result2014

株式会社GENOVA
正和製菓株式会社
K.Tsuruoka
株式会社エアージェイ
MS JAPAN
価格.com
ユタニ工業株式会社
株式会社ヨシノ自動車
山口自動車株式会社
Dam Craft
ITALIANS FOR TOHOKU
PRAY FOR ITALY
チェカレンジャーブログ
Ronnie Quintarelli Official Website for mobile
twitter
Instagram
resulttitle
2018 AUTOBACS SUPER GT
2018 AUTOBACS SUPER GT Round3 SUZUKA GT 300km Fan Festival
鈴鹿サーキット / Course Length : 5.807 km
Ronnie Quintarelli secured a valuable sixth place in the 300 Kilometers of Suzuka, the third round of the 2018 Super GT Championship.
Due to the amount of points scored in the first two rounds, the NISMO pairing lined-up as the championship leader but was also hit by the Balance of Performance measures prescribed by the rulebook, namely 35 kilograms of added weight and a fuel flow restrictor.

SUPER GT第3戦が開催された鈴鹿300kmレースは、ロニークインタレッリは6位だった。
開幕戦と富士500kmレースで多くのポイントを獲得したことで、ニスモチームはシリーズランキングトップで鈴鹿に入った。
しかし、獲得ポイントが多いことはウェイトハンデも重いことを意味する。ニスモチームは、ウェイトハンデ35kgと燃料リストリクターを装着して鈴鹿戦に臨むことになった。
2018/05/19(土)
Qualifying [Konckout]
Weather : Fine | Course : Dry

Despite the performance drop due to the aforementioned measures, which turned out to be particularly penalizing on a fast and technical track like Suzuka, the drivers of the #23 Nissan GT-R did their utmost to optimize their car and driving.
Unfortunately though, Tsugio Matsuda was prevented from accessing the Q2 session and settled for the 15th spot on the grid.

速くてテクニカルなコースである鈴鹿では、ウェイトハンデと燃料リストリクターによるパフォーマンス低下の状態で戦う僕たちにとって非常に不利ではあるが、マシンとドライビングのパフォーマンスを最大限に引き出すために、23号車のドライバー2名は努力を惜しまなかった。
しかし残念ながら、Q1担当の松田次男選手はQ2へ進出できず、予選は15番グリッドという結果に終わった。


2018/05/20(日)
Race 
Weather : Fine | Course : Dry
Distance 52 Laps / 301.964 km

Following to the tough qualifying session, Quintarelli started the race from the last position but recovered two spots right in the opening lap.
Despite some issues in traffic (due to the reduced power) and with tire consumption (due to the added weight), he then managed to gain four more spots.
The strategy set by the NISMO crew saw Quintarelli stay on track as much as possible to run in clear air.
After the pit-stop, Matsuda made his way back on-track in 7th before profiting from some penalties and moving up to P5.
With four laps to go though, he had to give way to the #36 Lexus, helped by more favourable weight conditions.
In the end, sixth place is an important result for the whole team and even unexpected after the difficult Saturday sessions.

Ronnie Quintarelli
"The sixth place we got at Suzuka really is a sensational result considering the ballast and the restrictor we had on board for this race.
We put up a great team effort without making mistakes, and that goes for us drivers, the NISMO team and Michelin.
Although we are now second in the championship with a 1-point gap from P1, we are really satisfied with how the first part of the season went, and we can now prepare ourselves for the next race that will take place in Buriram, Thailand, in five weeks.
The other leading cars in the championship will have ballast and a restrictor too there, and that will help us understanding the real potential of the three manufacturers in a crucial part of the season.
I want to thank the team’s staff for the great work, as well as all the fans that once again supported us so warmly.
The Suzuka race was also number 100 for me in SuperGT, a very important milestone and that puts me among the veterans of the category ... I really appreciated the cheers I received from the promoters of GTA, NISMO and the Nissan drivers. Grazie mille!”
非常に厳しい予選を強いられたニスモは、クインタレッリがグリッド最後尾の15位から決勝をスタート。
スタートに定評のあるクインタレッリは、1週目で2台をオーバーテイクする。GT300クラスのバックマーカーも現れるトラフィックの中でのパワー減少、そしてウェイトハンデによるタイヤの消耗など、いくつかの問題を抱える中、ロニーはさらに2台をかわし、レース序盤で11位まで順位をあげる。
ニスモクルーによる作戦は、トラックがクリアな状況でロニーができる限り走ることだった。
26周を終えてピットストップ、松田選手にドライバー交代し、7番手でレースに戻る。その後も、他車のペナルティなどで5位に浮上した。
残り4周となったとき、ウェイト的に有利な36号車のレクサスに惜しくもポジションを奪われてしまうが、最終的に6位でレースを終えた。
予選で最後尾15位になってしまったことを考えると、チームにとって6位は十分納得のいく結果であり、貴重なポイントも獲得できた。

Ronnie Quintarelli
「鈴鹿での6位という結果は、車のウェイトと燃料リストリクター、そして予選グリッドを考えると、信じられない結果だと思います。
ニスモ、ミシュラン、ドライバーの全員がミスすることなく、努力を怠らず、最高のチーム力で臨んだからです。
シリーズランキングトップの座を譲ってしまったけど、首位とはたった1ポイント差です。シーズン序盤をみると、とても満足のいく流れで進んでいます。5週間後のタイ・ブリーラム戦に向けて、僕たちはすでに準備を始めています。
鈴鹿では僕たちだけだったウェイトハンデと燃料リストリクターの装着も、タイ戦では上位数台が同じ条件になります。シーズンも中盤に入るタイ戦から、3メーカーのポテンシャルの差がよりはっきり見えてくると思います。
毎戦難しい状態になっていく中、いつも頑張ってくれているチームの皆さんに感謝を伝えつつ、次戦以降もチーム一丸となって戦っていこうと思います。またいつも温かくサポートしてくれるファンのみなさん、ありがとうございます。
そして今回の鈴鹿戦は、僕にとってSUPER GT参戦100戦目でした!これでベテランの仲間入りですかね・・。お祝いしてくださったGTA、ニスモ、日産ドライバーのみんな、どうもありがとう!!」
GT500 class
No.23 MOTUL AUTECH GT-R
Round Qualify Pos. Qualify#1 Qualify#2 Race/Pos. Time/Diff. Lap WH
1 8 ※1 1'18.370 1'35.248 5 ※2 36.990 82 -
2 3 1'28.147 - 1 2:52'02.048 110 12
3 15 ※3 1'46.306 R - 6 40.753 52 52
WH=Weight Handicap(kg)
R=Course Record
※1,3 Qualify#1:ノックアウト予選(Q1)のタイム計測 [松田選手出走]
※2 No.23 R.クインタレッリ ドライブスルーペナルティ(SpR.32-16「スタート違反」)
Point ranking
Ranking Round1 Round2 Round4 Round5 Round6 Round7 Round3 Round8 Total
2 6 20 5 31

Copyright © 2007-2016 Ronnie Quintarelli Official Website All Rights Reserved.