株式会社GENOVA
正和製菓株式会社
K.Tsuruoka
株式会社エアージェイ
MS JAPAN
価格.com
ユタニ工業株式会社
株式会社ヨシノ自動車
山口自動車株式会社
Dam Craft
ITALIANS FOR TOHOKU
PRAY FOR ITALY
チェカレンジャーブログ
Ronnie Quintarelli Official Website for mobile
twitter
Instagram
resulttitle
2018 AUTOBACS SUPER GT
2018 AUTOBACS SUPER GT Round4 Chang SUPER GT RACE
Chang International Circuit / Course Length : 4.554 km
Ronnie Quintarelli experienced a troubled weekend in Thailand at Buriram.
The Italian, who was still running with heavy compensation measures, faced a torrid race and ended up outside the top-10. He is still running third in the championship standings.

ロニークインタレッリにとって、タイ・ブリーラムでのレースウィークは非常に厳しいものだった。
ウェイトハンデと燃料リストリクター装着の23号車は、厳しいレースを強いられた結果、ポイント圏内の10位に入ることができなかった。タイ戦終了後、シリーズランキング3位となった。
2018/06/30(土)
Qualifying [Konckout]
Weather : Cloudy | Course : Dry

Despite the 45 kilograms of ballast and an air restrictor, the #23 Nissan GT-R started off the weekend with a good 8th place in practice.
Having good confidence for the rest of the weekend, the team went for the standard strategy in qualifying so Tsugio Matsuda went on-track in the Q1 session.
One hour before qualifying, a sudden rainfall hit the Buriram venue. Right before Q1 though, the sun was out again and the tire choice became critical.
Matsuda started on rain tires but quickly came back to the pits for slicks.
After struggling a lot at the start, the Michelin rubber started two come alive, but a slower car blocked Matsuda for the whole third sector after the Japanese had set two really competitive split times. The episode brought Matsuda down to P15. That meant that the Nismo pairing was going to start the race last.

ウェイトハンデ45kgと燃料リストリクター装着にも関わらず、フリー走行で8位だった日産GT‐R 23号車。
レースウィークへの自信がつき、通常の予選同様、チームはQ1は松田選手に決定した。
予選開始1時間前、ブリーラム特有の突然のスコールが降りだす。Q1スタート直前、雨は止み太陽の日が射し込んできたが、そのおかげでタイヤ選択が非常に難しくなってしまった。
松田選手はレインタイヤでピットアウトしたが、すぐにピットに戻りスリックタイヤに交換した。
最初は苦戦したスリックタイヤも、ミシュランタイヤのゴムが徐々にのってきたのだったが、アタック中の第3セクターで前を走るマシンにブロックされ、思ったようなアタックができず、予選15番手でQ1敗退となった。明日の決勝は最後尾からのスタートになるため、ニスモにとって非常に難しいレース展開になると予想された。


2018/07/01(日)
Race
Weather : Fine | Course : Dry
Distance 66 Laps / 300.564 km

Quintarelli drove the car at the start, and the first stint saw him battle among an extremely tight pack.
Despite all the challenges, the 4-time champion pushed hard and found himself around P10 (the points zone) at the end of his driving segment. At that point, the team decided for a risky strategy.
On lap 35, Quintarelli stopped for the mandatory driver change, but the team elected not to change tires, gaining more than 20 seconds on the rest of the pack.
Once he got the #23 car back on-track, Matsuda was in P6, with more than 30 laps to complete.
After posting some remarkable laptimes, he started to feel a considerable lack of grip and the cars behind began to catch up. In the final 15 laps, the situation deteriorated and Matsuda had to yeld to the coming contenders, ending up in a disappointing 12th place.

Ronnie Quintarelli
"Today's result is a bit disappointing for us, especially because we realized that a standard tire strategy would have allowed us to fight for P7.
That would have given us some very valuable points for the championship.
The upside is that we are still very close to the top end of the standings, just four points away in third.
The next round will be on August 4th and 5th at Fuji.
Super GT will have its first 500-mile race there to replace the famed 1000 kilometers of Suzuka.
As there are additional points available, preparation will be key because a positive result can change the complexion of an entire championship.
We are definitely going to be ready for the round at our home racetrack, where we already won this year.
We will for sure be supported by a lot of fans and we definitely want to make them happy."
通常通り、ロニーはスタートドライバーとして第1スティントを担当する。第1スティントは多くのマシンとの接近戦で非常にタフな展開となる。
激しいバトルをしながらも、ロニーはポイント圏内の10番手まで順位を上げていった。そこでチームはリスクをとる作戦に出た。
35周目、給油とドライバー交代のためにロニーはピットイン。タイヤ交換は行わず、タイヤ無交換作戦で松田選手を送り出した。タイヤ無交換をすることで約20秒以上のタイムを縮めることができる。
作戦通り、松田選手がドライブする23号車は6番手でレースに戻るが、ここから30周以上の長い戦いが始まった。
速いラップタイムを刻みながら走る23号車だったが、徐々にタイヤのグリップが落ち始め、後方の車に追いつかれてしまう。残り15周になる頃には、状況はますます悪くなり、松田選手はライバル勢を抑えることができず、最終的に12位でレースを終え、残念ながらポイント獲得とはならなかった。

Ronnie Quintarelli
「今日の結果は残念だった。スタンダードタイヤの作戦だったら、7番手争いはできてただろうと思うからね。
そうしたら、チャンピオンシップポイントにも有利なポイントがいくつか獲得できていただろう。
確かにランキングは一つダウンしてしまったけど、それでもトップとは4ポイント差だから、もちろん諦めていないです。
次戦は8月4日・5日に富士スピードウェイで開催します。
夏の鈴鹿1000kmが昨年で幕を下ろし、今年の夏は500マイルレースが初めて行われます。
長距離レースのためエクストラポイントが獲得できるので、良い結果を出せば、ランキング的にも有利になれる非常に大事なレースになります。そのためには準備を万全にすることが最も重要です。
今シーズン第2戦で優勝している富士スピードウェイは、僕たちにとってホームコースとも言えます。優勝するためのチーム全体で準備をしていきます。
ファンからのたくさんの応援をお願いします。ファンの皆さんが喜んでくれる結果を出すために精一杯頑張ります。」
GT500 class
No.23 MOTUL AUTECH GT-R
Round Qualify Pos. Qualify#1 Qualify#2 Race/Pos. Time/Diff. Lap WH
1 8 ※1 1'18.370 1'35.248 5 ※2 36.990 82 -
2 3 1'28.147 - 1 2:52'02.048 110 12
3 15 ※3 1'46.306 R - 6 40.753 52 52
4 15 ※4 1'31.588 - 12 1 Lap 65 62
5 1 ※5 1'29.006 1'28.461 9 1'23.911 117 62
6 12 ※6 1'12.263 - 7 5.579 81 70
7 14 ※7 1'34.055 - 15 1 Lap 64 39
WH=Weight Handicap(kg)
R=Course Record
※1,3,4,5,6,7 Qualify#1:ノックアウト予選(Q1)のタイム計測 [松田選手出走]
※2 No.23 R.クインタレッリ ドライブスルーペナルティ(SpR.32-16「スタート違反」)
Point ranking
Ranking Round1 Round2 Round3 Round4 Round5 Round6 Round7 Round8 Total
3 6 20 5 0 31

Copyright © 2007-2016 Ronnie Quintarelli Official Website All Rights Reserved.