株式会社GENOVA
S Road Co Ltd.
価格.com
ラケーリジャパン株式会社
MS JAPAN
株式会社エアージェイ
ユタニ工業株式会社
Dam Craft
王子サーモン
ITALIANS FOR TOHOKU
PRAY FOR ITALY
チェカレンジャーブログ
Ronnie Quintarelli Official Website for mobile
twitter
Instagram
resulttitle
2015 AUTOBACS SUPER GT
2015 AUTOBACS SUPER GT Round2 FUJI GT 500 Km RACE
富士スピードウェイ/ Course Lengh : 4.563 Km
After having set a new track record to take the pole in qualifying, Ronnie Quintarelli captured a spectacular win in the second round of the 2015 Super GT Championship at Fuji.
Together with team-mate Tsugio Matsuda and the whole Nismo Official Team, the Italian prevailed in an all-Nissan challenge with rivals Joao Paulo de Oliveira and Hironobu Yasuda.

予選でコースレコードをたたき出したロニークインタレッリは、SUPER GT第2戦の富士500kmの決勝で、ポールポジションからスタートし、首位を守りきり、トップでチェッカーを受けた。まさに完全勝利と言える完璧なレースだった。
チームメイト松田選手とニスモチーム全スタッフが一丸となって、イタリア人ドライバーのロニーは、日産チームの中のライバルであった12号車、ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ選手と安田裕信選手に打ち勝った。
2015/05/02(土)
Qualifying[Knockout]
Weather : Fine | Course : Dry

Coming back from a short trip to Italy for an important event held in his native Verona, Ronnie was in great shape straight away at Fuji, and was ready to fight for his maiden win on a previously ill-fated venue for him.
In qualifying, after having inherited the #1 Nissan from team-mate Matsuda, who had ended up out front in the Q1 segment, Ronnie logged a supreme lap in Q2, taking the pole and destroying the previous track record.
The qualifying performance also laid great foundations for the 500-Km race scheduled for Sunday.

ロニーは、故郷ヴェローナでの重要なイベントへの出席のため、超短期間のイタリア滞在から帰国して、すぐに富士へと向かった。開幕戦トラブルでの残念な結果もあり、今シーズン初勝利を心に決めていた。
予選Q1では、チームメイト松田選手がトップタイムを出し、Q2のロニーにバトンを繋ぐ。そしてロニーのアタック、富士のレコードタイムより1秒以上も縮め、コースレコード更新。
そしてポールポジションという最高の形で、日曜日の決勝500kmレースへ臨むこととなった。


2015/05/03(日)
Race Weather : Fine | Course : Dry
Distance 110 Laps / 501.930 km

After taking the lead from the pole, Quintarelli headed the field for the whole first stint, keeping the same-powered Joao Paulo De Oliveira at bay with a sensational run through the traffic generated by the lapped cars. Delivering a fast and consistent run and facing some critical situations in the best possible way, he came back to the pits to hand the wheel to Matsuda.
The Japanese quickly reclaimed the point with a spectacular outside move on Hironobu Yasuda and continued to lead.
Ronnie made it back to the cockpit for the final stint and let no room for surprises, ending up with a margin of more than 11 seconds.
So he was able to break his drought at Fuji, and also took his revenge for the small mechanical issue that stopped him while leading round 1 at Okayama.
The Quintarelli-Matsuda duo will now be back on-track for the third round of Super GT on the 20th and 21st of June in Thailand, at Buriram.

