株式会社GENOVA
S Road Co Ltd.
価格.com
ラケーリジャパン株式会社
MS JAPAN
株式会社エアージェイ
ユタニ工業株式会社
Dam Craft
王子サーモン
ITALIANS FOR TOHOKU
PRAY FOR ITALY
チェカレンジャーブログ
Ronnie Quintarelli Official Website for mobile
twitter
Instagram
resulttitle
2015 AUTOBACS SUPER GT
2015 AUTOBACS SUPER GT Round3 BURIRAM SUPER GT RACE
Chang International Circuit / Course Length : 4.554 km
Ronnie Quintarelli was able to capture a top-5 finish in the third round of the 2015 SUPER GT championship at Buriram.
Lining-up in Thailand together with the Nismo Official Team and team-mate Tsugio Matsuda, Ronnie was called to a prompt recovery after some qualifying woes and accomplished the task, impressing for pace and consistency.

タイ・ブリーラムで開催されたSUPER GT第3戦は5位入賞という結果に終わった。
タイ戦のラインアップは今までと変更はなく、ニスモワークスチームで松田選手がチームメイトとなる。 残念な予選結果の後でもロニーは素早く機敏なリカバリーを見せ、自分の仕事をきっちりとやり遂げ、速さと安定さを証明した。
2015/06/20(土)
Qualifying [Konckout]
Weather : Fine | Course : Dry

Ending a long break that followed the previous round at Fuji, the Super GT Championship was back on-track at the Chang International Circuit in Thailand.
In qualifying, a change of weather compared to practice surprised the teams and drivers.
With asphalt temperatures in excess of 60°C, Matsuda struggled for grip and was knocked out in Q1.
For the first time since 2013, Ronnie was prevented from driving in the Q2 session and had to content with a spot in row 7.

前戦の富士から1ヶ月以上が経ち、SUPER GT第3戦はタイのチャーン・インターナショナル・サーキットに舞台を移した。
予選では、午前中に行われたフリー走行の温度差との大きな違いに、各ドライバーとチームは驚くことになる。
路面温度は60℃という熱さで、松田選手はタイヤグリップに苦労し、Q1敗退という残念な結果となった。
ロニーにとっては、Q2を走ることができないのは実に2013年以来のことだった。


2015/06/21(日)
Race Weather : Fine | Course : Dry
Distance 66 Laps / 300.564 km

At the beginning of the race, Ronnie started a phenomenal recovery.
Lap after lap, he passed several of his rivals, moving up to the 7th position and delivering a great battle with fellow countryman Andrea Caldarelli.
Once the Lexus driver came back to the pits, Ronnie managed to log the fastest lap of the race which was enough for his team mate to gain two spots during the pit-stop situations.
After recovering up to fourth place, Matsuda got stuck behind a slower car, and while trying to find a way past was caught in a four-car battle that eventually forced him to settle for 5th place.
The pairing of Quintarelli and Matsuda is now third in standings, just 4 points off the championship lead.
Ronnie will now enjoy a small break, visiting Italy to attend a car exhibition in his native Verona.

