株式会社GENOVA
S Road Co Ltd.
価格.com
ラケーリジャパン株式会社
MS JAPAN
株式会社エアージェイ
K.Tsuruoka
ユタニ工業株式会社
Dam Craft
王子サーモン
ITALIANS FOR TOHOKU
PRAY FOR ITALY
チェカレンジャーブログ
Ronnie Quintarelli Official Website for mobile
twitter
Instagram
resulttitle
2016 AUTOBACS SUPER GT
2016 AUTOBACS SUPER GT Round5 FUJI GT 300km RACE
富士スピードウェイ/ Course Lengh : 4.563 Km
Despite the huge amount of ballast coming from the many points scored so far, Ronnie Quintarelli secured a valuable 4th place finish in the fourth round of the Super GT season at Fuji.
As a result, he and team-mate Tsugio Matsuda increased their advantage at the top of the championship table.

今シーズン優勝2回を含め、順調にポイント獲得をした結果、重いウェイトハンデで臨んだシーズン中盤の富士戦を4位でレースを終えた。
ロニーとチームメイト松田次生はポイントをさらに重ね、ポイントランキングも首位をキープすることができた。
2016/08/06(土)
Qualifying [Knockout]
Weather : Fine | Course : Dry

In qualifying, Matsuda drove the #1 Nissan GT-R in the Q1 segment. Despite the 84 additional kilograms, the Japanese racer made his way to Q2.
Quintarelli then put together a perfect lap to hand the Nismo Official Team a third place.

Q1は松田選手が担当。84kgというウェイトハンデにも関わらず、攻めのアタックで8位に入り、Q2進出に滑りこんだ。
Q2担当のクインタレッリは完璧なアタックで、3番グリッドを獲得した。


2016/08/07(日)
Race
Weather : Fine | Course : Dry
Distance 66 Laps / 301.158 km

Ronnie also drove the car at the start, and despite the ballast, the fuel load and the high track temperature (49°C) he managed to keep the tails of the leaders.
Unfortunately, the pit-stop was completed a few laps after the leading contenders so Matsuda found himself in fifth place with two Honda cars that had already taken advantage of their fresh tires going by.
When the #46 Nissan retired, Quintarelli and Matsuda moved up to fourth, a position they held until the checkered flag, not without attempting a last-gasp attack to the #100 Honda which was running considerably lighter.

Ronnie Quintarelli
Fourth place is a great result for us and the eight points we scored enabled us to increase our championship lead. It stil feels bitter not to have ended up on the podium, which would have been a massive accomplishment with 84 kilograms of ballast.
Due to the weight, we were forced to go for a late pit-stop strategy and we lost a couple of positions.
For the next round, the Suzuka 1000KM race, we will carry 100 kilograms, the maximum possible amount of compensation weight. We know it will be hard but we will try to do our utmost and prepare well for one of the most spectacular events of the season.
I want to thank the many fans who came on-track at Fuji, and all our supporters who watched the race on TV.
クインタレッリが1号車のスタートドライバーでレースが決勝スタートした。84kgのウェイトハンデ、積んでいるガソリン量、そして49℃という非常に高い路面温度という厳しい状況だったが、ロニーはどうにかトップ車両についていく走りを見せる。
しかし、トップを快走する12号車が完璧で速いピット作業だったため、松田選手に交代した後にトラックに戻ったときには5位になっており、すでにピット作業を終えタイヤを温めたホンダ勢2台とポジション争いすることになる。
46号車のGT-Rがリタイヤし、1号車が4番手に上がり、そのままチェッカーを受けた。ウェイトが軽い3番手を走る100号車に最終ラップまで迫る走りを見せたが、残念ながら表彰台に上がることはできなかった。
Ronnie Quintarelli
「84kgのウェイトハンデで臨んだ富士戦で4位8ポイントを獲得でき、ポイントランキングも首位のまま次戦を迎えることは、僕たち1号車にとって非常に満足できる結果です。もちろん表彰台を目の前で逃したことは残念ですが、84kgのウェイトハンデではこれが僕たちの限界だったと思います。
重いウェイトハンデのため、僕たち1号車は遅めのピットインの作戦を取らざるを得なかったことで、順位をいくつか落とすことになってしまいました。次戦の鈴鹿1000kmから、ウェイトハンデMAXである100kgを積み戦うことになります。
それでも万全の準備をして、他レースよりもポイントが高い鈴鹿で、完走かつひとつでも上の順位で終えることができるようにチーム一丸となって精一杯頑張ります。
暑い中、サーキットに応援に来てくれたファンのみなさん、TV等で応援してくれたファンのみなさん、ありがとうございました。」
GT500 class
No.1 MOTUL AUTECH GT-R
Round Qualify Pos. Qualify#1 Qualify#2 Race/Pos. Time/Diff. Lap WH
1 3 ※1 R 1'18.918 R 1'18.372 1 1:56'22.730 82 -
2 4 ※2 1'28.418 1'27.973 1 2:58'58.430 110 40
4 15 ※3 No Time - 9 1'14.838 ※4 74 80
5 3 ※5 1'29.643 1'28.997 4 28.94 66 84
6 12 ※6 1'48.896 - 6 1Lap 172 100
7 14 ※7 1'25.455 - 14 10Lap 56 100
3 12 ※8 1'47.816 - 9 43.835 53 56
8 9 R 1'37.635 - 7 20.461 53 -
WH=Weight Handicap(kg)
R=Course Record
※1,2,5,6,7  Qualify#1:ノックアウト予選(Q1)のタイム計測 [松田選手出走]
※3  Q1:ロニー・クインタレッリ 予選タイム抹消(Spr.29-5「赤旗提示の原因」)
※4  赤旗中断 15:50(Spr.37-2「赤旗中断後レース終了) Start Time : 14:06'07 / Finish Time :  15:48'15
※8  Qualify#1:予選のタイム計測 [松田選手出走]
Point ranking
Ranking Round1 Round2 Round3 Round4 Round5 Round6 Round7 Round8 Total
1 20 20 2 8 50

Copyright © 2007-2016 Ronnie Quintarelli Official Website All Rights Reserved.