株式会社GENOVA
S Road Co Ltd.
価格.com
ラケーリジャパン株式会社
MS JAPAN
株式会社エアージェイ
K.Tsuruoka
ユタニ工業株式会社
Dam Craft
王子サーモン
ITALIANS FOR TOHOKU
PRAY FOR ITALY
チェカレンジャーブログ
Ronnie Quintarelli Official Website for mobile
twitter
Instagram
resulttitle
2017 AUTOBACS SUPER GT
2017 AUTOBACS SUPER GT Round7 BURIRAM SUPER GT RACE
Chang International Circuit / Course Length : 4.554 km
Driving the #23 Nissan GT-R for the Nismo Official Team, Ronnie Quintarelli fought back to the 9th place in the penultimate round of the Super GT season despite an initial strategic setback.

ニスモワークチーム23号車のロニークインタレッリは、スーパーGTでの唯一の海外戦ブリーラムでは9位という厳しい結果に終わった。
2017/10/07(土)
Qualifying [Konckout]
Weather : Cloudy | Course : Wet

The Japanese Super GT championship lined-up for its second-to-last event of 2017 which was held in Thailand at Buriram.
Unpredictable weather affected teams and drivers since practice, with conditions ranging from sunny to full wet.
On a damp track, the team struggled to find grip, but on the dry the car proved extremely competitive despite the compensation ballast and restrictor imposed them for lining-up with 59 points in standings.
Ronnie’s team-mate Tsugio Matsuda drove the car in qualifying 1 in wet conditions, with rain tires despite the improving surface.
Unfortunately, as happened earlier, there was a lack of grip and Matsuda-san was forced to settle for P11, out of Q2.

スーパーGT2017シーズンも残り2戦となった。第7戦は唯一の海外戦となるタイ・ブリーラムで開催された。
快晴だと思ったら突如スコールによる大雨になるなど、練習走行から予想外の天候に振り回される各陣営。
路面には川ができるほどの状況ではグリップに悩まされていたが、晴れてドライになれば、現時点59ポイントのニスモはウェイトハンデと燃料リストリクターが絞られていても、マシンはとても良い状態で他車と十分に戦える状態だった。
ロニーのチームメイト松田選手が、路面が乾きつつある中のウェットコンディションでQ1をドライブ。
残念ながら、やはりグリップが不足しており、11番手でQ2進出はならなかった。


2017/10/08(日)
Race Weather : Fine | Course : Wet / Dry
Distance 66 Laps / 300.564 km

In the 20-minute warm-up, with a dry track, the slick tires seemed really competitive with a high fuel load, but 30 minutes before the race a strong rainfall hit the track but.
Given the clear skies and warm temperatures, Ronnie started with slick tires hoping that the track would dry quickly.
Unfortunately, despite the two laps completed behind the safety-car, the track was more damp than expected and the car prove really hard to tame.
In the first five laps, the car was lapped almost twice but, at that point, a dry line emerged and the situation radically improved.
While all the other contenders were pitting for slicks, the Nismo car stayed on-track and the team even decided to keep the same tires for the second stint in order to save time.
When Quintarelli came in, Matsuda found himself unlapped in P11 and with hopes to score points.
With three to go, the Japanese driver got up to P9 due to another car’s mishap and kept the same position until the checkered flag fell.
Ronnie will now be off to a special event. After entering the World Karting Championship at Wackersdorf last September, he will be head back to Germany for a series of demo runs in his Nissan GT-R during the DTM championship finale at Hockenheim. The two series are looking forward to completing their rule convergence by 2019 with the addition of the more advanced turbo engines - already used in Japan - to the German championship. Quintarelli, who will be joined by Heikki Kovalainen, will demonstrate the full potential of the 600+ horsepower Super GT machinery.