Ronnie Quintarelli
"It has been a difficult race but it is good to have ended up into the top-5 after starting so far back on the grid.
I was disappointed for not being able to drive in Q2 so I gave my 100 percent right from the start, passing car after car.
Then I battled with Caldarelli who has been really good in defending himself.
So when he went back to the pits, I pushed really hard, setting the fastest lap of the race and helping my team-mate to exit the pit-lane in front.
"The final stint was intense.
Unfortunately, Matsuda was blocked by a slower car for four laps and that cost him two positions.
At first, I was disappointed to have missed a good chance to be on the podium, but we managed to score good points for the championship and the next round will be again at Fuji where we won back in May.
So let's focus on that. Also, I will be back in Italy this weekend as my fans club is promoting the third edition of the "Motori in Piazza" exhibition.
I just couldn't miss it!"
決勝レース序盤、ロニーの快進撃がすぐに始まった。
周回数を重ねるごとに、ロニーは前を走るライバル勢をオーバーテイクし、13番手から7番手まで順位をあげて、追いついた先にはアンドレア・カルダレッリ選手がいて、ここから長いバトルが始まる。
そしてレクサスが先にピットインして、前が開けた状況になったロニーはファステストラップを出しながらプッシュした。ライバル車が戻ったときには、2つ差を広げることができ、後半スティントを走るチームメイト松田選手にとって少し楽な状況になった。
4番手まで順位をあげた後、ラップタイムが遅いマシンの後ろにつき、そこから追い抜くことができずに苦労していた。どうにか追い抜くためスペースを見つけようとしていたが、その間に4台のバトルにまで発展してしまい、激闘の末、1つ順位を落としてしまい、5位でレースを終えた。
タイ戦終了後のランキングは3位、トップとはたったの4ポイント。
タイから戻った後は、ロニーは短い休暇をヴェローナで過ごす予定だ。地元ヴェローナでは、毎年恒例となっている、車のイベントも開催される予定です。

Ronnie Quintarelli
今回のレースは非常に難しかったですね。けれど、13番手という後方からのスタートでしたが、結果5位以内に入れて良かったと思います。
ただQ2が走れなかったことはとても残念で悔しかったので、決勝は100%の力と集中でとりあえずマシンを抜かすことだけを考えていました。
そしてカルダレッリ選手との長いバトルになるのですが、彼のディフェンスはとても上手でした。
だから彼がピットインしてから、僕はファステストラップを叩き出しながら猛プッシュしていました。そのおかげもあって、松田選手に交代したときにカルダレッリ選手の前でトラックに戻れたのだと思います。
ファイナルスティントも激しい戦いでしたね。
残念ながら、松田選手は前を走る遅いマシンにつかまってしまい、結果2つポジションを落としてしまうことになってしまった。
表彰台にあがるチャンスを失ってしまったことは非常に残念でしたが、チャンピオンシップポイントのための大切なポイントを獲得できたことは良かったと言えます。次戦は、5月に僕たちが優勝した富士でのレースになるので、そこに集中していきます。
今週末はイタリアに戻って、ファンクラブが企画・運営している「第3回モトリ・イン・ピアッツァ」のイベントに参加します。
とても楽しみですね!!
GT500 class
No.1 MOTUL AUTECH GT-R
Round Qualify Pos. Qualify#1 Qualify#2 Race/Pos. Time/Diff. Lap WH
1 4 ※1 1'19.814 1'19.522 13 16Laps 66 -
2 1 ※2 R 1'28.022 R 1'27.552 1 2:56'20.204 110 -
3 13 ※3 1'26.213 - 5 21.677 66 40
4 11 ※4 1'29.345 - 4 6.995 66 52
5 1 ※5 R 1'48.394 R 1'47.630 7 1Lap ※6 162 68
6 12 R 1'12.530 - 6 ※7 48.812 81 78
7 3 ※8 R 1'34.041 R 1'33.181 1 1:50'42.495 65 44
8 12 ※9 1'49.757 - 2 0.591 53 -
WH=Weight Handicap(kg)
R=Course Record
※1,2,3,4,5,8,9  Qualify#1:ノックアウト予選(Q1)のタイム計測 [松田選手出走]
※6 特別規則第15条により163Lapsにて終了 Start Time : 12:39'37/Finish Time : 18:25'32
※7 2015 SUPER GT Sporting Regulation(第27条1.b)危険なドライブ行為)違反によりドライビングスルーペナルティが科された[ロニー・クインタレッリ]
Point ranking
Ranking Round1 Round2 Round3 Round4 Round5 Round6 Round7 Round8 Total
3 0 20 6           26

Copyright © 2007-2016 Ronnie Quintarelli Official Website All Rights Reserved.