result2019

株式会社GENOVA
正和製菓株式会社
K.Tsuruoka
株式会社エアージェイ
株式会社ヨシノ自動車
山口自動車株式会社
価格.com
ユタニ工業株式会社
MS JAPAN
Dam Craft
ITALIANS FOR TOHOKU
PRAY FOR ITALY
チェカレンジャーブログ
Ronnie Quintarelli Official Website for mobile
twitter
Instagram
resulttitle
2019 AUTOBACS SUPER GT
2019 AUTOBACS SUPER GT Round2 FUJI GT 500 Km RACE
富士スピードウェイ/ Course Lengh : 4.563 Km

岡山国際サーキット 2位 2019/04/14 AUTOBACS SUPER GT

Coming from a strong showing in the season-opening race at Okayama, Ronnie Quintarelli and the NISMO Official Team lined-up on their home racetrack at Fuji aware of their potential.
The weekend was a special one as it is held during the Golden Week festivities, drawing massive crowds.

速い23号車を見せた開幕戦からおよそ1ヶ月が経ち、第2戦はロニーとニスモチームが得意とする富士スピードウェイで開催された。
毎年ゴールデンウィーク期間に開催される第2戦には、今年は9万人を超える観客が来場した。
2019/05/03(金)
Qualifying[Knockout]
Weather : Fine | Course : Dry

In practice, the #23 Nissan GT-R suffered from some balance issues, but with set-up improvements things sarted to change.
Tsugio Matsuda drove in Q1 and rounded out the top-5, gaining access to Q2 for his team-mate.
Once on-track, Ronnie gave his 100 percent and thanks to a perfect lap and the good setup found, he cruised to pole, scoring a sensational laptime. It was a new track record.

練習走行で、23号車はバランスに多少問題を抱えていたが、セットアップを少し変えたことで改善しつつあった。
Q1は松田次生選手が担当し、5番手でQ2進出が決まった。
明日の決勝グリッドを決めるQ2を担当したロニーは、100%の力を発揮し完璧なアタックラップを決め、コースレコード更新で、開幕戦に続き2戦連続のポールポジションを獲得した。


2019/05/04(土)
Race
Weather : Rain / Cloudy | Course : Wet / Dry
Distance 110 Laps / 501.930 km

On race day, the weather conditions quickly started to become a factor.
Right before the start, a strong rainfall forced everyone to change strategy and switch to rain tires. Ronnie drove in the opening stint and fought hard to keep the lead of the 500-km race until the first of the two mandatory pit-stops.
Matsuda went back on-track with slick tires in second place, but very close to the leader. Ronnie was sure he would have had to warm the tires quickly in the following out lap as he would have been in front due to the strategic offset. And so he did, keeping P1 and increasing his margin to almost 5 seconds.
Unfortunately, the car then started to suffer from rear tire degradation due to the low track temperatures. With 11 laps to go, Ronnie could not hold off his closest contender and eventually finished second.
On the other hand, this was his second straight podium finish which handed him and Matsuda the series lead.

Ronnie Quintarelli
"We are a bit disappointed not to have won a race we dominated for so long. The two straight podium finish we had gave us the championship lead though, rewarding all the efforts done over the winter to improve the car and tires.
These results make us really confident for the next round of the series scheduled for the end of May at Suzuka. I want to thank our amazing fans for their incredible support throughout the whole Fuji weekend, as well as the team's personnel for their great job."
第2戦は、開幕戦に続きまたもや天候に翻弄される決勝となった。
決勝日の午前中は青空が広がるよい天気だったが、グリッドウォーク中から雨粒が落ち始めてきた。雨はどんどん強くなり、スタート前には完全なウェットコンディションになっていたため、全チームはレインタイヤに変更を余儀なくされる。そして110周の決勝レースはセーフティカー先導でのスタートとなった。第1スティント担当のロニーは、一時はトップを奪われるもすぐにトップを奪い返したが、その頃から雨脚がさらに強まり、またもトップを奪われた直後にセーフティカーが入り、レースは赤旗により中断となった。
天候が回復すると、レースはセーフティカー先導で再スタート。23号車はタイヤの温まりに苦労し5位まで後退するが、ペースを取り戻して次々とオーバーテイクを重ね、ロニーは再びトップを奪い返した。雨が止み、1回目のピットストップで松田選手に交代し、スリックタイヤに履き替える。トップから2位へ後退したものの、松田選手はトップから離されずに周回を重ねていく。2回目のピット作業でチームの素早い作業のおかげで逆転し、23号車はトップでコースに戻る。アウトラップでタイヤを温めることに集中し、ロニーは2位との差を広げ走っていた。
しかし、気温と路面温度が徐々に下がってきたことから、ペースが上がらなくなってしまう。残り11周のところで、ついにロニーは2位を走っていた38号車にかわされてしまう。
ロニーはなんとか2位を守り、そのまま2位でチェッカーを受け、開幕戦から2戦連続の表彰台となり、ポイントランキングで首位に浮上した。

Ronnie Quintarelli
「予選から決勝まで大半でリードしていた中で優勝できなかったことは残念です。しかし、2戦連続で2位表彰台に上がれて、オフシーズンでの全員の努力が車やマシンの改善に繋がったのだと思います。
この2戦の結果は、次戦の鈴鹿へ向けても大きな自信になりました。チーム全員がよい仕事をしてくれたのと同じように、富士に足を運んでくれた信じられないほどの数のファンの皆さんに、心から感謝します。難しい天候にも関わらず、応援し続けてくれてありがとうございます。」
GT500 class
No.23 MOTUL AUTECH GT-R
Round Qualify Pos. Qualify#1 Qualify#2 Race/Pos. Time/Diff. Lap WH
1 1 ※1 1'17.165 1'16.602 R 2 1.227 30 -
2 1 ※2 1'27.987 1'26.871 R 2 19.693 110 17
WH=Weight Handicap(kg)
R=Course Record
※1,2 Qualify#1:ノックアウト予選(Q1)のタイム計測 [松田選手出走]
Point ranking
Ranking Round1 Round2 Round4 Round5 Round6 Round7 Round3 Round8 Total
1 8.5 16 24.5

Copyright © 2007-2016 Ronnie Quintarelli Official Website All Rights Reserved.