株式会社GENOVA
S Road Co Ltd.
価格.com
ラケーリジャパン株式会社
MS JAPAN
株式会社エアージェイ
K.Tsuruoka
ユタニ工業株式会社
Dam Craft
王子サーモン
ITALIANS FOR TOHOKU
PRAY FOR ITALY
チェカレンジャーブログ
Ronnie Quintarelli Official Website for mobile
twitter
Instagram
resulttitle
2016 AUTOBACS SUPER GT
2016 AUTOBACS SUPER GT Round2 FUJI GT 500 Km RACE
富士スピードウェイ/ Course Lengh : 4.563 Km

富士スピードウェイ 優勝 2016/05/04 AUTOBACS SUPER GT

Lining-up for round 2 of the 2016 Super GT championship, Ronnie Quintarelli and Tsugio Matsuda scored their second straight win in the series at Fuji Raceway, consolidating their lead in the driver standings.

2016 SUPER GT第2戦、ロニークインタレッリと松田次生は富士スピードウェイで開幕2連勝を飾り、ランキング首位の座を守った。
2016/05/03(火)
Qualifying[Knockout]
Weather : Cloudy | Course : Dry

In the Q1 part of qualifying, the #1 Nissan GT-R fielded by the Nismo Official Team was driven by Matsuda.
The Japanese racer scored a valuable second place, advancing to Q2. In the final segment, Quintarelli completed the job with a third place as the fastest man of the Nissan stable.

日産ワークスチームの1号車ニスモはQ1を松田選手が担当、2位でQ1を突破し、Q2担当のクインタレッリにバトンを託した。
他メーカーが速さを見せる中、日産勢でトップとなる3番手で予選を終え、翌日の決勝に臨む。


2016/05/04(水)
Race Weather : Fine | Course : Dry
Distance 110 Laps / 501.930 km

For the race, held on a longer three-hour distance, the Nismo Official Team decided to field Ronnie for the opening and the final stint while Matsuda drove the #1 Nissan GT-R during the middle part of the run. At the start, Ronnie fought hard for third place and kept an high pace throughout a massive 41-lap stint despite the heavy ballast.
In the final part of Matsuda’s driving stint, a safety-car was called in for a tire failure occurred to another competitor, and the pit-lane was closed.
The cars in second and third position, who had pitted earlier, found themselves without fuel, with one entering the closed pits and getting a penalty, and the other remaining stranded on-track.
Around the 80th lap, Matsuda got back to the pit-lane for the second stop and, thanks to the great work done by the Nismo technicians, Quintarelli rejoined the race in the lead.
Then, he started a long and spectacular battle with Joao Paulo De Oliveira.
Although the Brazilian got the nod, the #1 Nissan stayed in close pursuit. While Quintarelli was preparing to counter-attack, a tire failure on De Oliveira’s car took him out of contention, handing the Italian-Japanese pairing a stunning victory.

