株式会社GENOVA
S Road Co Ltd.
価格.com
ラケーリジャパン株式会社
MS JAPAN
株式会社エアージェイ
K.Tsuruoka
ユタニ工業株式会社
Dam Craft
王子サーモン
ITALIANS FOR TOHOKU
PRAY FOR ITALY
チェカレンジャーブログ
Ronnie Quintarelli Official Website for mobile
twitter
Instagram
resulttitle
2016 AUTOBACS SUPER GT
2016 AUTOBACS SUPER GT Round7 BURIRAM SUPER GT RACE
Chang International Circuit / Course Length : 4.554 km
Ronnie Quintarelli faced a tough weekend at Buriram as the Japanese Super GT championship lined-up at the Thai venue for round 7 of the 2016 season.
The Italian racer, partnered by Tsugio Matsuda, ran with 100 kilograms of success ballast, the maximum allowed by the rulebook, and was set for a challenging round since the very beginning.

タイ・ブリラムで開催されたSUPER GT2016シーズン第7戦のレースウィーク。
イタリア人ドライバーのロニー・クインタレッリとチームメイト松田次生は、MAXの100kgウェイトハンデを積んで臨んだタイ戦は、二人にとって厳しいレースとなった。
2016/10/08(土)
Qualifying [Konckout]
Weather : Fine | Course : Dry

Expecting weight-related struggles, the NISMO Official Team opted for a conservative strategy in terms of tires and selected the harder compound brought by Michelin to aim for a consistent pace during the race, focusing on that rather than on single-lap performance.
In Qualifying 1, Matsuda was forced to content with P14 and did not advance to Qualifying 2.

重いウェイトハンデの影響を考え、日産ワークスチーム・ニスモは予選のアタックよりも決勝レースを重視したタイヤ選択を行い、レース中にコンシスタントにラップタイムを刻めるような硬めのタイヤコンパウンドを装着することに決めた。
やはりウェイトハンデの影響は大きく、Q1担当の松田選手は14位で、Q2に進出することができなかった。


2016/10/09(日)
Race Weather : Fine | Course : Dry
Distance 66 Laps / 300.564 km

Quintarelli drove the #1 Nissan GT-R at the start of the race and steadily fought his way back with a mix of aggressive and precise driving.
Right after the start he moved up to P12, and even managed to enter the top-10 before his pit-stop.
With the more durable tire compound, a points finish seemed to be all but secured.
Ronnie came in on lap 35 and the team delivered an outstanding pit-stop which handed Matsuda P9.
Unfortunately, while fighting to keep the position, Matsuda went for a risky move on a GT300 car that resulted in a contact and a spin. The NISMO car was then struck by a fellow GT500 competitor and forced to retire with heavy damage.
The championship will now move on to the last two rounds at Motegi with one race scheduled on Saturday and one on Sunday.
Quintarelli and Matsuda are still leading the series with a 10-point gap on their closest contenders.
For the finale, the #1 team will finally have to deal with less ballast as the compensation weight will be cut to half on Saturday and then lifted out on Sunday.

Ronnie Quintarelli
“At Buriram we opted for a conservative strategy in terms of tire choice aiming for a consistent race pace. The goal for us was to take home some points also because it would have been the last race of the season with maximum ballast.
Unfortunately, when things were unfolding according to plan, Matsuda-san made a mistake in evaluating the space to pass a lapped car and the following contact led to our retirement.
The points lost in Thailand would have been really valuable for the final double race of the season at Motegi. There won’t be many strategies there except pushing as hard as possible and aim for wins.

