株式会社GENOVA
正和製菓株式会社
K.Tsuruoka
株式会社エアージェイ
株式会社ヨシノ自動車
山口自動車株式会社
価格.com
ユタニ工業株式会社
Dam Craft
TM Racing
Ronnie Quintarelli Official Website for mobile
twitter
Instagram
チェカレンジャーブログ
PRAY FOR ITALY
ITALIANS FOR TOHOKU
resulttitle
2019 AUTOBACS SUPER GT
2019 AUTOBACS SUPER GT Round7 SUGO GT 300km RACE
スポーツランドSUGO / Course Length : 3.704256 km

2019/09/22 AUTOBACS SUPER GT Round7 SUGO GT 300km RACE 表彰台

Coming from a tough SuperGT weekend at Autopolis, and having dropped to fifth place in points, Ronnie Quintarelli lined-up for the penultimate round of the season at Sugo aware that he needed at least a podium, while staying in front of the direct contenders, if he wanted to remain in contention for title until the Motegi finale in early November.
Thanks with the reduced amount of ballast, now corresponding to the number of championship points of every pairing, Quintarelli and team-mate Tsugio Matsuda also knew that the situation would have been more levelled and there was a good chance to fight for the win provided the right potential.

前戦の厳しい結果に終わったオートポリス戦の後、シリーズランキング5位にまで下がった23号車は、11月の最終戦もてぎでチャンピオン争いに残るために、ここSUGO戦でライバル勢の前でチェッカーを受け、最低でも表彰台に上がることを目標にサーキットに入った。
SUGO戦ではポイント×1kgとウェイトハンディが軽くなったことで、23号車のポテンシャルのレベルが必ずアップすると、クインタレッリとチームメイト松田次生選手は自信をもっていた。
2019/09/21(土)
Qualifying
Weather : Cloudy | Course : Dry

In practice, the #23 Nissan GT-R turned out to be quite competitive which boosted the expectations for qualifying.
In Q1, Matsuda took the wheel but was slowed down by another driver who was cooling down.
The tight Sugo track didn't allow him to pass in time, meaning that he was stuck while the tires were in their performance peak and had to back off. In the following lap, with the grip already going away, Matsuda scored the 10th fastest lap, out of the cut for Q2.
It was a disappointing result for the team considering the pace showed that far.

練習走行では23号車は2位、ドライバーたちの予想通り調子が良く、予選への期待が膨らんだ。
Q1は松田選手がステアリングを握りアタックをしていたが、途中でアタック前のマシンに引っかかってしまい、スローダウンを余儀なくされる。
SUGO特有の幅が狭いサーキットでは前車を抜けず、翌周に再度アタックを試みるが既にタイヤのピークを終わっており、松田選手は10番手でQ1敗退となってしまった。
午前中の練習走行から調子が良かっただけに、23号車にとって非常に悔やまれる予選となった。


2019/09/22 (日) Race
Weather : Rain | Course : Wet
Distance 81 Laps / 300.044736 km

On race day, the forecasts were calling for rain and, in that case, there would have been a good chance of fighting back as Michelin made huge steps forward with the wet tires.
Right before the start of the formation lap, the rain started to fall and Ronnie took-off on intermediate tires.
At the start, he was outright fast, passing three cars and moving to P7 in the opening lap. During his stint, he then went up to P4. To minimize the strategy risk in case of a safety-car, the team went for an earlier pit-stop, and the decision proved spot-on as the race was neutralized right after the stop.
At that time, Matsuda was fifth but in a pack made closer by the safety-car.
At the re-start, all the cars that just stopped struggled for grip on inters, as the rain picked up once again. Matsuda did his utmost to keep the car on track in extreme conditions, and eventually secured third place.

Ronnie Quintarelli
"Third place is a great result and it's very positive to have made our way to the podium for the fourth time out of seven races.
We moved up to third place in standings and managed to reduce the gap towards the front. This gives us a chance to fight for the title in the last round of the season, even though we would need a pole, a win and a DNF by the car currently leading the series if we want to succeed.
NISMO will be the only team to contend with the two leading Lexus cars. This is a very important aspect and will definitely be a motivating factor for the final race of the year.
Before Motegi, we will have a good training at Hockenheim as we will take part in the final round of the DTM season. Once again a big thank you goes to all the fans for their amazing support."
朝から曇り空のSUGOでは、雨の天気予報がでていた。雨が降った場合、ウェットタイヤに自信をもつミシュランタイヤを装着する23号車にとって、挽回のチャンスがやってくるかもしれない、とロニーは思っていた。
フォーメーションラップ開始直前、小雨が降り出した。タイヤ選択に悩む全車両、23号車のスタートドライバーのロニーは、これから雨が強くなると予想しウェットタイヤの装着を選択した。
レースがスタートし、ロニーは一気に3台を抜き、この周で7番手まで順位をあげる。その後もロニーはペースを上げ、ピットインするまでには順位を4位まで上げていた。強い雨により続々とコースアウトする車両が出てきたことで、セーフティカー導入も視野に入れ、23号車は最短周での早めのピットインを選択する。
そして予想どおり、ピットイン後にはセーフティカーが導入され、ニスモチームの決断は吉と出た。順位は5位になっていたが、セーフティカーのおかげで前を走るマシンとの差がなくなっていた。
リスタートでレースは再開したが、タイヤが冷えたことや雨が強くなったことで、全車両グリップに苦しめられていた。松田選手はコースアウトしないように慎重に走行しながら、ひとつでも順位を上げるために攻めの走りをした結果、3位表彰台を獲得した。

Ronnie Quintarelli
「3位表彰台、よかったです。今シーズン7レース中4度の表彰台です。
最終戦を前にシリーズランキング3位にあがり、首位との差を縮めることができました。このことで、最終戦に僅かですがタイトル獲得の可能性を残せました。
最終戦はポールポジション、優勝、そして首位のチームがチェッカーを受けない場合、タイトル獲得の可能性があります。僕たちニスモチームが唯一、トップ2チームのレクサス勢とタイトルを争うことになります。重大な要素を握っている僕たちは、最終戦に向けてモチベーションが上がっています。 もてぎ戦の前に、ドイツ・ホッケンハイムで開催されるDTM最終戦に参戦する、素晴らしい機会をいただきました。頑張ってきます!応援してくれたファンの皆さん、ありがとうございます。最後まで諦めずに頑張ります!」
GT500 class
No.23 MOTUL AUTECH GT-R
Round Qualify Pos. Qualify#1 Qualify#2 Race/Pos. Time/Diff. Lap WH
1 1 ※1 1'17.165 1'16.602 R 2 1.227 30 -
2 1 ※2 1'27.987 1'26.871 R 2 19.693 110 17
3 10 ※3 1'47.076 - Retire 36 Laps 16 49
4 10 ※4 1'24.288 - 11 1'28.681 66 49
5 1 ※5 1'28.904 1'28.519 3 36.658 175 49
6 10 1'35.825 - 13 1 Lap 64 77
7 10 ※6 1'10.881 - 3 26.71 81 39
WH=Weight Handicap(kg)
R=Course Record
※1,2,3,4,5,6 Qualify#1:ノックアウト予選(Q1)のタイム計測 [松田選手出走]
Point ranking
Ranking Round1 Round2 Round3 Round4 Round5 Round6 Round7 Round8 Total
3 8.5 16 14 0 11 49.5

Copyright © 2007-2016 Ronnie Quintarelli Official Website All Rights Reserved.