株式会社GENOVA
正和製菓株式会社
K.Tsuruoka
株式会社エアージェイ
MS JAPAN
価格.com
ユタニ工業株式会社
株式会社ヨシノ自動車
山口自動車株式会社
Dam Craft
ITALIANS FOR TOHOKU
PRAY FOR ITALY
チェカレンジャーブログ
Ronnie Quintarelli Official Website for mobile
twitter
Instagram
resulttitle
2018 AUTOBACS SUPER GT
2018 AUTOBACS SUPER GT Round5 FUJI GT 500mile RACE
富士スピードウェイ/ Course Lengh : 4.563 Km
Ronnie Quintarelli lined-up at Fuji with the goal of fighting for the podium in the venue's brand-new 500-mile event, the longest of the SuperGT schedule.
After winning round 2 at the same venue, and with a strong third place in points, the expectations were high. Unfortunately, the NISMO team faced unexpected struggles on race day.

今シーズンで最も長いレースである初の500マイルレースが富士スピードウェイで開催された。
今シーズンの第2戦で優勝した同じ富士スピードウェイで、ボーナスポイントを獲得できる今回のレースではロニークインタレッリは今シーズン2度目の優勝を狙っていた。残念ながら、ニスモチームにとって、決勝は想定していた以上に厳しいレース展開となってしまった。
2018/08/04(土)
Qualifying [Knockout]
Weather : Fine | Course : Dry

The #23 Nissan GT-R and its Michelin tires performed well since practice, with a good balance which handed the team P1.
In qualifying, the great pace continued, allowing Quintarelli's team-mate Tsugio Matsuda to top the Q1 segment. Driving in Q2, the 4-time series champion then delivered an almost perfect lap to score a stunning pole for Sunday's race.

土曜日の公式練習から、23号車のGT-Rとミシュランタイヤのパフォーマンスは非常に良く、公式練習を1位で終えた。
午後の予選でもマシンとタイヤ共に好調で、Q1担当の松田次生選手はトップでQ1を突破し、Q2担当のクインタレッリもまた最速のラップタイムでQ2をトップで終え、ポールポジションを獲得した。


2018/08/05(日)
Race
Weather : Cloudy | Course : Dry
Distance 177 Laps / 807.651 km

The race, which featured a minimum of four pit-stops as mandated by the rules, saw Quintarelli in the car for the start and the first stint.
Everything went well until lap 25 when he held a 10-second advantage and the car was performing beyond expectations.
Unfortunately though, not too much later, the front tires had a massive drop which cost Ronnie almost two seconds per lap.
The issue forced the team to anticipate the first stop and, having experienced the same problem in the following stint, they had to switch strategies to make five pit-stops instead of four.
Due to the huge amount of time lost for the additional change, the #23 car dropped from P3 to P9 in the final part of the race and, despite setting the fastest lap of the day, it was impossible for the drivers to get back to podium contention.

Ronnie Quintarelli
"After the sensational and unexpected pole position we got in qualifying, our goal for the race was to aim at least for a podium finish.
Unfortunately, due to the extremely high track temperatures, our tires didn't last as long as expected.
As a consequence, we were unable to do only four pit-stops and five stints to match the strategy of our opponents.
Ninth place really leaves us bitter. With a 12-point deficit in standings, no mistakes will be allowed in the next three rounds.
Anyway, we restart from this weekend's pole position and fastest lap of the race. We are aware that, starting from the next race in mid-September at Sugo, we will be among the championship contenders.
In the coming month, we will work hard to prepare and rebound from the tough days we had at Buriram and Fuji.
Again, I want to thank the huge amount of fans that came to support us on-track or cheered in front of the TV at home!"
500マイルレースでは最低4回のピットストップがレギュレーションで定められている。第1スティント/スタートドライバーはクインタレッリ。
2位と10秒差あった25周目までは良い展開だったロニーだったが、突如マシンとタイヤのパフォーマンスが落ちる事態が起きた。
残念ながら、タイヤのグリップ低下で普通に走れない状態になるまで、それほど時間はかからなかった。フロントタイヤのグリップ低下で、ロニーは1周2秒も遅いラップタイムで走るほどだった。
この問題は1回目のピットストップでも、それ以降のスティントでも、ずっとチームを悩ませ続け、結果4ピットストップから5ピットストップに変更せざるを得なかった。
1回多いピットストップをしたことで大きなタイムロスとなり、レース後半に23号車は3位から9位に後退し、この日のファステストラップを出すも目標としていた表彰台争いに戻ることはできなかった。

Ronnie Quintarelli
「最高の形でポールポジションを獲得した予選、僕たちの目標は最低でも表彰台に上がることだった。
しかし予想以上の路面温度の高さに、予想していたほどタイヤがもたなかった。
そのせいで、予定していた4ピットストップから5ピットストップに作戦を変更せざるを得なくなってしまいました。
決勝結果9位、僕たちにとってとても苦しい結果です。シリーズランキングは6位に下がってしまい、首位と12ポイントも差が広がってしまいました。
残り3戦、いかなるミスも許されない状態です。結果は残念なものでしたが、予選のポールポジションと決勝のファステストラップをとることができた僕たちニスモチームです。シリーズランキングの上位にいるライバル勢の中に食い込んでいけると僕たちは信じています。
9月中旬の菅生戦に向けて、苦しい結果だったタイ戦と富士戦から生まれ変わる気持ちで精一杯努力します。
最後に、暑い中サーキットで応援してくれたファンの皆さん、テレビ等で応援してくれたファンの皆さん、力強い応援ありがとうございました。」
GT500 class
No.23 MOTUL AUTECH GT-R
Round Qualify Pos. Qualify#1 Qualify#2 Race/Pos. Time/Diff. Lap WH
1 8 ※1 1'18.370 1'35.248 5 ※2 36.990 82 -
2 3 1'28.147 - 1 2:52'02.048 110 12
3 15 ※3 1'46.306 R - 6 40.753 52 52
4 15 ※4 1'31.588 - 12 1 Lap 65 62
5 1 ※5 1'29.006 1'28.461 9 1'23.911 117 62
6 12 ※6 1'12.263 - 7 5.579 81 70
7 14 ※7 1'34.055 - 15 1 Lap 64 39
8 9 ※8 1'37.086 - 7 36.167 53 -
WH=Weight Handicap(kg)
R=Course Record
※1,3,4,5,6,7 Qualify#1:ノックアウト予選(Q1)のタイム計測 [松田選手出走]
※2 No.23 R.クインタレッリ ドライブスルーペナルティ(SpR.32-16「スタート違反」)
Point ranking
Ranking Round1 Round2 Round3 Round4 Round5 Round6 Round7 Round8 Total
6 6 20 5 0 4 35

Copyright © 2007-2016 Ronnie Quintarelli Official Website All Rights Reserved.