株式会社GENOVA
S Road Co Ltd.
価格.com
ラケーリジャパン株式会社
MS JAPAN
株式会社エアージェイ
K.Tsuruoka
ユタニ工業株式会社
Dam Craft
王子サーモン
ITALIANS FOR TOHOKU
PRAY FOR ITALY
チェカレンジャーブログ
Ronnie Quintarelli Official Website for mobile
twitter
Instagram
resulttitle
2017 AUTOBACS SUPER GT
2017 AUTOBACS SUPER GT Round6 46TH INTERNATIONAL SUZUKA 1000km
鈴鹿サーキット / Course Length : 5.807 km

富士スピードウェイ 2位 2017/08/06 AUTOBACS SUPER GT

Despite lining-up for the final running of the 1000 Kilometers of Suzuka fifth in points and with a lot of compensation ballast, Ronnie Quintarelli and Tsugio Matsuda managed to make the most of their Nissan GT-R and Michelin tires, securing an outstanding second place and taking the championship lead in the process.

SUPER GT第6戦の鈴鹿、今年で最後の1000kmレースとなる鈴鹿戦は重いウェイトハンデで戦うことになったロニークインタレッリと松田次生選手は、日産GT-Rとミシュランタイヤのポテンシャルを最大限に活かし、2位表彰台獲得でポイントランキングトップに浮上した。
2017/08/26(土)
Qualifying [Konckout]
Weather : Cloudy | Course : Dry

Qualifying was expected to be particularly challenging at Suzuka given the many cars running on low ballast.
The Nismo team went for the usual strategy, with Matsuda driving in Q1 and Quintarelli ready to take the wheel in case of access to Q2. Unfortunately, traffic concerns slowed down the #23 Nissan in what was expected to be the best lap for the Michelin tires, and Matsuda ended up in P12.
Despite the result was behind expectations, the team had a great feeling for the race thanks to a well balanced car since practice.

鈴鹿の予選、燃料リストリクターと重いウェイトハンデを背負ったニスモにとっては厳しい展開になり、ウェイトハンデが軽い車が上位にいくだろうと予想されていた。
ニスモは通常どおり、松田選手がQ1、クインタレッリがQ2を担当する。しかし、松田選手がベストラップを出せた周にトラフィックの影響などでタイムを出せず、Q1敗退。12位で予選を終えた。
予想どおり予選は下位に沈んだが、練習走行のときから車のバランスが良かったので、ニスモチームは決勝への自信があった。


2017/08/27(日)
Race Weather : Fine | Course : Dry
Distance 173 Laps / 1004.611 km

Quintarelli was in the car for the first out of six race stints, the minimum number allowed by the rules, and gained one spot at the first corner.
The car and tires were extremely competitive straight away and, also profiting from some issues occurred to other contenders, he was P9 before the first pit-stop.
In the following stints, Quintarelli and Matsuda continued to recover and fought their way up to a sensational second place.
Unfortunately, an unsafe release incident at the end of their third pit-stop saw the Nismo drivers hit by a drive-through penalty.
After falling back to 12th, the Matsuda-Quintarelli combo put up another stellar recovery highlighted by great overtaking action and perfect pit-stops.
After climbing back to P3, they were promoted to second place by an issue occurred to a contender.
At the end of six incredibly hard-fought hours, Ronnie was able to celebrate for another second place, in an outstanding result considering the starting position and the drive-through penalty.
In addition, they cruised to the series lead with a hefty 11-point margin.

