株式会社GENOVA
S Road Co Ltd.
価格.com
ラケーリジャパン株式会社
MS JAPAN
株式会社エアージェイ
K.Tsuruoka
ユタニ工業株式会社
Dam Craft
王子サーモン
ITALIANS FOR TOHOKU
PRAY FOR ITALY
チェカレンジャーブログ
Ronnie Quintarelli Official Website for mobile
twitter
Instagram
resulttitle
2015 AUTOBACS SUPER GT
2015 AUTOBACS SUPER GT Round4 FUJI GT 300km RACE
富士スピードウェイ/ Course Lengh : 4.563 Km
Lining-up for round 4 of the 2015 Super GT Championship at Fuji, Ronnie Quintarelli scored valuable points in fourth place, recovering to the top-5 after a tough qualifying session on Saturday.
Due to the amount of points scored by the Italian-Japanese pairing, Quintarelli's car was fitted with an air restrictor which heavily affected the #1 Nissan GT-R fielded by the NISMO Official Team.

富士スピードウェイで開催された2015 SUPER GT第4戦、ロニークインタレッリは、土曜日の厳しい予選から、決勝では上位5台に返り咲く走りを見せて、第4位という結果で貴重なポイントを獲得した。
今回のレースでは、イタリア人&日本人コンビの1号車は、前戦までのシリーズポイント獲得数により、ウェイトハンデと燃料リストリクターによる厳しい条件を跳ね返しての4位だった。
2015/08/08(土)
Qualifying [Knockout]
Weather : Fine | Course : Dry

The Super GT Championship made it back on-track for the second time this season at the fast Fuji circuit coming back to Japan after the previous outing in Thailand.
After having won in round 2, Ronnie Quintarelli and Tsugio Matsuda were forced to deal with the air restrictor fitted to their car as a compensation for their recent results.
As a consequence, the Japanese racer struggled in qualifying. He had to settle out of the Q2 session in 11th.

2015SUPER GT、タイでの海外戦から日本に戻ってきた次の舞台は、今シーズン2度目となる富士スピードウェイでの決戦。
5月に開催された第2戦の富士で優勝したロニー&松田次生コンビは、ここまでのポイント獲得数により、ウェイトハンデ50kg分の燃料リストリクターで臨むことになる。
Q1は松田次生選手が担当するが、予想以上の苦戦を強いられ11番手、Q1敗退となってしまった。


2015/08/09(日)
Race Weather : Fine | Course : Dry
Distance 66 Laps / 301.158 km

Matsuda drove in the opening stint, delivering a solid run and improving his position despite the reduced top speed on the straight.
At the pit-stop, the Nismo team did a phenomenal job with Ronnie rejoining the pack in third.
The hard-charging Italian moved past the #36 Lexus and tried to go for the lead on the #38 car.
Once again, the restrictor hampered his effort, preventing him from completing his attack.
Then in the closing stages, the tires quickly dropped off on the #1 car costing Ronnie valuable ground.
He wounded up in 4th, collecting good points for the championship ahead of the next round, the challenging 1000-KM race in Suzuka, scheduled for the next 29th and 30th of August.

Ronnie Quintarelli
"After a tough qualifying session, Matsuda drove in the first part of the race and had a really positive stint, recovering up to the 7th position.
Then, thanks to the great job done by the team at the pit-stop, I got back on-track in third.
The car and tires worked perfectly at that point so I was able to pass the #36 car smoothly, taking second place.
After a few laps I caught the leading Lexus and tried to overtake it on the most technical part of the circuit as the restrictor was hampering our top speed on the straight.


"With 10 laps to go though, I suffered a sudden drop in terms of rear grip and with 6 laps to go the #24 Nissan, which had a really consistent pace, was able to go by so we dropped to third place.
On the last lap, with no grip at all on the rear end of the car, it was just impossible to keep the #12 GT-R at bay so we ended up fourth.
Although it felt bitter not to be on the podium, the 8 points we scored enabled us to climb up to the second spot in standings, boosting our preparations for the next round at Suzuka".
松田選手がスタートドライバーで決勝が始まった。混戦状態の中で安定しつつもキレのある走りで、燃料リストリクターによりストレートスピードが伸びないにも関わらず、順位をあげていく松田選手。
ピットストップでは、ニスモチームの素晴らしいチームワーク作業のおかげで、ステアリングを握ったロニーは3番手でレースに戻る。
前方を走る36号車レクサスをかわしたロニーは、トップを快走する38号車に向かって一気に詰め寄る、強気な走りを見せる。
ロニーの頑張りでテールトゥノーズにはなるものの、燃料リストリクターにより、どうしても直線で離されてしまう状況が数周にわたって続く。
そのうちに1号車のタイヤグリップが突如落ち始めてしまったことで、最終的に4位でレースを終えた。
貴重なポイントを獲得した結果、シリーズランキング2位で、8月29日・30日鈴鹿で開催される1000kmレースを戦うことになる。

Ronnie Quintarelli
「厳しい予選からむかえた決勝。最初のスティント担当の松田選手が素晴らしい走りで7位でピットインして、チームスタッフが最高のピット作業で僕を送り出してくれて3番手でレースに戻れた。
マシンもタイヤも完璧だったので、前を走る36号車はスムースにオーバーテイクすることができた。その数周後には、トップを走る38号車に追いつくことができ追い抜こうと試みたけれど、一番の抜きどころでもあるストレートから第1コーナーまでが、燃料リストリクターの厳しさでトップスピードに差が出てしまった。
残り10周のころ、リアタイヤのグリップが突如落ちて、残り6周で速いラップタイムでコンスタントに走っていた24号車に抜かされ、僕は3位になった。
そして最終ラップ、リアタイヤのグリップが完全になくなってしまったマシンでは、追い抜くことはおろか、ポジションをキープすることもできず、GT-Rの12号車にも追い越され、チェッカーを目前にして4位となってしまった。
僕の誕生日でもあった今日、表彰台にあがれなかったことは残念だったけど、貴重な8ポイントを獲得してランキング2位になれたことは嬉しいです。次戦の鈴鹿に向けて準備して、最高の状態で臨みたいと思います。
GT500 class
No.1 MOTUL AUTECH GT-R
Round Qualify Pos. Qualify#1 Qualify#2 Race/Pos. Time/Diff. Lap WH
1 4 ※1 1'19.814 1'19.522 13 16Laps 66 -
2 1 ※2 R 1'28.022 R 1'27.552 1 2:56'20.204 110 -
3 13 ※3 1'26.213 - 5 21.677 66 40
4 11 ※4 1'29.345 - 4 6.995 66 52
5 1 ※5 R 1'48.394 R 1'47.630 7 1Lap ※6 162 68
6 12 R 1'12.530 - 6 ※7 48.812 81 78
7 3 ※8 R 1'34.041 R 1'33.181 1 1:50'42.495 65 44
8 12 ※9 1'49.757 - 2 0.591 53 -
WH=Weight Handicap(kg)
R=Course Record
※1,2,3,4,5,8,9  Qualify#1:ノックアウト予選(Q1)のタイム計測 [松田選手出走]
※6 特別規則第15条により163Lapsにて終了 Start Time : 12:39'37/Finish Time : 18:25'32
※7 2015 SUPER GT Sporting Regulation(第27条1.b)危険なドライブ行為)違反によりドライビングスルーペナルティが科された[ロニー・クインタレッリ]
Point ranking
Ranking Round1 Round2 Round3 Round4 Round5 Round6 Round7 Round8 Total
2 0 20 6 8         34

Copyright © 2007-2016 Ronnie Quintarelli Official Website All Rights Reserved.