株式会社GENOVA
S Road Co Ltd.
価格.com
ラケーリジャパン株式会社
MS JAPAN
株式会社エアージェイ
K.Tsuruoka
ユタニ工業株式会社
Dam Craft
王子サーモン
ITALIANS FOR TOHOKU
PRAY FOR ITALY
チェカレンジャーブログ
Ronnie Quintarelli Official Website for mobile
twitter
Instagram
resulttitle
2016 AUTOBACS SUPER GT
2016 AUTOBACS SUPER GT Round1 OKAYAMA GT 300km RACE
岡山国際サーキット / Course Length : 3.703 km

岡山国際サーキット 優勝 2016/04/09 AUTOBACS SUPER GT

Ronnie Quintarelli delivered an outstanding win at Okayama in the opening round of the 2016 Super GT championship. The Italian provided an aggressive first stint to give his team-mate Tsugio Matsuda a comfortable lead in the closing stages.

ロニー・クインタレッリは、SUPER GT 2016シーズン開幕戦が開催された岡山で優勝を飾った。ロニーは第1スティントでアグレッシブな走りで順位をあげ、チームメイト松田次生選手にバトンを渡し、2位と大きな差をつけチェッカーを受けた。
2016/04/09(土)
Qualifying[Knockout]
Weather : Fine | Course : Dry

In the Q1 part of qualifying, the #1 Nissan GT-R fielded by the Nismo Official Team was driven by Matsuda.
The Japanese racer scored a valuable second place, advancing to Q2. In the final segment, Quintarelli completed the job with a third place as the fastest man of the Nissan stable.

日産ワークスチームの1号車ニスモはQ1を松田選手が担当、2位でQ1を突破し、Q2担当のクインタレッリにバトンを託した。
他メーカーが速さを見せる中、日産勢でトップとなる3番手で予選を終え、翌日の決勝に臨む。


2016/04/10(日)
Race Weather : Cloudy | Course : Dry
Distance 82 Laps / 303.646 km

Ronnie was given the chance to start the race and, after a first part of the stint spent in third place, his car progressively came to life as the fuel burned out.
At that point, Quintarelli went to full-attack mode.
At first, he got back to the tails of the two cars out front, and then posted a stunning sequence of fast laps while delaying the pit-stop.
When Matsuda went back on-track, he could already rely on an hefty margin which he increased even further, crossing the line 15 seconds away from his closest follower.

Ronnie Quintarelli
“Being able to win the opening round of the championship at Okayama after the struggle in preseason testing is a real satisfaction.
I thank the whole Nismo Team and Michelin for keeping their faith in us and providing us with a phenomenal race package.
I’m also delighted for the fact that this is my first win at Okayama, a place that was like a second home to me during my first years in Japan.
“I also want to thank all the Nissan fans, as well as my fans, who cheered for us from the track or back at home.
The next race will be on the 3rd and 4th of May at Fuji Speedway, in the popular Japanese holiday period of the “Golden Week”.
Despite the 40 kilograms of ballast for this win, we are looking forward to being competitive again on a track where we accomplished so much in 2015. I can’t wait to be back pushing as hard as ever”.
ロニーはスタートドライバーとして決勝レースを迎えた。第1スティント序盤は3番手を走行するが、燃料が軽くなってきた中盤には、1号車は驚くほどの速さを見せ始める。
ここでクインタレッリのフルアタックモードのスイッチが入った。
まずは前を走る車をオーバーテイクし2番手に浮上すると、トップを走るマシンよりもピットストップを遅らせたロニーは、フルプッシュで走り続けた。
この走りと迅速なピット作業のおかげで、松田選手がトラックに戻ると、後ろのマシンと大きなギャップがうまれており、最終的には15秒の大差で優勝した。

Ronnie Quintarelli
「オフシーズン中の岡山テストでは白旗を上げるような状態だったことを考えると、開幕戦での優勝は本当に嬉しくて、奇跡とも言える勝利でした。
このような戦えるパッケージを短期間で準備してくれたニスモチームの全スタッフとミシュランに心から感謝の気持ちでいっぱいです。
来日してから数年間住んでいた第2の故郷からほど近い、岡山国際サーキットでのSGT初優勝は、僕にとってはより特別な想いがありますね。
そしてサーキットやTVの前で応援してくれた、日産ファンと僕のファンのみなさん、応援ありがとうございました。
次戦はゴールデンウィーク中の5月3日・4日に富士スピードウェイで開催されます。
次戦ではウェイトハンデ40kgになりますが、昨シーズンは優勝もしているので、優勝争いできると信じています。2連勝するために精一杯頑張ります。」
GT500 class
No.1 MOTUL AUTECH GT-R
Round Qualify Pos. Qualify#1 Qualify#2 Race/Pos. Time/Diff. Lap WH
1 3 ※1 R 1'18.918 R 1'18.372 1 1:56'22.730 82 -
2 4 ※2 1'28.418 1'27.973 1 2:58'58.430 110 40
4 15 ※3 No Time - 9 1'14.838 ※4 74 80
5 3 ※5 1'29.643 1'28.997 4 28.94 66 84
6 12 ※6 1'48.896 - 6 1Lap 172 100
7 14 ※7 1'25.455 - 14 10Lap 56 100
3 12 ※8 1'47.816 - 9 43.835 53 56
8 9 R 1'37.635 - 7 20.461 53 -
WH=Weight Handicap(kg)
R=Course Record
※1,2,5,6,7  Qualify#1:ノックアウト予選(Q1)のタイム計測 [松田選手出走]
※3  Q1:ロニー・クインタレッリ 予選タイム抹消(Spr.29-5「赤旗提示の原因」)
※4  赤旗中断 15:50(Spr.37-2「赤旗中断後レース終了) Start Time : 14:06'07 / Finish Time :  15:48'15
※8  Qualify#1:予選のタイム計測 [松田選手出走]
Point ranking
Ranking Round1 Round2 Round3 Round4 Round5 Round6 Round7 Round8 Total
1 20 20

Copyright © 2007-2016 Ronnie Quintarelli Official Website All Rights Reserved.