株式会社GENOVA
S Road Co Ltd.
価格.com
ラケーリジャパン株式会社
MS JAPAN
株式会社エアージェイ
ユタニ工業株式会社
Dam Craft
王子サーモン
ITALIANS FOR TOHOKU
PRAY FOR ITALY
チェカレンジャーブログ
Ronnie Quintarelli Official Website for mobile
twitter
Instagram
resulttitle
2016 AUTOBACS SUPER GT
2016 AUTOBACS SUPER GT Round6 45TH INTERNATIONAL SUZUKA 1000km
鈴鹿サーキット / Course Length : 5.807 km
Despite the huge amount of ballast coming from the many points scored so far, Ronnie Quintarelli secured a valuable 4th place finish in the fourth round of the Super GT season at Fuji.
As a result, he and team-mate Tsugio Matsuda increased their advantage at the top of the championship table.

ロニークインタレッリと松田次生選手は、予選12番手から勢いのある追い上げで最終ラップの時点で4番手になるが、まさかのガス欠で鈴鹿1000kmを終えることになった。
チェッカーフラッグを受けることなく終わったが、後方のマシンが周回遅れだったことで、2つポジションを落としただけで済み、6位で貴重なポイントを獲得し、ポイントランキング首位を守ることができた。
2016/08/27(土)
Qualifying [Konckout]
Weather : Fine | Course : Dry

For the longest and most renowned round of the Super GT series, the #1 Nissan GT-R lined-up at Suzuka as the series leader and carried the maximum amount of compensation weight prescribed by the rules, 100 kilograms.
The Nismo Official Team lined-up for qualifying with an eye on the race in terms of tire choice, and settled for a row 6 start.
Before the event, all the drivers of the Japanese-based series expressed their sympathy to all the people affected by the central Italian earthquake.

SUPER GTシリーズ戦で最も長丁場、そして大量ポイントを獲得できる鈴鹿1000kmレース。1号車ニスモはポイントランキングとウェイトハンデ制により、100kgMAXのウェイトハンデで臨むことになる。
ニスモワークスチーム1号車は、予選で決勝重視のタイヤ選択をしたこともあり、Q2に進出できず、明日は6列目からのスタートとなる。
そしてこの日、8月24日にイタリアで起きた地震により大きな被害を受けた被災地、被災者の方々へ、SUPER GTに参戦しているイタリア人ドライバー、ロニークインタレッリとアンドレア・カルダレッリ選手が代表となり、全ドライバーたちからメッセージが配信された


2016/08/28(日)
Race Weather : Cloudy / Rain | Course : Dry / Wet
Distance 173 Laps / 1004.611 km

It was Quintarelli to start the race, which featured five mandatory driver changes. In the first part of the 1000 kilometers, the Italian-Japanese pairing recovered up to the 6th position. Thanks to a late last stop, they then moved up to P5 and relying on fresher tires and a lower fuel load, Matsuda put together a great pass for fourth. Unfortunately, with just a few meters to go before the checkered flag, the car ran out of fuel. Although they couldn’t cross the line, Matsuda and Quintarelli were classified sixth.

Ronnie Quintarelli
"Sixth place is still a great result for us, although not securing a fourth place we already had in our bag left us a little bitter.
I want to thank the team for their great job both in preparing for this round and during the weekend itself.
They provided us with the chance to be highly-competitive despite the huge ballast on board.
I also want to thank all the fans that supported us on-track.
The next round will be on the beautiful Buriram circuit in Thailand, on the 8th and 9th of October.
We expect tough environmental conditions for both the cars and drivers, but I can’t wait to be back pushing on-track!”
5回のピットストップ義務による1000km決勝、クインタレッリがスタートドライバー。
レース序盤はウェイトに苦しみながらも、クインタレッリと松田選手のドライビング、そしてチームの作戦により6番手まで順位を上げる。
そして最後のピットストップ、遅めのピットストップのおかげでピットストップ時間を短縮することができ、新しいタイヤと少ない給油時間で5番手に上がる。
そして松田選手がシケインで素晴らしいオーバーテイクをし、ついに4番手になる。
しかし最終ラップで信じがたいことが起きてしまう。チェッカーフラッグまであと数百メートルのところで、なんとガス欠でマシンが止まってしまったのだ。 残念ながらチェッカーフラッグを受けられなかった1号車だったが、松田&クインタレッリ組は6位というリザルトで貴重なポイントを獲得した。

Ronnie Quintarelli
「4位がほぼ確実だった鈴鹿戦、本当に残念で悔しい想いもありますが、僕たちにとっては6位でも十分に満足できる結果です。
1000kmというロングレースを走りきる車、そしてタイヤを準備してくれた日産、ニスモ、ミシュランに心から感謝します。
ウェイトハンデMAXでのレースにも関わらず、このように上位争いできるマシン、タイヤを用意してくれたのですからね。
そして不安定な天気の中、鈴鹿サーキットまで足を運んでくれたファンの皆さん、そして遠くから応援してくれたファンの皆さんにもありがとうと伝えたいです。
次戦は10月8日・9日にタイ・ブリーラムの素晴らしいサーキットでの開催です。
マシンにもドライバーにもとっても厳しいレースになると思いますが、僕たちはただ精一杯走るだけです。ポイントを多く獲得し、ランキングトップで最終戦を迎えることができるように、チーム一丸となって頑張ります。
GT500 class
No.1 MOTUL AUTECH GT-R
Round Qualify Pos. Qualify#1 Qualify#2 Race/Pos. Time/Diff. Lap WH
1 3 ※1 R 1'18.918 R 1'18.372 1 1:56'22.730 82 -
2 4 ※2 1'28.418 1'27.973 1 2:58'58.430 110 40
4 15 ※3 No Time - 9 1'14.838 ※4 74 80
5 3 ※5 1'29.643 1'28.997 4 28.94 66 84
6 12 ※6 1'48.896 - 6 1Lap 172 100
7 14 ※7 1'25.455 - 14 10Lap 56 100
3 12 ※8 1'47.816 - 9 43.835 53 56
8 9 R 1'37.635 - 7 20.461 53 -
WH=Weight Handicap(kg)
R=Course Record
※1,2,5,6,7  Qualify#1:ノックアウト予選(Q1)のタイム計測 [松田選手出走]
※3  Q1:ロニー・クインタレッリ 予選タイム抹消(Spr.29-5「赤旗提示の原因」)
※4  赤旗中断 15:50(Spr.37-2「赤旗中断後レース終了) Start Time : 14:06'07 / Finish Time :  15:48'15
※8  Qualify#1:予選のタイム計測 [松田選手出走]
Point ranking
Ranking Round1 Round2 Round3 Round4 Round5 Round6 Round7 Round8 Total
1 20 20 2 8 6 56

Copyright © 2007-2016 Ronnie Quintarelli Official Website All Rights Reserved.