result2014

株式会社GENOVA
S Road Co Ltd.
価格.com
ラケーリジャパン株式会社
MS JAPAN
株式会社エアージェイ
ユタニ工業株式会社
Dam Craft
王子サーモン
ITALIANS FOR TOHOKU
PRAY FOR ITALY
チェカレンジャーブログ
Ronnie Quintarelli Official Website for mobile
twitter
Instagram
resulttitle
2017 AUTOBACS SUPER GT
2017 AUTOBACS SUPER GT Round2 FUJI GT 500 Km RACE
富士スピードウェイ/ Course Lengh : 4.563 Km
After a tough Super GT opener at Okayama, Ronnie Quintarelli rebounded with a front row start and a fourth place at Fuji as the Lexus machinery continued to dominate.

非常に厳しい結果に終わったSUPER GT 2017開幕戦の後、ロニークンタレッリは予選でフロントローを獲得し、決勝でもレクサス勢にも劣らない4位の結果に終わった。
2017/05/03(水)
Qualifying[Knockout]
Weather : Cloudy | Course : Dry

In qualifying, the NISMO Official Team lined-up their #23 Nissan GT-R racecar aware that, after a positive test at Autopolis, the gap from the main contenders was getting smaller and an access to Q2 was in the cards.
In Q1, Tsugio Matsuda clinched the final pass for Q2. After warming-up his Michelin tires to perfection, Ronnie then delivered a phenomenal lap to take second place and an unexpected yet incredibly rewarding front row start.

オートポリスで有意義なテストができ、現時点で頭一つ抜け出ているライバル勢との差が縮まったこともあり、23号車はQ1を突破、Q2へ進出した。
Q1は松田次生選手がドライブ、8番手でQ2へ進出を決めた。Q2担当のロニーは、ミシュランタイヤを慎重に温めながらウォームアップを重ね、驚異的なアタックで2番手タイムをたたき出し、誰もが予想していなかったフロントローからの決勝を明日迎えることとなった。


2017/05/04(木)
Race
Weather : Fine | Course : Dry
Distance 110 Laps / 501.930 km

The 500-kilometer race, held in mid week thanks to the popular Golden Week celebrations, required a three-stint strategy, and NISMO decided to send Quintarelli on-track for the first and final ones.
At the beginning, he put up a good pace in second place while the Lexus rivals were struggling to warm their tires up. Around lap 5, he started losing rear grip so he had to yield to the #36 and #1 Lexus cars, but in the second part of the stint the laptimes went back to normal putting Ronnie back in contention.
After the first pit-stop, Matsuda had a handful in putting some heat into his tires. Once the peak performance was reached though, he started fighting back on the #1 car and came back in P5 thanks to a penalty assessed to a rival.
After getting back on-track in third place, Ronnie could not defend himself in the out lap on cold tires and got back down to P5. At his second lap, he was back to push mode feeling good grip and fighting back to retake fourth place on lap 79.
Although still bitter for not having had the chance to fight for the podium, the whole Nissan-powered team secured a valuable points finish.

Ronnie Quintarelli
“The two days we spent at Fuji provided us with many positive notes both in terms of car performance and regarding our Michelin tires.
The qualifying results gave us some good self-confidence back and scoring fourth place in the race made us confident as we lay the foundations for more improvement in the coming rounds.
“We will continue to work as hard as we can to give our fans the satisfactions they deserve as soon as possible.
Many of them came to Fuji to support us and the weekend saw Super GT record their largest crowd ever with 92.100 people in attendance.
The next round will be on the 20th and 21st of May at Autopolis, one of my favourite venues here in Japan. I can’t wait to be back on-track and push as hard as I can!”
毎年恒例となっている、ゴールデンウィークに富士スピードウェイで開催されるSUPER GT富士500kmレースは、2回のピットインが義務づけられている。ニスモチームは、第1と第3スティントをクインタレッリに走らせることに決めた。
レーススタート直後、レクサス勢がタイヤを温めることに苦しんでいる間、2番手を走行中のロニーはいいペースでドライブしていた。しかし、5周目が過ぎたあたりから、リアのグリップが失われ始め、36号車と1号車にかわされてしまうが、しばらくするとラップタイムが回復し、またライバル勢とバトルをするようになる。
1回目のピットストップが終わり、松田選手がステアリングを受け取り、タイヤに熱を入れていく。一時は6番手まで順位を下げたが、ベストなパフォーマンスができる状態になったころに、ペナルティにより1台が順位を下げ、23号車は5番手に上がる。
その後、安定したラップタイムを刻み、前を走る1号車の真後ろまで追いついた。そして最後のピットストップ、ロニーは3番手でコースに戻るが、冷えたタイヤで他車を抑えることはできず、5番手となる。そしてタイヤに熱が入った2周目からはバトルモードに戻り、79周目に4番手を取り戻した。
2番手スタートだったにも関わらず、表彰台争いができなかったこと23号車ニスモだったが、日産勢の中では貴重なポイントを獲得した。

Ronnie Quintarelli
「富士で過ごした2日間で、車のパフォーマンスとミシュランタイヤの両方に関して、多くのいいデータや感触を得る事ができました。
予選結果は僕たちに自信を与えてくれたし、そのおかげで決勝4位という結果を出すこともでき、次戦以降の課題や改善への方向性が見えてきました。」
「いつも応援してくれるファンのみなさんが満足してくれるようなレースができるように、ただただ精一杯やれることをやり続けます。
SUPER GT史上、最多入場者数タイの92,100人(2日間)のお客さんが富士スピードウェイに足を運んでくれました。本当にすごいことです!
次戦は5月20日・21日に大分オートポリスになります。ここは僕が好きなサーキットのひとつです。早くサーキットで力一杯走りたいですね!」
GT500 class
No.23 MOTUL AUTECH GT-R
Round Qualify Pos. Qualify#1 Qualify#2 Race/Pos. Time/Diff. Lap WH
1 14 1'19.386 - 7 20.096 ※1 81 -
2 2 ※2 1'28.651 1'28.168 4 31.792 110 8
WH=Weight Handicap(kg)
R=Course Record
※1 決勝レースは 2017 SUPER GT選手権 統一規則 第32条 17.を適用のため1周回減算の81周回にて行われた。
※2 Qualify#1:ノックアウト予選(Q1)のタイム計測 [松田選手出走]
Point ranking
Ranking Round1 Round2 Round4 Round5 Round6 Round7 Round3 Round8 Total
5 4 8 12

Copyright © 2007-2016 Ronnie Quintarelli Official Website All Rights Reserved.