“Finally we will have a more “human” amount of ballast, and we will try to answer the call on a track that saw us overturn unfavourable championship situations in the last couple of years.
We will also rely on the support of the many fans that are looking forward to seeing SUPER GT back in Japan after the trip to Thailand. The support from both myself and Matsuda-san will be crucial and, despite the heavy pressure we expect, we will try to be in our best shape and fight for the title together with the whole team”.
今戦もスタートドライバーはクインタレッリ。アグレッシブかつ正確なドライビングで、後方の14グリッドから順位アップを狙う。
スタート直後に12番手に順位を上げ、ピットストップ前までに10番以内に入る素晴らしい走りをした。
より耐久性のあるタイヤコンパウンドで、ポイント獲得の可能性も見えてきた。
ロニーは35周目にピットイン、チームの素晴らしいピット作業で松田選手は9番手でトラックに戻った。
しかし残念ながら、松田選手が他のマシンと争っている間、300クラスの車をオーバーテイクする際に、少しリスクのある動きをとったところ接触しスピンしてしまう。トラック上に停まってしまった1号車に、ポジション争いしていた500クラスの後続車が避けられずクラッシュ、大きなダメージを負いリタイアとなってしまった。
チャンピオン争いはついに最終戦の茂木に舞台を移す。土曜日が決勝1、日曜日が決勝2というダブルレースとなる。
クインタレッリ&松田組は、2位と10ポイント差をつけてランキング首位で最終戦に臨むこととなる。
最終戦では土曜日はウェイトハンデ半分、日曜日はノーウェイトでのレースとなり、史上初のチームとして3連覇、ロニー自身は5度目のタイトル獲得へ挑む。

Ronnie Quintarelli
「僕たちはレース重視のタイヤ選択をして、セーフティな作戦でブリラム戦に臨みました。今戦がウェイトハンデMAXの最後のレースで、ポイント獲得が目標でした。
けれど残念ながら、松田選手のミスで300クラスの車と接触、そこに後続車からの追突という、予想外の事態が起きてしまいリタイアとなってしまいました。
ポイント無獲得だったタイ戦でしたが、最終戦の茂木はダブルレースで大量ポイント獲得のチャンスです。しかしそれはライバル勢にとっても同じです。緻密な作戦というよりも、積極的に攻めて優勝を狙うだけだと思います。」

「ようやく、ウェイトハンデが“人並み”になります。ここ数年間、チャンピオンを勝ち取った忘れられない舞台である最終戦茂木に向かいます。泣いても笑っても次の茂木が今シーズン最後のレース、チャンピオンが決まります。
たくさんのサポーターやファンが待つ日本に戻り、皆さんの応援とパワーと共に、タイトル獲得、チーム3連覇、そして僕自身5度目のタイトルのため、プレッシャーに負けずチーム一丸となってチャンピオンを目指します。」
GT500 class
No.1 MOTUL AUTECH GT-R
Round Qualify Pos. Qualify#1 Qualify#2 Race/Pos. Time/Diff. Lap WH
1 3 ※1 R 1'18.918 R 1'18.372 1 1:56'22.730 82 -
2 4 ※2 1'28.418 1'27.973 1 2:58'58.430 110 40
4 15 ※3 No Time - 9 1'14.838 ※4 74 80
5 3 ※5 1'29.643 1'28.997 4 28.94 66 84
6 12 ※6 1'48.896 - 6 1Lap 172 100
7 14 ※7 1'25.455 - 14 10Lap 56 100
3 12 ※8 1'47.816 - 9 43.835 53 56
8 9 R 1'37.635 - 7 20.461 53 -
WH=Weight Handicap(kg)
R=Course Record
※1,2,5,6,7  Qualify#1:ノックアウト予選(Q1)のタイム計測 [松田選手出走]
※3  Q1:ロニー・クインタレッリ 予選タイム抹消(Spr.29-5「赤旗提示の原因」)
※4  赤旗中断 15:50(Spr.37-2「赤旗中断後レース終了) Start Time : 14:06'07 / Finish Time :  15:48'15
※8  Qualify#1:予選のタイム計測 [松田選手出走]
Point ranking
Ranking Round1 Round2 Round3 Round4 Round5 Round6 Round7 Round8 Total
1 20 20 2 8 6 0 56

Copyright © 2007-2016 Ronnie Quintarelli Official Website All Rights Reserved.