Ronnie Quintarelli
“Winning a Super GT race is always really difficult, but winning two in a row is definitely a remarkable achievement. After two rounds we have 40 points and it’s a new feeling for me, considering that in the previous seasons I always had to recover from troubled starts.
Winning for the second year in a row at Fuji, in front of 85.000 spectators, is a truly amazing experience.
“I want to thank the Nismo Official Team and Michelin for the great job done to prepare the race and throughout all the weekend.
The tough part begins now, as we will have to deal with an huge 80-kilogram ballast for the next event. We will do our best to prepare well and to bring home some points, while waiting to be back in the hunt when all our rivals will carry more ballast too.
“The next round, which was supposed to be held on the 21st and 22nd of May at Autopolis, was cancelled due to last April’s Kumamoto earthquake which brought heavy damage to the area.
We will be back on-track on the 23rd and 24th of July at Sugo. I can’t wait to line-up on one of my favourite Japanese circuits”.
3時間以上にも及ぶ500kmレース決勝、日産ワークスチームである1号車ニスモチームは、第1スティントと第3スティントをロニー、第2スティントを松田選手という戦略でスタート。ロニーは3番手争いを繰り広げながら、重いウェイトハンディでバランスが難しい中、攻める走りで41周目まで引っ張りピットイン。
松田選手の第2スティント、他マシンのタイヤトラブルによる車両破損によりセーフティカーが入り、ピットレーンはクローズとなる。
セーフティラン中、最初のピットインが早めだった2番手と3番手を走るマシンは燃料が足りなくなり、1台はペナルティ覚悟でピットイン、もう1台も燃料切れでトラック脇にマシンを止めることとなった。
これで1号車は2番手に浮上、そして81周を終えたところで2度目のピットイン、再びクインタレッリがステアリングを握る。ニスモチームのスタッフの迅速なピット作業のおかげで、逆転でトップに躍り出た。
しかし、ここから12号車をドライブするジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ選手との熾烈なトップ争いが始まる。
一時は12号車がトップを奪い返し、1号車は2番手に後退するが、最後までクインタレッリは諦めることなくフルプッシュで12号車に食らいつく。クインタレッリが再びカウンターアタックを試みようとした残り3周の時に、なんとすぐ目の前を走る12号車がタイヤトラブルでコースアウト。これにより1号車は再びトップに戻りチェッカー。開幕戦に続き2連勝という最高のレースで幕を閉じた。

Ronnie Quintarelli
「SUPER GTで優勝するというのは本当に難しいけれど、開幕2連勝という成績はとてもすごいことだと思います。シーズン2戦を終えて40ポイントというのは、僕にとって初めて感じる感覚ですね。過去を振り返ると僕の場合、前半戦はトラブルばかりの散々な結果が多くて、後半必死になって巻き返すパターンですから。
そして昨シーズンから第2戦富士の2連続優勝というのもとても嬉しいです。85000人の観客の前で良い結果を残せてよかったです。
完璧な準備と仕事をしてくれた日産、ニスモ、ミシュランに感謝しています。
これから80kgというウェイトハンディを背負って戦っていくわけですから、とても大変で厳しいレースが続きます。ライバル勢がウェイトハンディを載せてくるまでは、しぶとくポイントを取り続けることができるようにベストを尽くしていきます。
次戦は5月21日・22日のオートポリス戦の予定でしたが、4月に起こった熊本地震で多くの方や建物が被災したことで中止が決定しました。
このため次戦は7月23日・24日の菅生戦になります。少し時間が空きますが、僕の好きな菅生のサーキットで走るのが楽しみです。」
GT500 class
No.1 MOTUL AUTECH GT-R
Round Qualify Pos. Qualify#1 Qualify#2 Race/Pos. Time/Diff. Lap WH
1 3 ※1 R 1'18.918 R 1'18.372 1 1:56'22.730 82 -
2 4 ※2 1'28.418 1'27.973 1 2:58'58.430 110 40
4 15 ※3 No Time - 9 1'14.838 ※4 74 80
5 3 ※5 1'29.643 1'28.997 4 28.94 66 84
6 12 ※6 1'48.896 - 6 1Lap 172 100
7 14 ※7 1'25.455 - 14 10Lap 56 100
3 12 ※8 1'47.816 - 9 43.835 53 56
8 9 R 1'37.635 - 7 20.461 53 -
WH=Weight Handicap(kg)
R=Course Record
※1,2,5,6,7  Qualify#1:ノックアウト予選(Q1)のタイム計測 [松田選手出走]
※3  Q1:ロニー・クインタレッリ 予選タイム抹消(Spr.29-5「赤旗提示の原因」)
※4  赤旗中断 15:50(Spr.37-2「赤旗中断後レース終了) Start Time : 14:06'07 / Finish Time :  15:48'15
※8  Qualify#1:予選のタイム計測 [松田選手出走]
Point ranking
Ranking Round1 Round2 Round3 Round4 Round5 Round6 Round7 Round8 Total
1 20 20 40

Copyright © 2007-2016 Ronnie Quintarelli Official Website All Rights Reserved.