result2014

株式会社GENOVA
正和製菓株式会社
K.Tsuruoka
株式会社エアージェイ
MS JAPAN
価格.com
ユタニ工業株式会社
株式会社ヨシノ自動車
山口自動車株式会社
Dam Craft
ITALIANS FOR TOHOKU
PRAY FOR ITALY
チェカレンジャーブログ
Ronnie Quintarelli Official Website for mobile
twitter
Instagram
resulttitle
2018 AUTOBACS SUPER GT
2018 AUTOBACS SUPER GT Round2 FUJI GT 500 Km RACE
富士スピードウェイ/ Course Lengh : 4.563 Km

富士スピードウェイ 1位 2018/05/03 AUTOBACS SUPER GT

Lining-up for the second round of the SuperGT season after a positive 2018 opener at Okayama, Ronnie Quintarelli posted an amazing win in the 500 kilometers of Fuji to cruise to the championship lead.

2018シーズンの岡山で速さを見せた開幕戦から約1ヶ月経ち、第2戦富士での500kmレースではクインタレッリは見事逆転優勝を飾った。
2018/05/03(木)
Qualifying[Knockout]
Weather : Cloudy | Course : Dry

The Fuji race was traditionally held on Friday during the Japanese Golden Week festivities.
On Thursday morning, the foggy conditions forced the organization to cancel practice and the running started early in the afternoon with only 30 minutes of practice and a single, 20-minute qualifying session.
As well as all the other contenders, the NISMO Official Team decided to use a single driver in qualifying to maximize the track time.
In practice, Quintarelli took an early lead despite some oversteer issues, while at the end of the first run in qualifying he sat second using the first of the two new tire sets available.
In his second run, Ronnie was the fastest in sectors 1 and 2 before falling short in sector 3 due again to minor oversteer concerns.
In the end, the #23 Nissan GT-R qualified in P3, a promising result for a long, three-stint race.

第2戦の富士はSUPER GT恒例のゴールデンウィークの500kmレース。
予選日前日から雨が降り、予選日の木曜日の早朝は暴風雨という悪天候になった。雨と風が落ち着いた後、次はサーキットは濃い霧が立ち込め、午前中に予定されていた公式練習は午後へ延期となり、30分間の走行のみになった。また予選方式も20分間のセッションでのアタックに変更となった。
他チーム同様、限られた時間とタイヤ2セットを使用するために、ニスモワークスチーム23号車はクインタレッリがアタックドライバーを務めた。
予選開始早々、クインタレッリはコースイン。オーバーステア気味の中、1セット目のタイヤで23号車は暫定トップに立つ。1回目のアタックを終えたロニーは、一旦ピットに戻った。
2セット目のタイヤを装着すると、ロニーはセクター1とセクター2で全体の自己ベストタイムを記録し、ポールポジションへの期待もあったが、セクター3では少しオーバーステアだったことで、わずかにトップ38号車に届かず。
予選結果3位に終わり、まずまずの予選順位で明日の3スティントの決勝へ臨むことになった。


2018/05/04(金)
Race
Weather : Fine | Course : Dry
Distance 110 Laps / 501.930 km

Quintarelli was entitled to the first and third driving stints while his team-mate Tsugio Matsuda went on-board for the middle one.
In the formation lap, Ronnie warmed-up his tires well and, when the green lights went on, he quickly got up to P2. Just a few kilometers later, he dived to the outside of Yuji Tachikawa at the Dunlop Corner to take the lead.
In the first part of the opening run, Quintarelli increased his margin but, during some heavy GT300 traffic conditions, he started to lose grip.
He was then attacked and passed by Heikki Kovalainen, who was able to push at a higher pace.
The first pit-stop came on lap 37. Matsuda kept fighting for the lead against the #39 Lexus, now driven by Sho Tsuboi, and made his way back to the pits with less than 5" of disadvantage towards the front.
Quintarelli went back on-track on lap 77, one lap later than Kovalainen. Knowing that a good pit-stop would have put him in the lead, he delivered a quick out lap that not only promoted him to P1, but enabled him to keep his rival at bay while the tires were getting up to temperature.
At that point, with more rubber on-track and more favorable conditions for his French rubber, Quintarelli opened the gap up to the 10-second barrier, sailing to a relatively comfortable win.
In addition, he and Matsuda secured the championship lead in the process.

