株式会社GENOVA
S Road Co Ltd.
価格.com
ラケーリジャパン株式会社
MS JAPAN
株式会社エアージェイ
K.Tsuruoka
ユタニ工業株式会社
Dam Craft
王子サーモン
ITALIANS FOR TOHOKU
PRAY FOR ITALY
チェカレンジャーブログ
Ronnie Quintarelli Official Website for mobile
twitter
Instagram
resulttitle
2017 AUTOBACS SUPER GT
2017 AUTOBACS SUPER GT Round8 MOTEGI GT GRAND FINAL
ツインリンクもてぎ / Course Length : 4.8013 km

ツインリンクもてぎ  優勝 2017/11/12 AUTOBACS SUPER GT

Ronnie Quintarelli cruised from a record-setting pole position to claim victory in the 2017 Super GT finale at Motegi.
The Italian, fielded alongside Tsugio Matsuda by the Nismo Official Team, ended up second in the overall points standings and now looks forward to a great 2018 season.

SUPER GT 2017シーズンの最終戦もてぎ、ロニークインタレッリはポール・トゥ・ウィンで有終の美を飾った。
シリーズのポイントランキングではニスモチームは惜しくも2位だった。ニスモチームはすでに2018シーズンへ向けて始動を始めている。
2017/11/11(土)
Qualifying
Weather : Fine | Course : Dry

With the absolute need of a win in order to aim for the 2017 Super GT title going into the final round of the year at Motegi, Quintarelli lined-up aboard the #23 Nissan GT-R, fitted with the last-spec Michelin tires, determined to make the difference and, since practice, the results spoke by themselves.
In qualifying, a great P2 finish by Matsuda in Q1 provided Ronnie with the chance of pulling a perfect lap in Q2, scoring the pole by a wide margin.
After warming up the tires, he posted the new track record in lap 3 and and secured one bonus point to bring the team's championship gap down to just 7 lengths.

今シーズンのタイトル獲得には、もてぎでの優勝が必須のニスモチーム。ロニークインタレッリが乗る23号車には、ミシュランタイヤの最新のスペックが装着され、その効果はフリー走行から群を飛び抜けていた。
そしていよいよ予選がスタート。Q1をドライブした松田選手は2位でQ1を突破、Q2担当のロニーへとバトンを渡す。
Q2でのロニーは圧巻のアタックを見せ、2番手と約0.9秒差で今季初のポールポジションを獲得。コースレコードを叩き出した。
ポールポジションを獲得したことで、ボーナスポイント1点が加算され、シリーズランキング首位のチームとの差を7ポイントに縮めた。


2017/11/12(日)
Race
Weather : Fine | Course : Dry
Distance 53 Laps / 254.473 km

For the crucial season-ending event, the Nismo team decided to field Ronnie for the start.
Unfortunately, in the final part of the formation lap, while warming up tires and brakes, a contact occurred between the two leading cars which resulted in left rear damage to Ronnie's car.
Luckily there was no tire damage, and the overall balance remained extremely positive.
So when the lights went green, Quintarelli kept the lead and pulled away, enabling Matsuda to exit the pits in P1 after the driver change.
In the end, the Japanese racer maintained a considerable margin over the closest contenders and crossed the line in P1 to score the first 2017 win for the team.

Ronnie Quintarelli
"The Motegi weekend exceeded our expectations by far.
The car and tires proved extremely competitive straight away and enabled us to push as hard as we could, so we went from pole to win and ended a drought that started back in 2016.
After the struggles we faced in winter testing at Motegi, the improvement in our package has been absolutely outstanding.
Of course, we are a little bitter for having lost the title by just two points but, if we consider how the season started and how far off we were at the beginning, winning here at Motegi without any compensation weight to balance performance is plain sensational.

It is a huge reward for our efforts to keep pushing and improving.
I want to thank the team for the amazing job done this season and all the fans that stood by us and never stopped supporting us.
Now we will be off for the final event of the season, the Nismo Festival, which will be held at Fuji Speedway on November 26th. It will be a great occasion to thank them for their continued support."
今シーズン最後のレース、ニスモチームはスタートドライバーをロニーに決めた。
グリーンシグナル直前のフォーメションラップ最終コーナー、タイヤとブレーキを温めているときに2番手の車と接触し、ロニーがドライブする23号車の左リアにダメージを負ってしまう。
タイヤにダメージがなく、車のバランスに影響が出なかったことが不幸中の幸いだった。
シグナルがグリーンに変わり、クインタレッリはトップを守りながら走行し続け、1位でピットイン。松田選手にドライバー交代する。
松田選手に交代してからも2位との差を広げ、そのままトップでチェッカーを受けた。チームにとって今シーズン初の優勝で2017シーズンを終えた。

Ronnie Quintarelli
「もてぎのレースウィークは僕たちの予想以上のものでした。
車もタイヤもすごく調子が良く、僕たちが優勝争いできるものをチームとミシュランが準備してくれたので、今回ポール・トゥ・ウィンで優勝できました。思い返せば、2016シーズン前半以来の優勝だということに驚きました。
もてぎの冬のテストでは僕たちは随分苦しんだけど、今回の僕たちのパッケージは見違えるほど良くなった。
もちろん、2ポイントという僅差でタイトルを逃したのは悔しいし残念だけど、シーズン序盤ライバル勢と比べると大きく劣勢だったことを考えると、ノーウェイトハンデで優勝できるまでの状態にもってくることができたことは嬉しいです。
開発の為にみんなが一丸となって努力した結果だと思います。

シーズン通して、努力を惜しまず素晴らしい仕事をしてくれたチームスタッフ、ミシュラン、そして苦しい時期でも応援し続けてくれたファンの皆さんに心から感謝します。
今シーズン最後の大イベント、11月26日に富士スピードウェイでニスモフェスティバルがあります。ファンの皆さんに会えるのを楽しみにしています。」
ツインリンクもてぎ  優勝 2017/11/12 AUTOBACS SUPER GT
GT500 class
No.23 MOTUL AUTECH GT-R
Round Qualify Pos. Qualify#1 Qualify#2 Race/Pos. Time/Diff. Lap WH
1 14 1'19.386 - 7 20.096 ※1 81 -
2 2 ※2 1'28.651 1'28.168 4 31.792 110 8
3 11 ※3 1'36.296 - 5 27.779 65 24
4 14 1'12.436 - 4 1Lap 80 36
5 2 ※4 1'29.423 1'29.475 2 1.53 66 52
6 12 ※5 1'49.146 - 2 12.15 171 82
7 11 ※6 1'31.419 - 9 1Lap 66 59
8 1 ※7 1'37.345 1'36.316 R 1 1:31'44.581 53 -
WH=Weight Handicap(kg)
R=Course Record
※1 決勝レースは 2017 SUPER GT選手権 統一規則 第32条 17.を適用のため1周回減算の81周回にて行われた。
※2,3,4,5,6,7  Qualify#1:ノックアウト予選(Q1)のタイム計測 [松田選手出走]
Point ranking
Ranking Round1 Round2 Round3 Round4 Round5 Round6 Round7 Round8 Total
2 4 8 6 8 15 18 2 21 82

Copyright © 2007-2016 Ronnie Quintarelli Official Website All Rights Reserved.