株式会社GENOVA
S Road Co Ltd.
価格.com
ラケーリジャパン株式会社
MS JAPAN
株式会社エアージェイ
ユタニ工業株式会社
Dam Craft
王子サーモン
ITALIANS FOR TOHOKU
PRAY FOR ITALY
チェカレンジャーブログ
Ronnie Quintarelli Official Website for mobile
twitter
Instagram
resulttitle
2016 AUTOBACS SUPER GT
2016 AUTOBACS SUPER GT Round4 SUGO GT 300km RACE
スポーツランドSUGO / Course Length : 3.704256 km
Lining-up with an 80-kilogram ballast coming from their two wins at Okayama and Fuji, Ronnie Quintarelli and team-mate Tsugio Matsuda took 9th place in the third round of the Super GT season at Sugo, securing two valuable championship points.

今シーズン、開幕戦から2連勝で絶好調のロニークインタレッリとチームメイト松田次生は、80kgのウェイトハンデで臨んだ菅生戦で9位入賞を果たし、貴重な2ポイントを獲得。ポイントランキングもトップのまま次戦に向かうことができた。
2016/07/23(土)
Qualifying
Weather : Cloudy | Course : Dry

The Nismo team was expecting a challenging weekend since the early practice with almost zero chances of making it to the Q2 session.
Ronnie Quintarelli drove the #1 Nissan GT-R in Q1, and ran as hard as he possibly could trying to overcome the limits of the car.
While completing what seemed like a promising lap, he put two wheels beyond a kerb and ended up straight into the barriers at high speed.
Despite the heavy impact, the Italian racer escaped from the scene unhurt, and the car was brought back to the pits with relatively moderate damage.

土曜日の朝の時点で、レースウィークは非常に厳しいものになることをニスモチームは覚悟していた。朝のフリー走行を見ても、Q2進出の可能性もほぼゼロに近いほど80kgのウェイトハンデが影響していたからだ。
今回、ロニークインタレッリはQ1担当となり、Q1突破を狙うというより、1つでも予選順位を上げて決勝をスタートしたいという強い気持ちで限界ギリギリのアタックをしていた。
アタック中、2輪が縁石にのった時にバランスを崩しSPコーナーでコースオフ、高速スピードのまま正面からタイヤバリアに激しく追突してしまった。
このクラッシュで赤旗となりQ1終了となった。非常に激しいクラッシュにも関わらず、ドライバーに怪我はなく、またマシンも損傷はしたものの大事には至らない状態だった。明日の決勝は最後尾15番手スタートとなる。


2016/07/24 (日)
Race
Weather : Cloudy | Course : Dry
Distance 81 Laps / 300.044736 km

The race was began with Matsuda behind the wheel, and the Japanese racer started a clean recovery, helped by the many contacts on-track and by the heavy GT300 traffic due to the twisty nature of the Tohoku circuit.
Matsuda climbed up to the ninth place, but was prevented from taking full advantage of a full course caution that enabled several contenders to dive in for an early pit-stop.
Due to the degradation caused by the additional weight, the Nismo team was forced to pit at the middle of the race, in green flag conditions, in order to avoid grip issues in the closing stages.

As a consequence, Ronnie exited the pits in 12th place but pulled off a smooth comeback too, passing a couple of cars up to 10th place.
Although a red flag stopped the race for good with six laps to go, preventing further gains, a penalty assessed to a rival car promoted the Quintarelli-Matsuda pairing to P9.

Ronnie Quintarelli
“First of all, I want to thank the team for the great job in repairing the car after Saturday’s Q1 shunt.
Starting from the 15th place and with so much ballast on board, I think that ninth place is the best result we could have aimed for.
This round has been the toughest one for us this season, and bringing home two points is a rewarding accomplishment considering the hard work we did.
I can’t wait to be back on-track for the next round, which will be on the 6th and 7th of August at Fuji. We will carry 84 kilograms of ballast there, and it will be hard again but given the great adaptability of our car to the venue, we will aim for a top-5 position and it would sound like a win for us”.
スタートドライバーは松田次生が担当、いよいよ決勝がスタートする。松田選手はクリーンなスタートを決め、菅生サーキット特有の狭いトラック上のGT300クラスとの難しい混走の中でも、自分の走りを続けながらレースを展開していく。
9位まで順位を上げた松田選手だったが、黄旗やセーフティーカーによりこれ以上は順位を上げることができず、また早めのピットインをした多数のマシンによりスピードにのって走ることが難しくなってしまった。
重いウェイトハンデが原因で下位を走るニスモは、タイヤのグリップ問題のことも考え、レース中盤のグリーンフラッグ中にピットインすることにした。

ピット作業を終え、ドライバーがロニークインタレッリに交代してコースに戻ると12位というポジションだったが、幸運にもトラフィックがない場所で戻れたことで攻めの走りができ、10番手まで順位を上げた。
残念ながら残り6周で赤旗、レース成立でそのまま終了してしまったが、レース終了後に他車のペナルティより9位という結果で菅生戦を終えた。

Ronnie Quintarelli
「最初に、ニスモチームのスタッフたちに一番の感謝の気持ちを伝えたいです。土曜日の予選で僕がタイヤバリアに激突したことで、マシン前部が破損してしまい、一生懸命修復してくれました。本当にありがとうございます。
そして最後尾15番手スタートでレースも苦しかったけれど、9位で終えることができたことは喜ぶべき結果だと思います。
この菅生戦が僕たちにとって一番厳しいレースになると覚悟していたので、貴重な2ポイントを持ち帰ることができ本当に良かったです。
8月6日・7日の富士戦が待ちきれません。84kgのウェイトハンデで臨む富士戦、僕たちにとってまだまだ厳しいレースが続いていきます。そのような状況でもチーム、ミシュラン、そして僕たちドライバーが100%の力を出して、富士戦では5位以内になれるように頑張ります。僕たちにとってそれは優勝に値するものだと言えるし、シーズン後半戦を考えてもとても重要な一戦になるので、気合を入れて臨みます。」
GT500 class
No.1 MOTUL AUTECH GT-R
Round Qualify Pos. Qualify#1 Qualify#2 Race/Pos. Time/Diff. Lap WH
1 3 ※1 R 1'18.918 R 1'18.372 1 1:56'22.730 82 -
2 4 ※2 1'28.418 1'27.973 1 2:58'58.430 110 40
4 15 ※3 No Time - 9 1'14.838 ※4 74 80
5 3 ※5 1'29.643 1'28.997 4 28.94 66 84
6 12 ※6 1'48.896 - 6 1Lap 172 100
7 14 ※7 1'25.455 - 14 10Lap 56 100
3 12 ※8 1'47.816 - 9 43.835 53 56
8 9 R 1'37.635 - 7 20.461 53 -
WH=Weight Handicap(kg)
R=Course Record
※1,2,5,6,7  Qualify#1:ノックアウト予選(Q1)のタイム計測 [松田選手出走]
※3  Q1:ロニー・クインタレッリ 予選タイム抹消(Spr.29-5「赤旗提示の原因」)
※4  赤旗中断 15:50(Spr.37-2「赤旗中断後レース終了) Start Time : 14:06'07 / Finish Time :  15:48'15
※8  Qualify#1:予選のタイム計測 [松田選手出走]
Point ranking
Ranking Round1 Round2 Round3 Round4 Round5 Round6 Round7 Round8 Total
1 20 20 2 42

Copyright © 2007-2016 Ronnie Quintarelli Official Website All Rights Reserved.