Ronnie Quintarelli
"Lining-up at Suzuka, I really wanted to secure the championship lead to be in a strong position for the penultimate round of the season at Buriram in Thailand.
The race at Suzuka was absolutely extraordinary and rewards us all for the great job done with the team and Michelin.
They never stopped believing and kept developing the package.
I'm honored for the kind words of Jenson Button, who named me as the most impressive driver over the weekend: he is an F1 World Champion and I respect him a lot since our time in karting.
Speaking of karting, I’m getting ready to be back in action in the World KZ Championship, scheduled for the next 10th of September at Wackersdorf in Germany.
Having made it to the top of the Super GT standings makes me look forward to one of the biggest challenges of my career even more.
In addition, I really want to thank the fans. The crowd was amazing at Suzuka ant they motivated me to push as hard as I could until the very end."
厳しい暑さの中、ついに鈴鹿1000km決勝が幕を開けた。最低5回のピット義務のレギュレーションにより、合計6スティントで戦うニスモ。第1スティントはクインタレッリが走り、スタート直後の1コーナーで順位を1つあげた。
スタートしてすぐに、車もタイヤもとても良い状態になり、また他チームのマシンにアクシデントが起こるなどの影響もあり、9位で1回目のピットイン。
ピットアウトした時点では暫定6位になっていた。
それ以降も、クインタレッリ/松田組は、ひとつでも順位をあげるために攻めの走りを続けた。
第3スティント終了時点で暫定4位、3回目のピットインで松田選手に交代する。しかし、この時のピット作業で、ピットに入ってくる他チームのマシンとあわや接触するミスをしてしまい、それにより23号車にドライブスルーペナルティが課せられてしまう。
一時は2位まで順位をあげていたが、一気に12位まで下がることになった。だが、クインタレッリ/松田組の猛追撃がここから始まった。
第5スティントでクインタレッリは、他チームのマシンと激しいポジション争いを繰りかえし、5番手まで順位をあげる。
そして最終スティント、松田選手がステアリングを握る。表彰台の3位まで順位をあげると、上位のマシントラブルにより、ついに2位浮上。
そして、およそ6時間におよぶ最後の鈴鹿1000km決勝は、予選12番手スタートやドライブスルーペナルティなどの厳しい状況から、最終的に2位でチェッカーを受け、2戦連続の表彰台を獲得。
シリーズランキングトップに躍り出た。

Ronnie Quintarelli
「鈴鹿戦でポイントを加算して、ランキングトップでタイ・ブリーラム戦を迎えることが目標でした。
鈴鹿のレース、ドライバー2人とも力を出しきって完璧な仕事ができたと思います。ペナルティは残念でしたが、1000kmを走りきる素晴らしい車とタイヤを用意してくれたチーム、ミシュランにも感謝しています。
彼らは決して諦めず、常により良いパッケージを開発し続けてくれるからです。このいい流れのまま、残り2戦も頑張ります。
そして今回参戦したジェンソン・バトン選手が「レースで最も印象に残ったこと」で僕の名前を挙げてコメントしてくれたことも、とても光栄でした。彼はF1ワールドチャンピオンで、お互いがカート時代の頃から僕が尊敬しているドライバーの一人です。
カートの話ですが、9月10日にヴァッカースドルフ(ドイツ)で開催される「カート世界選手権」に参戦します。
僕のレースキャリアにとって、とても大きな挑戦になります。鈴鹿の勢いのまま、カートも頑張ります。
最後に、ファンのみなさんへ。鈴鹿での応援は本当に力になりました。みなさんの応援のおかげで、最後まで諦めずに攻める走りができました。テレビ等で応援してくれたファンのみなさんも、本当にありがとうございました。」
GT500 class
No.23 MOTUL AUTECH GT-R
Round Qualify Pos. Qualify#1 Qualify#2 Race/Pos. Time/Diff. Lap WH
1 14 1'19.386 - 7 20.096 ※1 81 -
2 2 ※2 1'28.651 1'28.168 4 31.792 110 8
3 11 ※3 1'36.296 - 5 27.779 65 24
4 14 1'12.436 - 4 1Lap 80 36
5 2 ※4 1'29.423 1'29.475 2 1.53 66 52
6 12 ※5 1'49.146 - 2 12.15 171 82
7 11 ※6 1'31.419 - 9 1Lap 66 59
8 1 ※7 1'37.345 1'36.316 R 1 1:31'44.581 53 -
WH=Weight Handicap(kg)
R=Course Record
※1 決勝レースは 2017 SUPER GT選手権 統一規則 第32条 17.を適用のため1周回減算の81周回にて行われた。
※2,3,4,5,6,7  Qualify#1:ノックアウト予選(Q1)のタイム計測 [松田選手出走]
Point ranking
Ranking Round1 Round2 Round3 Round4 Round5 Round6 Round7 Round8 Total
1 4 8 6 8 15 18 59

Copyright © 2007-2016 Ronnie Quintarelli Official Website All Rights Reserved.