Ronnie Quintarelli
"I'm delighted for having scored my first win in Super GT at Fuji. In qualifying, I set a stunning pole position with a lap of 1:27.55 that also enabled me to beat the previous track record by 1.2 seconds.
Then on Race Day everything played out well since the beginning although the #12 Calsonic Nissan kept chasing us so we couldn't afford any mistake. After my early stint, Matsuda managed to hold the lead of the race and built a 5-second margin. The last stop was great, as well as the first, and I put together a perfect out lap so I stayed in front even when our rivals came out of the pit-lane.
I want to thank the team for the great car they provided us, Michelin for their phenomenal tires, and all the people that worked with us or supported us throughout the weekend.
I also thank all the fans that showed up at Fuji to cheer for us. In two days, 91.500 people joined us setting a new record for the Japanese races of Super GT".
決勝レース。ロニーが第1スティントを担当する。ポールからスタートするが、40周の第1スティントほぼすべて、同等の速さを見せる12号車オリベイラ選手が始終、首位を走るロニーの真後ろでチャンスを伺っていた。300クラスのマシン等、トラフィックで危ない瞬間もあったが、ロニーのコンスタントで正確な走りで、トップのまま松田選手にステアリングを渡した。
ピット作業により、12号車安田裕信選手が1号車の前に出るが、安田選手が1コーナーでコースオフ、その間に松田選手が首位を奪い返した。
首位を守った松田選手は第3スティント担当のロニーにマシンを託す。第3スティントでは首位を独走する走りを見せたロニー、2位と11秒の差をつけトップでチェッカーを受けた。
SUPER GTでは、ロニーにとって富士での優勝は初となる。また開幕戦の岡山でマシントラブルに泣いた悔しさをリベンジできた。
クインタレッリ&松田の最強コンビは、6月20日・21日にタイで開催されるSUPER GT第3戦で連勝を狙う。

Ronnie Quintarelli
SUPER GTで初めて富士で優勝できて、最高の気分です。そして、ポールポジションを獲っただけでなく、富士のコースレコードを1.2秒も縮めることができて、1分27秒55のコースレコードを出すことができました。
決勝では、スタートから始終、12号車のカルソニックが真後ろに迫っていて、一つのミスも許されない状況でした。僕の第1スティントが終わり、第2スティントの松田選手が素晴らしい走りで、2位と約5秒の差をつけてトップのまま戻ってきました。1回目、2回目共にピット作業は完璧で、僕も完璧なアウトラップでドライブできたので、ライバルのマシンがピット作業を終えた後も、トップの座を譲る事はありませんでした。
素晴らしいマシンを用意してくれたチーム、最高のタイヤを供給してくれたミシュラン、そして僕たちと一緒に頑張ってくれたみなさん、応援してくれたみなさん、本当にありがとうございました。そして富士に応援しにきてくれたファンのみなさん、ありがとうございました。
レースの週末、延べ91,500人の観客が来場してくださり、JGTC/SUPER GT開幕以来、最高来場数でした。
GT500 class
No.1 MOTUL AUTECH GT-R
Round Qualify Pos. Qualify#1 Qualify#2 Race/Pos. Time/Diff. Lap WH
1 4 ※1 1'19.814 1'19.522 13 16Laps 66 -
2 1 ※2 R 1'28.022 R 1'27.552 1 2:56'20.204 110 -
3 13 ※3 1'26.213 - 5 21.677 66 40
4 11 ※4 1'29.345 - 4 6.995 66 52
5 1 ※5 R 1'48.394 R 1'47.630 7 1Lap ※6 162 68
6 12 R 1'12.530 - 6 ※7 48.812 81 78
7 3 ※8 R 1'34.041 R 1'33.181 1 1:50'42.495 65 44
8 12 ※9 1'49.757 - 2 0.591 53 -
WH=Weight Handicap(kg)
R=Course Record
※1,2,3,4,5,8,9  Qualify#1:ノックアウト予選(Q1)のタイム計測 [松田選手出走]
※6 特別規則第15条により163Lapsにて終了 Start Time : 12:39'37/Finish Time : 18:25'32
※7 2015 SUPER GT Sporting Regulation(第27条1.b)危険なドライブ行為)違反によりドライビングスルーペナルティが科された[ロニー・クインタレッリ]
Point ranking
Ranking Round1 Round2 Round3 Round4 Round5 Round6 Round7 Round8 Total
2 0 20             20

Copyright © 2007-2016 Ronnie Quintarelli Official Website All Rights Reserved.