GENOVA
۳
K.Tsuruoka
ҥ襷μư
CAFFE BONINI
ưֳ
ҥ
.com
楿˹ȳ
Dam Craft
TM Racing
Ronnie Quintarelli Official Website for mobile
twitter
Instagram
󥸥㡼֥
PRAY FOR ITALY
ITALIANS FOR TOHOKU
resulttitle
2019 AUTOBACS SUPER GT
2019 AUTOBACS SUPER GT Round6 AUTOPOLIS GT 300km RACE
オートポリス / Course Length : 4.674 km
Coming from a positive third place at Fuji, Ronnie Quintarelli and the NISMO Official Team lined-up at Autopolis aware that it would have been a difficult weekend, given the third place in points and the subsequent competition ballast.
In the end, the weather with the resulting safety-car interruptions also played a major role in a disappointing finish.
The goal was to keep the two cars that were in front of the #23 Nissan at bay.

3位表彰台だった前戦の富士から約1ヶ月、ランキング3位で迎えたシーズン唯一の九州ラウンド、オートポリス戦では、ロニークインタレッリとニスモワークスチームにとって厳しいレースウィークとなった。
目まぐるしく変わる天候とセーフティカー導入で、予想外の展開にうまく対応できなかった23号車は、ノーポイントの残念な結果で終わった。
ランキング1位と2位のチームより上位でゴールすることを目標にしていたが、それも叶わなかった。
2019/09/07(土)
Qualifying[Knockout]
Weather : Cloudy | Course : Dry

In free practice, the car proved competitive, but considering the extreme performance level of the series, the team knew that it would have been difficult to enter Q2.
The NISMO Official Team decided to field Quintarelli in Q1 so to gain the best possible starting position, but despite his valiant effort, Ronnie finished P10, still a respectable result.

練習走行でのマシンの調子は悪くはなかったが、今シーズンのパフォーマンスレベルを考えると、Q2進出は難しいだろうとチームは予想していた。
チームは通常とは異なり、Q1をロニーにドライブさせ、Q2進出またはQ1敗退でもできる限り上位のグリッドになるように、ロニーにステアリングを託した。ロニーも攻めのアタックをしたが、10位でQ1敗退となった。


2019/09/08(日)
Race 
Weather : Cloudy / Rain | Course : Dry / Wet
Distance 65Laps / 303.810 km

Ronnie started the race and drove for the opening stint, as per the base strategy.
Unfortunately, the team didn't make the mandatory pit-stop during a mid-race safety car, so Ronnie and teammate Tsugio Matsuda lost almost one lap compared to the other drivers that had stopped earlier.
In the end, they brought home a disappointing 13th place, out of the points zone.

Ronnie Quintarelli
"Not having made it to the points zone in a key race in terms of the championship, deprived us of many chances to fight for the title this season. While we were not competitive as we should, especially in race trim, but it's a pity not to have profited from the safety-car situations.
The positive thing for us is that the next race will be next weekend at Sugo, and soon we will be able to fight back thanks to the fact that the compensation weight will be cut by half for the penultimate round.
I can't wait to be back on-track at Sugo so to do our best and try to give our fans and supporters the satisfaction they deserve."
オートポリス戦決勝、通常通り、スタートドライバーはロニーが務めた。
雨が降ったり止んだりする中、レース中盤にコース上で止まる車両が出たため、セーフティカーが導入される。セーフティカー導入前にほとんどのマシンがピット作業を終わらせており、この時点でピット作業を済ませていない23号車は、周回遅れとなってしまう。41周目のリスタートと共にピットインをし、松田次生選手はスリックタイヤでコースに復帰した。しかし路面はまだかなり濡れており、スリックタイヤでは厳しい状態だった。
最終的に、23号車は13位でフィニッシュ、ノーポイントでオートポリス戦を終えた。

Ronnie Quintarelli
「チャンピオンシップの面で、重要なレースでポイント圏内に入れなかったことで、ランキング上位チームとのタイトル争いのチャンスをたくさん失ってしまいました。
レースウィークを通して、23号車はポテンシャルを上げることができず、それでも天候やセーフティカーの状況を味方にして、マイナス部分をプラスに変えることができればよかったけれど、それもできなかった。そのことはとても残念ですね。
次戦の菅生は来週とすぐで、ウェイトハンデも半分と軽くなり、だいぶ戦いやすくなると思います。今回残念な結果で終わった分、次戦はパワー全開で、ファンやサポータの皆さんを喜ばせられるように頑張ります!」
GT500 class
No.23 MOTUL AUTECH GT-R
Round Qualify Pos. Qualify#1 Qualify#2 Race/Pos. Time/Diff. Lap WH
1 1 ※1 1'17.165 1'16.602 R 2 1.227 30 -
2 1 ※2 1'27.987 1'26.871 R 2 19.693 110 17
3 10 ※3 1'47.076 - Retire 36 Laps 16 49
4 10 ※4 1'24.288 - 11 1'28.681 66 49
5 1 ※5 1'28.904 1'28.519 3 36.658 175 49
6 10 1'35.825 - 13 1 Lap 64 77
7 10 ※6 1'10.881 - 3 26.71 81 39
8 3 ※7 1'36.353 1'36.128 8 47.481 53 -
WH=Weight Handicap(kg)
R=Course Record
※1,2,3,4,5,6,7 Qualify#1:ノックアウト予選(Q1)のタイム計測 [松田選手出走]
Point ranking
Ranking Round1 Round2 Round3 Round4 Round5 Round6 Round7 Round8 Total
5 8.5 16 14 0 38.5

Copyright © 2007-2021 Ronnie Quintarelli Official Website All Rights Reserved.