result2019

株式会社GENOVA
正和製菓株式会社
K.Tsuruoka
株式会社エアージェイ
株式会社ヨシノ自動車
山口自動車株式会社
価格.com
ユタニ工業株式会社
MS JAPAN
Dam Craft
ITALIANS FOR TOHOKU
PRAY FOR ITALY
チェカレンジャーブログ
Ronnie Quintarelli Official Website for mobile
twitter
Instagram
resulttitle
2019 AUTOBACS SUPER GT
2019 AUTOBACS SUPER GT Round3 SUZUKA GT 300km RACE
鈴鹿サーキット / Course Length : 5.807 km
Lining-up at Suzuka for the third round of the SuperGT season with the 49-kilogram ballast coming from their lead in the overall standings, Ronnie Quintarelli and the NISMO Official Team had the goal to defend their position by scoring the maximum amount of points possible at the famed Grand Prix venue.

スーパーGT第3戦が開催された鈴鹿に入った23号車は、ランキングトップでウェイトハンデ49kgを背負って戦うことになった。ロニークインタレッリとニスモワークスチームは、ランキングを維持するためにポイントを多く獲得することを目標にレースに挑んだ。
2019/05/25(土)
Qualifying [Konckout]
Weather : Fine | Course : Dry

In the opening qualifying segment, Ronnie's team-mate Tsugio Matsuda put up a valiant effort to try and nail the access to Q2, but unfortunately had to content with P10. While not optimal, the result was a positive starting point, considering the weight added to the car.

気温31℃、路面温度48℃でスタートした予選。Q1を担当した松田次生選手は、硬めのタイヤで挑んだQ2予選だったが、重いウェイトハンデの影響もあり10位でQ1敗退となった。


2019/05/26(日) Race
Weather : Fine | Course : Dry
Distance 52 Laps / 301.964 km

On race day, like in qualifying, the weather was sunny with summer-like temperatures of over 30° C air and 50° C on the tarmac.
Expecting high degradation, Quintarelli started the race and tried to save his tires so to avoid any late drop.
While fighting for the points zone, the right front let go at the entrance of the 130R corner, the fastest in Suzuka.
Ronnie ended up straight to the barriers at high speed, but thanks to the high safety level of the track, he was able to walk away with no physical injury and relatively moderate damage to the car.

Ronnie Quintarelli
"The goal for this race at Suzuka was to get back home still in the lead of the championship standings.
So having ended our day early due to a technical issue was unexpected and left us disappointed.
Nonetheless, we lost only one position in points and we are still fighting, with a tighter pack meaning that weight compensation will be more levelled in the upcoming round in Thailand.
The race at Buriram will enable us to understand where we really are compared to the rivals with more technical potential, and we will need to be at the top of our game.
I want to thank our fans for their phenomenal support. Let's join forces and get back to the top!"
予選日同様、決勝日も季節外れの暑さで気温は30℃を超え、路面温度も50℃を超えていた。
このため、タイヤ消耗を考慮し、クインタレッリはタイヤを労りながら走っていた。
ポイント圏内のポジション争いをしていた17周目に、右フロントタイヤのトラブルにより130Rでコースアウト、高速でタイヤバリアにヒットしてしまう。
幸いにも、ロニー本人に怪我はなく自らマシンを降り、比較的マシンのダメージも中程度だった。

Ronnie Quintarelli
「鈴鹿戦の目標は、確実にポイントを獲ってランキング首位でタイへ臨むことでしたが、僕たちのレースはかなり早い時点で終わってしまいました。
予想外のテクニカルトラブルで、とても残念です。
ランキング2位になってはしまいましたが、これからシーズン中盤、次戦タイ・ブリラム戦ではライバル勢もウェイトハンデを積んできます。
今まで以上の高いレベルの戦いになると思いますが、僕たち23号車はまだまだ戦っていきます。ブリラム戦では、ライバル勢と比べると弱い部分があることは十分に理解しているので、今まで以上のポテンシャルを引き出し、最高のパフォーマンスで戦っていきます。
暑い中サーキットに足を運んでくださったファンの皆さんをはじめ、応援してくれたファンの皆さん、ありがとうございます。僕の身体は全く問題ありませんので、ランキングトップに戻るために精一杯頑張ります!」
GT500 class
No.23 MOTUL AUTECH GT-R
Round Qualify Pos. Qualify#1 Qualify#2 Race/Pos. Time/Diff. Lap WH
1 1 ※1 1'17.165 1'16.602 R 2 1.227 30 -
2 1 ※2 1'27.987 1'26.871 R 2 19.693 110 17
3 10 ※3 1'47.076 - Retire 36 Laps 16 49
WH=Weight Handicap(kg)
R=Course Record
※1,2,3 Qualify#1:ノックアウト予選(Q1)のタイム計測 [松田選手出走]
Point ranking
Ranking Round1 Round2 Round4 Round5 Round6 Round7 Round3 Round8 Total
2 8.5 16 0 24.5

Copyright © 2007-2016 Ronnie Quintarelli Official Website All Rights Reserved.