019 AUTOBACS SUPER GT
2019 AUTOBACS SUPER GT Round4 Chang SUPER GT RACE
Chang International Circuit / Course Length : 4.554 km
Ronnie Quintarelli and Tsugio Matsuda did not score points in the fourth round of the SuperGT season at Buriram as a general lack of pace, coupled with high success ballast, prevented them to put their potential to fruition.

ロニークインタレッリと松田次生選手は、スーパーGTシーズン唯一の海外戦である第4戦タイ・ブリーラムでは、本来のペースで走れず、ポテンシャルを出し切れないまま、ノーポイントでタイ戦を終えた。
2019/06/29(土)
Qualifying [Konckout]
Weather : Fine | Course : Dry

The NISMO team lined-up in Thailand second in points with 49 kilograms of success ballast, but despite the hard luck of the past, this time everybody was looking forward to a top-5 finish.
As always happens on this technical type of track, the pack was extremely tight so Ronnie needed everything to be just perfect in order to make his way to Q2. As per the team's usual strategy, Matsuda drove in Q1 but, unfortunately, he did not gain access to the second segment by a narrow margin, ending up 10th.

ランキング2位、ウェイトハンデ49kgでタイ戦を迎えるニスモチームは、過去の結果から決して相性が良いとは言えないタイ戦でも、チーム全員が上位5番以内の結果を出すことを目標としていた。
チャーン・インターナショナルサーキットの路面はテクニカルで非常に難しいため、予選を成功させるためには、全てに完璧が求められる。通常のルーティン通り、Q1は松田選手が担当したが、残念ながらQ2進出のタイムに届かず、予選10番手から決勝を戦うことになった。


2019/06/30(日)
Race
Weather : Fine | Course : Dry
Distance 66 Laps / 300.564 km

Ronnie was in the car at the start, and after gaining one spot, he remained in P9 for most of his 34-lap stint.
While he tried to push as much as possible, there wasn't enough speed.
The consistency of the Michelin tires, however, helped Quintarelli to extend his running to give his team-mate the chance to attack with fresher tires.
Unfortunately though, despite the new tires, the pace was not quick as expected, and Matsuda had to settle for 11th, out of the points zone.

Ronnie Quintarelli
"Once again, things did not go well on this circuit for us due to the lack of pace, and we ended up with no points.
It's a pity not to have provided our fans with the excitement they deserved, but considering that we only dropped to fourth place in standings, everything can still happen and a good result in the next round at Fuji will put us back in the hunt.

"Fuji has always been good to us and I'm sure that by preparing down to the smallest detail we will be able to fight for a top spot.
This month I will keep in shape and recover energy by going back to Italy and take part in the MOTORI IN PIAZZA event promoted by the Fan Club Ronnie Quintarelli.
For people in Verona, I'm waiting for you on July 14th at Sant'Anna D'Alfaedo to spend a motoring day together!
スタートドライバーであるロニーは、一つ順位を上げ、彼のスティントを9番手で34周を走行し、ピットインする。
ロニーは可能な限りプッシュしながら走ったが、それでもスピード不足は否めなかった。
ミシュランタイヤのバランスは良く、ロニーのスティントを長く引っ張ることで、松田次生選手がフレッシュタイヤでアタックをする作戦だった。
しかしフレッシュタイヤを使っても、期待していたようなペースには上がらず、23号車はポイント圏外の11位でレースを終えた。

Ronnie Quintarelli
「僕たちにとってこのサーキットはいつもペースが上がらず、事がうまくいかないですね。ノーポイントで終わってしまいました。
僕らの走りに期待してくれていたファンの皆さんに、良い走りと結果を見せることができなくて、本当に残念です。ランキングは2位から4位に落ちてしまったけれど、まだシーズン中盤です。次戦は相性の良い富士戦ですし、まだまだ諦めていません。

富士ではいい結果を残せているし、トップ争いできるためにも微調整を繰り返していきたいと思います。
今月僕はイタリアに行き、エネルギーを回復させながら、ロニークインタレッリ・ファンクラブ主催のイベント「MOTORI IN PIAZZA」に参加します。
ヴェローナや近郊に住んでいる皆さん、7月14日はサンタナ・ダルファエドに集まって楽しい時間を過ごしましょう!」
GT500 class
No.23 MOTUL AUTECH GT-R
Round Qualify Pos. Qualify#1 Qualify#2 Race/Pos. Time/Diff. Lap WH
1 1 ※1 1'17.165 1'16.602 R 2 1.227 30 -
2 1 ※2 1'27.987 1'26.871 R 2 19.693 110 17
3 10 ※3 1'47.076 - Retire 36 Laps 16 49
4 10 ※4 1'24.288 - 11 1'28.681 66 49
WH=Weight Handicap(kg)
R=Course Record
※1,2,3,4 Qualify#1:ノックアウト予選(Q1)のタイム計測 [松田選手出走]
Point ranking
Ranking Round1 Round2 Round3 Round4 Round5 Round6 Round7 Round8 Total
4 8.5 16 0 0 24.5

Copyright © 2007-2016 Ronnie Quintarelli Official Website All Rights Reserved.