株式会社GENOVA
S Road Co Ltd.
価格.com
ラケーリジャパン株式会社
MS JAPAN
株式会社エアージェイ
ユタニ工業株式会社
Dam Craft
王子サーモン
ITALIANS FOR TOHOKU
PRAY FOR ITALY
チェカレンジャーブログ
Ronnie Quintarelli Official Website for mobile
twitter
Instagram
resulttitle
2015 AUTOBACS SUPER GT
2015 AUTOBACS SUPER GT Round6 SUGO GT 300km RACE
スポーツランドSUGO / Course Length : 3.704256 km
Ronnie Quintarelli and team-mate Tsugio Matsuda captured a valuable sixth place in last weekend's round of the Japanese Super GT Championship at Sugo.
The race proved extremely eventful, with many of the expected frontrunners facing adverse luck.
As a result, the battle for the 2015 championship became even tighter than before.

ロニークインタレッリとチームメイト松田次生は、先週末に菅生で開催されたSUPER GT第6戦で6位という結果に終わった。
決勝では、予想外のアクシデントが次々に起こる展開で、混乱する状況で運を呼び寄せたチームと運から見放されたチームとで、明暗を分けるレースとなった。
しかしこの波乱のレースが結果的に、ランキング上位チームのポイント差を僅差にし、今シーズンのチャンピオン争いを激しいものとさせた。
2015/09/19(土)
Qualifying
Weather : Fine | Course : Dry

The event held at the venue near Sendai has been an up-and-down one since qualifying for the Nismo Official Team, as they lined-up with set-up and tire concerns.
Hoping to get the best possible starting position, Ronnie drove in Q1.
Unfortunately though, the lack of grip on the front end of the car forced him to settle for the 12th position, which was not enough to advance to the following segment.

宮城県仙台市に近い菅生のサーキットは急勾配で知られる、マシンにもタイヤにも厳しいサーキット。
燃料リストリクターとウェイトハンデがシーズンで最も厳しいため、予選からニスモチームは対策に追われる。
決勝でできる限り良いポジションでのスタートを目標に、ロニーはQ1をドライブした。
しかし残念ながら、車のフロントエンドのグリップ不足により、予選を12番手で終え、Q2進出にはならなかった。


2015/09/20 (日)
Race
Weather : Fine | Course : Dry
Distance 81 Laps / 300.044736 km

Matsuda drove in the opening stint of the race, but while he managed to clinch the 9th position, he was later hit from a lapped car and sent into a spin. That brought him back to P13.
A following contact between two Lexus cars brought all the drivers to pit during a lengthy safety-car condition, and the #1 Nissan GT-R made up some ground with Ronnie re-starting in seventh.
He then quickly improved to sixth with a bold move on the sister car fielded by the Impul team. Unfortunately, that move cost him a drive-through penalty and Quintarelli, who had gained two more spots, had to make his way back to the pits again.
After ending up in seventh, the Quintarelli-Matsuda duo was promoted to sixth following to a post-race penalty assessed to an Honda pairing in front.
The next round for the Super GT championship will be on October 31st and November 1st at Autopolis.

Ronnie Quintarelli
"We had a tough race at Sugo. In the first stint Matsuda was hit from behind, and then I was penalized for the pass on De Oliveira.
But despite all the drama, ending up in sixth was great news for us if we consider that all our championship rivals finished outside the points zone.
The gap towards the leaders went down from 12 to 7 points, so thinking to all the troubled times we had in the last few races makes us even more aware that, once luck will play a little more in our favour, we will be among the leading contenders.
In the next round at Autopolis, the compensation ballast will be trimmed by half for everybody so the impact will be reduced. Everybody will be almost in the same conditions so we'll be able to express our full potential and fight for wins."
決勝では松田選手が第1スティントを担当した。12番手から9番手まで順位をあげて走行していたとき、同クラスの周回遅れのマシンに後ろから接触され、スピンしてしまい、13番手まで順位を落としてしまう。
そして、そのすぐ後に、レクサスの2台の接触によるアクシデントが起きて、セーフティカーが入った。しばらくセーフティカーランが続き、ピットレーンがオープンとなって、1号車を含むほとんどのマシンがピットインした。
ここで松田選手からロニーにドライバー交代した。多くのマシンで大渋滞となり混乱状態のピットレーンだったが、ロニーは7番手でレースに戻る。
そして前を走る同メーカーの12号車のインパルに少し接触しながらもオーバーテイクし、6番手に順位をあげる。しかし不運にも、この接触でドライブスルーペナルティを受けてしまい、3位表彰台争いをしていた4番手走行中にペナルティを消化、7番手でレースを復帰し、そのままチェッカーを受けた。
レース終了後、6番手のホンダがペナルティを受け、ロニー/松田組は最終結果6位となった。
残り2戦となったSUPER GT、次戦は10月31日・11月1日にオートポリスにて開催される。

Ronnie Quintarelli
菅生は大変なレースだったね。松田選手は後ろから接触されて、僕はオリベイラをパスしたときのペナルティ。
けれど、こんな不運なドラマがあったにも関わらず、最終的に6位でレースを終えることができたのは良かったと言える。チャンピオン争いに関しても、ライバルの上位チームはポイント圏外の結果だったしね。
ランキング首位とのポイント差も12ポイントから7ポイントに縮まったし、ここ数戦のトラブルやアクシデントを考えても、この順位で残っていることは良い方だと言えるし、このままあと少しだけ僕たちの有利になるように運が向いてくれたら、あとは僕たちの実力とチームワークでライバル勢と勝負できるだろう。
次戦のオートポリスでは、全車のウェイトハンデが半分になるので、チーム間に及ぼしてきた影響も軽減されます。全チームがほぼ同じようなコンディションになり、僕たちも今まで以上に高いポテンシャルで走ることができると思うので、優勝のみ狙いにいきます。
GT500 class
No.1 MOTUL AUTECH GT-R
Round Qualify Pos. Qualify#1 Qualify#2 Race/Pos. Time/Diff. Lap WH
1 4 ※1 1'19.814 1'19.522 13 16Laps 66 -
2 1 ※2 R 1'28.022 R 1'27.552 1 2:56'20.204 110 -
3 13 ※3 1'26.213 - 5 21.677 66 40
4 11 ※4 1'29.345 - 4 6.995 66 52
5 1 ※5 R 1'48.394 R 1'47.630 7 1Lap ※6 162 68
6 12 R 1'12.530 - 6 ※7 48.812 81 78
7 3 ※8 R 1'34.041 R 1'33.181 1 1:50'42.495 65 44
8 12 ※9 1'49.757 - 2 0.591 53 -
WH=Weight Handicap(kg)
R=Course Record
※1,2,3,4,5,8,9  Qualify#1:ノックアウト予選(Q1)のタイム計測 [松田選手出走]
※6 特別規則第15条により163Lapsにて終了 Start Time : 12:39'37/Finish Time : 18:25'32
※7 2015 SUPER GT Sporting Regulation(第27条1.b)危険なドライブ行為)違反によりドライビングスルーペナルティが科された[ロニー・クインタレッリ]
Point ranking
Ranking Round1 Round2 Round3 Round4 Round5 Round6 Round7 Round8 Total
5 0 20 6 8 5 5     44

Copyright © 2007-2016 Ronnie Quintarelli Official Website All Rights Reserved.