Ronnie Quintarelli
“Once again we are back from Buriram with a result behind our early expectations.
The rain that fell throughout the whole weekend led to some struggles and the gamble of using slick tires for the start didn’t pay off.
On the other hand, taking risks was the only chance we had to fight for the podium.
In the final round of the year, on the 11th and 12th of November at Motegi, we need to be ready and in our best possible shape.
In 2016 we lost the title there after leading all the series, but this time the situation will be similar to 2014, when we had seven points to recover.
We will prepare as much as we can in the month we have left before the event, with the goal of rewarding the many fans that follow us so passionately. We will give our 100 percent to bring the title back to the Nissan camp.”
ドライ路面での20分間のウォームアップ走行、スリックタイヤは燃料満タンでも十分戦える様子だった。しかし決勝スタート30分前、突然のスコールで強い雨粒が路面を叩きつける。
雨が止み、青空が顔を出し気温も上がってきたのを見て、ロニーは、路面がすぐに乾くという期待を持ちながら、ギャンブルとも言えるスリックタイヤの装着を決めた。
残念ながら、セーフティーカー誘導の2周を終えても、路面は多くの水たまりができるほど厳しい状態で、スリックタイヤでは到底走れる状況ではなかった。
最初の5週で2週遅れになろうかというほど車は全く言うことを聞かない状態だったが、徐々にドライラインが出来てきて、状況は突如大きく変わることになる。
他チームが次々スリックタイヤに交換する頃、ニスモはトラックに残りタイムを上げ、ピット作業時間を少しでも短くするために、タイヤ無交換で第2スティントを走る作戦をとる。
ロニーがピットイン、松田選手に交代しピットアウトした時点で11番手。ここからはポイント獲得圏内を目指し、攻める走りをする。
残り3週、他チームの脱落もあり、9番手に浮上し、このままチェッカーを受けた。
これからロニーは、ドイツ・ホッケンハイムで開催されるDTM最終戦でNISSAN GT-R走行のため、ドイツに向かう予定だ。

Ronnie Quintarelli
「想定外の結果でブリーラムから戻ってきました。
週末をとおしてサーキットにはスコールの大きな雨粒が落ち、僕たちはいくつかの困難にぶつかり、結果、リスクがあったけど大きな賭けに出た。
けれど、うまくいかなかったね。その一方で、こうするしか表彰台争いをするチャンスは僕たちにはなかった。
今シーズンも残り1戦、11月11日〜12日にツインリンクもてぎで開催されます。僕たちにできることは、準備を万全にして全力で挑むのみです。
2016シーズン、僕たちはランキングトップにいながらタイトルを逃したけど、今シーズンのこの状況は2014シーズンと同じです。最終戦7ポイントを追いかける状況で、逆転チャンピオンになった年です。
残り1か月で最大限の準備をして、熱い情熱を持って応援し続けてくれているたくさんのファンのためにも、100%の力でチャンピオン奪還のために頑張ります。」
GT500 class
No.23 MOTUL AUTECH GT-R
Round Qualify Pos. Qualify#1 Qualify#2 Race/Pos. Time/Diff. Lap WH
1 14 1'19.386 - 7 20.096 ※1 81 -
2 2 ※2 1'28.651 1'28.168 4 31.792 110 8
3 11 ※3 1'36.296 - 5 27.779 65 24
4 14 1'12.436 - 4 1Lap 80 36
5 2 ※4 1'29.423 1'29.475 2 1.53 66 52
6 12 ※5 1'49.146 - 2 12.15 171 82
7 11 ※6 1'31.419 - 9 1Lap 66 59
WH=Weight Handicap(kg)
R=Course Record
※1 決勝レースは 2017 SUPER GT選手権 統一規則 第32条 17.を適用のため1周回減算の81周回にて行われた。
※2,3,4,5,6  Qualify#1:ノックアウト予選(Q1)のタイム計測 [松田選手出走]
Point ranking
Ranking Round1 Round2 Round3 Round4 Round5 Round6 Round7 Round8 Total
3 4 8 6 8 15 18 2 61

Copyright © 2007-2016 Ronnie Quintarelli Official Website All Rights Reserved.