Ronnie Quintarelli
"I'm really super happy to have returned to victory here at Fuji in one of the most anticipated races of the SuperGT season.
Competition was harder than ever and the details made the difference. With Matsuda-san, we delivered three perfect stints, and the NISMO team performed without a hitch with two outstanding pit stops.
This victory rewards the team and Michelin for the hard work done in providing us a great car and phenomenal tires in a championship where the competition is extreme both in terms of technical package and driving.
Being P1 in the championship gives us tons of motivations for the rest of the season. Despite the 52Kg ballast we will have on our car for the Suzuka race, we will continue to do our best to extend the great series of results we enjoyed since late 2017.
I can't wait to get back on-track at Suzuka in two weeks, on another world-class venue.
I also want to thank all the fans that came to Fuji to cheer for us: you gave us the energy we needed to secure a great result."
快晴でスタートした500km決勝。第1・3スティントをロニー、第2スティントを松田次生選手がドライブする23号車。
フォーメーションラップ、ロニーはタイヤをうまく温め、シグナルがグリーンに変わりレースがスタートした直後、1コーナーで1台を抜き2番手に浮上すると、トップの38号車の立川祐路選手をダンロップコーナーでアウト側から抜き、オープニングラップでトップに立つ。
その後、ロニーは後方とのマージンを築くが、GT300クラスのトラフィックに引っかかりグリップを失ってしまう。
速いペースで追いついてきた39号車のヘイキ・コバライネン選手にトップを奪われてしまった。
37周目にピットに入り、松田選手にドライバー交代をして第2スティントがスタート。コバライネン選手から交代した坪井翔選手がドライブする39号車とのギャップを縮めるため、松田選手は粘りの走りを見せ、2回目のピットインの時点でトップと5秒差以内にまでギャップを縮めた。
コバライネン選手がドライブする39号車よりも1周遅い77周目にロニーはコースに戻るが、この2回目の素晴らしいピット作業により、39号車を抜くことに成功。23号車は再び首位に躍り出る。冷えたタイヤでのアウトラップで一時は2秒差にまで縮まった2位39号車との差だったが、うまくタイヤを温めたうえ、路面コンディションが良くなったことでミシュランタイヤの性能も上がり、最終的には10秒のマージンを築いてトップでチェッカーを受けた。
23号車は今シーズン初優勝を飾り、シリーズランキングのトップに立った。

Ronnie Quintarelli
「SUPER GTシーズンのレースの中でも、観客数が多い一つの富士戦で優勝できたことは、本当に嬉しい気持ちでいっぱいです。
今まで以上に競争は激しくなってきています。松田選手と共に完璧な3スティントをドライブし、ニスモチームによる2回のピット作業は素晴らしかった。
この優勝は、チーム全員とミシュランがより良いマシンとタイヤを開発するために努力してきた結果だと言えます。今のSUPER GTは、マシンとタイヤの両方がメーカー間で激しい競争をしています。なので、これらの日々の努力がチャンピオン獲得には欠かせません。
シリーズランキングトップに立ったことで、シーズン残りに対しての僕たちのモチベーションはもっと高くなりました。52kgのウェイトハンでディで鈴鹿戦に臨むことになりますが、シリーズが最高のものになるために全力で一戦一戦を戦っていきます。
二週間後の鈴鹿でのGTレース、待ちきれないほど楽しみです。
最後に、行楽渋滞の中、富士スピードウェイまで足を運んでくれたファンの皆さん、たくさんの応援ありがとうございました。皆さんのエネルギーが優勝の後押しをしてくれました。本当にありがとう。」
GT500 class
No.23 MOTUL AUTECH GT-R
Round Qualify Pos. Qualify#1 Qualify#2 Race/Pos. Time/Diff. Lap WH
1 8 ※1 1'18.370 1'35.248 5 ※2 36.990 82 -
2 3 1'28.147 - 1 2:52'02.048 110 12
WH=Weight Handicap(kg)
R=Course Record
※1 Qualify#1:ノックアウト予選(Q1)のタイム計測 [松田選手出走]
※2 No.23 R.クインタレッリ ドライブスルーペナルティ(SpR.32-16「スタート違反」)
Point ranking
Ranking Round1 Round2 Round4 Round5 Round6 Round7 Round3 Round8 Total
1 6 20 26

Copyright © 2007-2016 Ronnie Quintarelli Official Website All Rights Reserved.