株式会社GENOVA
正和製菓株式会社
K.Tsuruoka
株式会社エアージェイ
MS JAPAN
価格.com
ユタニ工業株式会社
株式会社ヨシノ自動車
山口自動車株式会社
Dam Craft
ITALIANS FOR TOHOKU
PRAY FOR ITALY
チェカレンジャーブログ
Ronnie Quintarelli Official Website for mobile
twitter
Instagram
resulttitle
2018 AUTOBACS SUPER GT
2018 AUTOBACS SUPER GT Round1 OKAYAMA GT 300km RACE
岡山国際サーキット / Course Length : 3.703 km
Despite a technical issue in qualifying and a penalty in the race, Ronnie Quintarelli managed to score a fifth place in the opening round of the Super GT season at Okayama, after starting from P8 and fighting for victory.

予選では燃料系トラブル、決勝ではペナルティを受けたが、ロニークインタレッリは予選8位からスタートし、5位で開幕戦を終えた。
2018/04/07(土)
Qualifying[Knockout]
Weather Rain | Course : Wet

The #23 Nissan GT-R proved extremely competitive right from practice at Okayama, confirming the good pace of preseason testing.
With dry conditions at the beginning of the session and with a wet track, in the end, Quintarelli and team-mate Tsugio Matsuda stayed among the frontrunners.
In qualifying, Matsuda ended the Q1 segment in 4th place and gained access to Q2.
Then, it started to rain again and Quintarelli went on-track with wet weather tires but as a warning light came out on his car's dashboard, he quickly lost power due to a fuelling system issue.
That forced the NISMO Official Team to settle with 8th place.

練習走行から23号車は好タイムを出し、シーズンオフのテストからの好調さを見せた。
序盤はドライコンディションで走行しタイムも上がっていたが、後半は雨が降りウェットコンディションとなり、クインタレッリ/松田組は上位で練習走行を終えた。
予選は、Q1は松田選手が4位でQ2へ進出を決めた。Q1終了と同時に大粒の雨が降りだし、Q2担当のクインタレッリはウェットコンディションでピットを後にした。
しかし、車内の警告ランプが点滅し、燃料系トラブルによりマシンは停止。
ニスモワークスチーム23号車の開幕戦は予選8番手からのスタートとなった。


2018/04/08(日)
Race
Weather : Cloudy | Course : Dry
Distance 82 Laps / 303.646 km

At the start of the race, Quintarelli got a really quick getaway but, as the green light came out, the leading car suddenly slowed down forcing everybody else to brake.
The SUPER GT rulebook states that passing is prohibited before the start-finish line and, at that moment, everything seemed correct.
Ronnie found himself in P3 and quickly gained one position, fighting hard for the lead.
As a further positive note, tire management - which is particularly tricky in cold conditions - seemed positive.
When everything was going better than expected, the team was assessed a drive-through penalty for a jump start. After the initial doubts, it emerged that the car in front was passed by just a few meters before the line so Quintarelli had to serve a pass-through and rejoined in P12.
Pushing as hard as possible, he recovered up to P8 at the end of his stint.
After the driver change, team-mate Matsuda got three more spots back to round out the top-5.

Ronnie Quintarelli
"Things started to get a little bit sideways from Q2 in qualifying and that conditioned our whole weekend as we tried to go back to winning ways.
At the start I got a quick jump and, at that moment, I wouldn't have thought I had passed the car in front before the start/finish line.
Our comeback was extremely positive though and fifth place is a valuable result.
The competitiveness of our Nissan GT-R and Michelin tires gives us a lot of confidence looking forward to securing a good result at Fuji Speedway.
The next round will be held during the traditional Golden Week Japanese celebrations in mid-week on May 3rd and 4th. We will do our best to prepare for one of the most anticipated events of the Super GT season."
決勝レースがスタート。クインタレッリは徐々にスピードを上げていたが、シグナルが変わり、トップの車両が突然の減速で後に続くマシンたちも合わせて減速した。
スーパーGTのレギュレーションではスタート/フィニッシュラインより手前で前のマシンを抜いてはいけないことになっている。
スタートダッシュを見せ、8位から3位にジャンプアップしたクインタレッリも、スタート時はいいスタートができたと思っていた。
さらに2位に順位を上げ、タイヤもマシンも全てがマッチしているという最高の状況でトップ争いをしていたその時、チームからの無線で一気に状況が変わった。ジャンプスタートによりドライブスルーペナルティ受けることに。ビデオ判定でも、スタートラインの数メートル手前で前のマシンより前に出ていたことが確認され、クインタレッリはドライブスルーペナルティを消化し、12番手まで順位を落とすことになった。
しかしクインタレッリは諦めず、ハイペースで他車を追い抜き、松田選手に交代するまでに8位まで順位を戻した。
後半のスティントを走る松田選手も攻める走りで順位を上げ、予選順位より3つポジションを挙げた5位でレースを終えた。

Ronnie Quintarelli
「予選Q2のトラブルで少し流れが悪くなったけど、チーム一丸となって良い方向に流れを戻すことに全力を出せたレースウィークでした。
スタートではフライングスタートをしてしまったけど、その時はスタート/フィニッシュラインで前のマシンを追い抜いているとは思ってもみなかった。
残念なペナルティではあったけど、レースウィークを通して速さを見せれたし、ペナルティ後も諦めずに走ったことで5位で終わり、6ポイントを獲得できたことは良い結果だったと思います。
日産GT-Rとミシュランタイヤのマッチングの良さを見ても、富士500kmへの自信にも繋がりました。
次戦の富士戦はゴールデンウィークの5月3日・4日です。毎年たくさんのお客さんが足を運ぶ富士500kmレースへ向けて、万全の準備で臨みます!!」
GT500 class
No.23 MOTUL AUTECH GT-R
Round Qualify Pos. Qualify#1 Qualify#2 Race/Pos. Time/Diff. Lap WH
1 8 ※1 1'18.370 1'35.248 5 ※2 36.990 82 -
2 3 1'28.147 - 1 2:52'02.048 110 12
3 15 ※3 1'46.306 R - 6 40.753 52 52
4 15 ※4 1'31.588 - 12 1 Lap 65 62
5 1 ※5 1'29.006 1'28.461 9 1'23.911 117 62
6 12 ※6 1'12.263 - 7 5.579 81 70
7 14 ※7 1'34.055 - 15 1 Lap 64 39
8 9 ※8 1'37.086 - 7 36.167 53 -
WH=Weight Handicap(kg)
R=Course Record
※1,3,4,5,6,7 Qualify#1:ノックアウト予選(Q1)のタイム計測 [松田選手出走]
※2 No.23 R.クインタレッリ ドライブスルーペナルティ(SpR.32-16「スタート違反」)
Point ranking
Ranking Round1 Round2 Round4 Round5 Round6 Round7 Round3 Round8 Total
5 6 6

Copyright © 2007-2016 Ronnie Quintarelli Official Website All Rights Reserved.