株式会社GENOVA
S Road Co Ltd.
価格.com
ラケーリジャパン株式会社
MS JAPAN
株式会社エアージェイ
K.Tsuruoka
ユタニ工業株式会社
Dam Craft
王子サーモン
ITALIANS FOR TOHOKU
PRAY FOR ITALY
チェカレンジャーブログ
Ronnie Quintarelli Official Website for mobile
twitter
Instagram
resulttitle
2017 AUTOBACS SUPER GT
2017 AUTOBACS SUPER GT Round5 FUJI GT 300km RACE
富士スピードウェイ/ Course Lengh : 4.563 Km

富士スピードウェイ 2位 2017/08/06 AUTOBACS SUPER GT

Lining-up for the fifth round of the 2017 Super GT championship, Ronnie Quintarelli secured his first podium finish of 2017 and fought back to championship contention. He and team-mate Tsugio Matsuda now stand only three points away from the series lead.

2017 SUPER GT第5戦、ロニークインタレッリは今シーズン初の表彰台を獲得し、チャンピオンシップポイントのトップ争いに加わる結果となった。
ロニーとチームメイトの松田次生選手は、ポイントランキングトップと3ポイント差にまで追いついた。
2017/08/05(土)
Qualifying [Knockout]
Weather : Cloudy | Course : Dry

On the fast race course at the foothills of Mount Fuji, the Nismo Official Team got great vibes right away from practice, and thanks to a stunning laptime set by Matsuda in Q1, Quintarelli was able to make his way on-track for Q2.
Despite a minor mistake in his fastest flying lap, Ronnie managed to secure the front row, while the leading Honda, which was in much better conditions in terms of compensation weight and air restrictor, proved unbeatable for the pole.
Despite not having brought home his tenth Super GT pole, Quintarelli still lined-up for the race with a great result under his belt.

富士山の麓に位置する富士スピードウェイ、ニスモワークスチームは練習走行からかなり手応えがあると感じていた。松田選手のセッティングが見事に当たったおかげでQ1をトップ通過、予選順位はQ2担当のクインタレッリに任された。
ロニーは、セッション終了間際までトップタイムを叩き出し、ポールポジション獲得かと思われた。しかし、最後のアタックでウェイトが軽く燃料リストリクターで有利のホンダ8号車にタイムを更新され、残念ながらロニーにとって10回目のポール獲得はならなかった。
それでも、2番グリッドのフロントローから決勝をスタートできることは、満足できる結果だった。


2017/08/06(日)
Race
Weather : Cloudy | Course : Dry
Distance 66 Laps / 301.158 km

At the start, Quintarelli had a great jump and pressured the leading car to try profit from an eventual mistake.
Despite the fact that the early pace was not much different, the ARTA Honda increased its advantage over the second part of the opening stint and when the frontrunners came back to the pits to switch drivers, the lead was pushed to more than 10 seconds.
Once in control of the #23 Nissan GT-R, Matsuda had to fend off the attacks of the third-placed Lexus.
Thanks to a solid run, the Japanese racer was able to secure P2 and cross the line less than 2 seconds away from the winners.

Ronnie Quintarelli
“I’m delighted to be back onto the podium after more than a year.
While we are a bit bitter for not having scored a win, the second place and the 15 points collected brought us back to full championship contention as we are now just three points away from the lead.
The next round will be the 1000 kilometers of Suzuka, an event that has always been good to us. In addition, the track should suit our car and tires pretty well.
I can’t wait to line-up on one of the most technical and spectacular circuits of the globe. We will do our 100 percent to secure as many points as possible despite the weight and the double restrictor that we will carry on the car.
In the meantime, I want to thank our fans again for their huge support at Fuji.”
決勝が始まり、クインタレッリは、スタートで少しミスをしたトップの車を交わそうとプレッシャーをかける素晴らしいスタートをきったが、惜しくも前へ出ることはできず、2番手をキープしながらレースは進んでいった。
トップとのペースは大きな差ではなかったが、スティント中盤以降は、ホンダARTA-NSXとの差は少しずつ広がってしまった。トップの車両がピットインした時点で、僕たちとの差は10秒以上もあった。
23号車がピットインすると、同時にライバル勢もピットイン。ニスモチームのノーミスのピット作業のおかげで、ステアリングを握る松田選手は3番手のレクサス車両の前でピットアウトをした。
そして、そこからチェッカーまでの長い、手に汗握るテール・アンド・ノーズ、松田選手の巧みな走りで後方から迫る3番手を抑えながら、同時に、前を走るトップを追いかけ続けた。
チェッカー寸前まで決死の攻防戦だったが、見事に2位を守ることができた。最後は、トップとの差は2秒差を切っていたほどの素晴らしい走りだった。

Ronnie Quintarelli
「1年以上ぶりの表彰台、本当に嬉しいです。
優勝は逃したけれど、2位で15ポイント獲得できて、チャンピオンシップランキングのトップと3ポイント差にまで来れました。
次戦は、僕にとって良い思い出が多い『鈴鹿1000km』です。それに、車やタイヤにとっても、鈴鹿の路面は非常にマッチングしています。
世界の中でも、最もテクニカルで壮観なサーキットの一つである鈴鹿で、早くレースがしたいです。ウェイトや燃料リストリクターのハンデがありますが、できる限り多くのポイントを鈴鹿で獲得するために、100%の力を出します!
暑い中、富士まで足を運んでくれて応援してくださったファンの皆様に感謝します。」
GT500 class
No.23 MOTUL AUTECH GT-R
Round Qualify Pos. Qualify#1 Qualify#2 Race/Pos. Time/Diff. Lap WH
1 14 1'19.386 - 7 20.096 ※1 81 -
2 2 ※2 1'28.651 1'28.168 4 31.792 110 8
3 11 ※3 1'36.296 - 5 27.779 65 24
4 14 1'12.436 - 4 1Lap 80 36
5 2 ※4 1'29.423 1'29.475 2 1.53 66 52
6 12 ※5 1'49.146 - 2 12.15 171 82
7 11 ※6 1'31.419 - 9 1Lap 66 59
WH=Weight Handicap(kg)
R=Course Record
※1 決勝レースは 2017 SUPER GT選手権 統一規則 第32条 17.を適用のため1周回減算の81周回にて行われた。
※2,3,4,5,6  Qualify#1:ノックアウト予選(Q1)のタイム計測 [松田選手出走]
Point ranking
Ranking Round1 Round2 Round3 Round4 Round5 Round6 Round7 Round8 Total
5 4 8 6 8 15 41

Copyright © 2007-2016 Ronnie Quintarelli Official Website All Rights Reserved.