株式会社GENOVA
S Road Co Ltd.
価格.com
ラケーリジャパン株式会社
MS JAPAN
株式会社エアージェイ
ユタニ工業株式会社
Dam Craft
王子サーモン
ITALIANS FOR TOHOKU
PRAY FOR ITALY
チェカレンジャーブログ
Ronnie Quintarelli Official Website for mobile
twitter
Instagram
resulttitle
2015 AUTOBACS SUPER GT

Won the series championship ! Fourth of the driver's title !

シリーズチャンピオン獲得 ! 4度目のドライバーズタイトル !

2015 AUTOBACS SUPER GT Round8 MOTEGI GT 250km RACE
ツインリンクもてぎ / Course Length : 4.8013 km

In a spectacular final race of the 2015 season, Ronnie Quintarelli cruised to his fourth Super GT title in five years at Motegi, becoming the most successful driver in the series’ history and handing the Nismo Official Team their second straight crown.

2015シーズンの最終戦が開催されたツインリンクもてぎで、ロニークインタレッリは5年間で4度のSUPER GTのタイトルを手にいれた。これは、史上最多の記録であり、ニスモチームとしても2連覇という偉業を成し遂げたことになる。
2015/11/14(土)
Qualifying [Knockout]
Q1 Weather : Rain | Course : Wet
Q2 Weather : Rain | Course : Wet

The qualifying session, held in wet conditions, saw the #1 Nissan GT-R struggle with grip issues.
That prevented the team from making it to the Q2 session and forced them to settle for the 12th place on the grid, also setting a difficult starting point in terms of chase for the title.


予選はウェットコンディション、1号車はグリップの問題に苦しんでいた。
雨量が強まった状況は1号車には不利に動いてしまい、Q2には進出できず、予選12番手で明日の決勝に挑むことになった。ライバル勢よりも後方になったことで、タイトル争いを見ても難しいポジションからのスタートとなる。



2015/11/15(日)
Race Weather : Cloudy / Fine | Course : Wet & Dry
Distance 53 Laps / 254.473 km

The race brought teams and drivers to start with rain tires and a wet racetrack although there was no rain and conditions were improving.
Ronnie drove the opening stint, recovering several positions right from the start thanks to an extremely well-performing car-tire package.
On lap 26, one lap after the championship-leading Nissan Calsonic, Quintarelli made his way back to the pits and handed driving duties to Matsuda.
Thanks to this successful strategy and to the issues encountered by his direct rival in warming up the tires, Matsuda found himself second.
Then a safety-car condition due to a contact enabled him to warm his tires perfectly and he was even able to clinch the lead briefly.
In a great performance, he fought his way to second place, which was enough for the team to mathematically clinch the title.

Ronnie Quintarelli
“This is a dream come true for me. Since my first years here in Japan, racing in Formula 3, my dream has always been to drive in the challenging and spectacular Super GT.
Being able to become one of the stars of the series and winning four titles in the last five seasons makes me incredibly happy.
It also rewards me for all the efforts and sacrifices of all these years. I want to thank Nismo, Michelin, all the sponsors and teammates who always believed in me. I always had the chance to drive great cars.
“I’m also immensely happy for becoming the only driver to have won four Super GT titles.
I strongly chased this record as I based my whole life here in Japan. Thanks to my wonderful family.
They always support me and help me to go through the difficult moments. And last but not least, thanks to all the Nissan fans, as well as mine, for the support throughout this demanding challenge. Thank you so much!”
決勝日、路面はウェットだったが雨は降っておらず、このまま路面状況が良くなる方向でいたレース直前に、突然大粒の雨が降ってきた。たった10分程度の雨だったが、ウェットかドライかで迷っていたチームは、ドライタイヤを選択した。
ロニーが第1スティントをドライブした。オープニングラップで10番手に浮上すると、次々にオーバーテイクを繰り返し、車とマシンのパッケージが非常にうまくいったおかげで、6番手まで順位をあげた。
シリーズランキング首位の12号車の日産カルソニック・インパルより1周遅れの26周目でピットインして、松田次生選手にステアリングを渡した。
この作戦と完璧なピット作業のおかげで、ライバルの12号車の前でピットアウトし、冷えたタイヤでのアウトラップでもうまく後ろの車を押さえながらタイヤを温めて、2番手に浮上した。
その直後に起こった他マシンの接触によりセーフティカーが入り、このセーフティカーランの間に松田選手は完全にタイヤを温めることができ、またトップ集団とのマージンもなくなった。
再スタート後は、数台による激しいトップ争いが最後の最後まで行われたが、松田選手の素晴らしい走りのおかげで2位でチェッカーを受け、1号車ニスモチームは逆転チャンピオンに輝いた。

Ronnie Quintarelli
「ついに夢が叶いました。それでもまだ夢のようです。来日してF3に参戦していたころから、SUPER GTに参戦して強いドライバーたちと戦うことが、ずっと僕の夢でした。
シリーズチャンピオンになり、しかも2連覇で、そして5年間で4度のタイトルを手にいれることができて、本当に心から嬉しくて仕方ありません。
今までやってきた努力や我慢が報われました。日産、ニスモ、ミシュラン、スポンサーの方々、そして僕を信じてくれたチームメイト松田選手に心から感謝しています。多くの方々からのサポートがあって、僕はいつも最高の車をドライブすることができているのですから。」
「何よりも嬉しいこと、それは前身のJGTCも含めてSUPER GTのタイトル、史上最多の通算4回で単独1位になれたことです。
第2の故郷である日本で、どうしてもこのタイトルが欲しかった。
僕の大切な家族にも感謝しています。僕をいつも支えてくれて、僕が苦しい時や難しい時期を乗り越えるために助けてくれます。
そして何よりも欠かせない存在である、日産ファンのみなさん、僕を応援してくれるファンのみなさん、いつも最高の応援をしてくれて本当にありがとうございました!」
GT500 class
No.1 MOTUL AUTECH GT-R
Round Qualify Pos. Qualify#1 Qualify#2 Race/Pos. Time/Diff. Lap WH
1 4 ※1 1'19.814 1'19.522 13 16Laps 66 -
2 1 ※2 R 1'28.022 R 1'27.552 1 2:56'20.204 110 -
3 13 ※3 1'26.213 - 5 21.677 66 40
4 11 ※4 1'29.345 - 4 6.995 66 52
5 1 ※5 R 1'48.394 R 1'47.630 7 1Lap ※6 162 68
6 12 R 1'12.530 - 6 ※7 48.812 81 78
7 3 ※8 R 1'34.041 R 1'33.181 1 1:50'42.495 65 44
8 12 ※9 1'49.757 - 2 0.591 53 -
WH=Weight Handicap(kg)
R=Course Record
※1,2,3,4,5,8,9  Qualify#1:ノックアウト予選(Q1)のタイム計測 [松田選手出走]
※6 特別規則第15条により163Lapsにて終了 Start Time : 12:39'37/Finish Time : 18:25'32
※7 2015 SUPER GT Sporting Regulation(第27条1.b)危険なドライブ行為)違反によりドライビングスルーペナルティが科された[ロニー・クインタレッリ]
Point ranking
Ranking Round1 Round2 Round3 Round4 Round5 Round6 Round7 Round8 Total
1 0 20 6 8 5 5 20 15 79

Copyright © 2007-2016 Ronnie Quintarelli Official Website All Rights Reserved.