result2019

株式会社GENOVA
正和製菓株式会社
K.Tsuruoka
株式会社エアージェイ
株式会社ヨシノ自動車
山口自動車株式会社
価格.com
ユタニ工業株式会社
MS JAPAN
Dam Craft
ITALIANS FOR TOHOKU
PRAY FOR ITALY
チェカレンジャーブログ
Ronnie Quintarelli Official Website for mobile
twitter
Instagram
resulttitle
2019 AUTOBACS SUPER GT
2019 AUTOBACS SUPER GT Round1 OKAYAMA GT 300km RACE
岡山国際サーキット / Course Length : 3.703 km

岡山国際サーキット 2位 2019/04/14 AUTOBACS SUPER GT

Lining-up for the opening round of the 2019 SuperGT season at Okayama, Ronnie Quintarelli was aware of the good potential of the NISMO Official Team.
At the end of the weekend, he scored second place in the race, bringing home a superb pole position.

2019 SUPER GTの開幕戦が岡山でついに幕を開けた。昨年に続きニスモチームからの参戦するロニークインタレッリは、今季はポテンシャルの高さを感じていた。
予選でポールポジションを獲得し、開幕戦は2位の表彰台で終えた。
2019/04/13(土)
Qualifying[Knockout]
Weather Cloudy | Course : Dry

Right from Saturday's practice session, the #23 Nissan GT-R proved extremely competitive and this made the team aware of their potential in qualifying.
In Q1, Quintarelli's teammate Tsugio Matsuda scored second place and secured the access to Q2.
The Italian didn't lose the chance, posting a stunning flying lap that handed him the pole position and the new track record.
The qualifying result confirmed how competitive and extremely professional the series is in terms of development. After all, SuperGT is the world's fastest Grand Touring series.

土曜日の練習走行から、23号車はライバル勢と競えるポテンシャルの高さを見せており、チーム全員が予選に大きな期待を寄せていた。
Q1はチームメイト松田次生選手が担当し、2位でQ2に進出を果たす。
Q2を担当するロニーは、集中力を高め慎重にタイヤを温めアタックを開始。ロニーのアタックはコースレコードを記録し、見事ポールポジションを獲得した。
日産勢の不振に終わった昨季から、マシンやタイヤの開発やチームやメーカー、ドライバーなど全員の努力が証明された予選となった。


2019/04/14(日)
Race
Weather : Rain | Course : Wet
Distance 82 Laps / 303.646 km

On race day, bad weather hit the Okayama venue since early morning and didn't stop for the whole day.
The NISMO Official Team opted for softer compound tires, hoping for an improvement in the track conditions.
The initial feedback proved positive but the safety-car immediately slowed the pack down due to a contact in the GT300 class. In the laps behind the safety car, the rain started to fall harder, preventing Quintarelli from heating his tires correctly.
In the following laps, he thus had to yield to two of his contenders and, not too much later, the race was interrupted with a red flag.
After more than 30 minutes, the race restarted with the track in treacherous conditions but, after another crash, race control decided to call it for the day with just 30 laps completed.
Thanks to a penalty issued to a competitor following to a contact, the Quintarelli-Matsuda pairing ended up in second place, but as the race did not reach the 75 per cent of the distance, half points were awarded.
With 7.5 points scored for second place, plus the bonus point for the pole, Quintarelli and Matsuda stand now with 8.5 points in standings, just 1.5 away from the lead.

Ronnie Quintarelli
"The Okayama weekend exceeded our expectations, and the performance we showed makes us aware that we will be contending for wins against any rival and on all types of tracks this season.
In the second part of 2018, the lack of performance on the single lap had been our weakest point, but thanks to a huge development work done in winter testing, we managed to close the gap we had. We are now back at the level we normally belonged to a few years ago ago.
"It's a pity that we could only complete a fraction of the race due to the weather. We didn't have the chance to express our full potential on a wet track too.
Second place is still a great result that makes us confident ahead of the next round at Fuji Speedway, which will take place during the Japanese holidays of the Golden Week. Together with NISMO and Michelin, we will do our best to prepare for this beautiful event, in which we took a great win last season in front of a sensational crowd."
決勝日、岡山の上空は朝から厚い雲に覆われており、残念ながらレース開始前には雨が降り出した。
ニスモチームは柔らかめのコンパウンドのタイヤを選択し、路面状況が良くなることを願っていた。
決勝はセーフティカーランでスタートし、ロニーがドライブする23号車の調子は良く、後続車両との差を広げる走りをしていたが、その直後、GT300クラス車両によるクラッシュがありセーフティカーが入った。セーフティカー先導で数ラップが過ぎ再スタートとなったが、23号車は2位を走る1号車にトップを奪われ、続いて17号車にも先攻されてしまい、3位に後退してしまう。
直後、再びGT300クラス車両でクラッシュが発生し、赤旗によるレース中断となった。
30分以上が経ち、大雨により路面状態が非常に難しい状況の中セーフティカー先導でレースは再開。しかし、川ができるほどの路面状態で、23号車は4番手の8号車にも先攻され4位に後退してしまう。その直後、再びGT300車両の3度目のクラッシュにより、今日4度目のセーフティカーが入った。アソシエイションは、天候不良のためレース続行は不可能と判断し、30周でレース終了となった。
セーフティカーラン直前の起きたトップ争いをしていた2台による接触のペナルティーにより、最終的に23号車は2位という結果に終わった。この決勝は、レース全体の75%である規定周回数に達しなかったため、ハーフポイント獲得となる。
予選ポールポジションで1点、決勝2位で7.5点、合計で8.5点を23号車は獲得し、首位とは1.5ポイント差のランキング2位で富士戦に向かう。

Ronnie Quintarelli
「岡山のレースウィークは、予想以上のものでした。パフォーマンス力は向上し、どんな状況でもライバル勢とも戦えるレベルまで上げることができました。
2018シーズン後半は一発の速さが足りないせいでQ2進出ができず、それが弱点となっていました。オフシーズンのテスト等の開発のおかげで大きく改善され、ライバル勢との差が縮めることができました。ただし、このレベルはあくまで数年間の悪い状態から通常に戻ったというだけです。
開幕戦、悪天候により最後までレースができなかったのは本当に残念です。ウェットコンディションだったこともあり、僕たちのフルポテンシャルを出せなかったことも残念でした。
ただ2位でレースを終えられたことは、ゴールデンウィークに開催される富士戦への自信に繋がったと思います。ちょうど一年前に優勝した第2戦富士、ニスモとミシュランと力を合わせて、最高の結果を出せるように頑張ります。」
GT500 class
No.23 MOTUL AUTECH GT-R
Round Qualify Pos. Qualify#1 Qualify#2 Race/Pos. Time/Diff. Lap WH
1 1 ※1 1'17.165 1'16.602 R 2 1.227 30 -
2 1 ※2 1'27.987 1'26.871 R 2 19.693 110 17
WH=Weight Handicap(kg)
R=Course Record
※1,2 Qualify#1:ノックアウト予選(Q1)のタイム計測 [松田選手出走]
Point ranking
Ranking Round1 Round2 Round4 Round5 Round6 Round7 Round3 Round8 Total
2 8.5 8.5

Copyright © 2007-2016 Ronnie Quintarelli Official Website All Rights Reserved.