株式会社GENOVA
S Road Co Ltd.
価格.com
ラケーリジャパン株式会社
MS JAPAN
株式会社エアージェイ
K.Tsuruoka
ユタニ工業株式会社
Dam Craft
王子サーモン
ITALIANS FOR TOHOKU
PRAY FOR ITALY
チェカレンジャーブログ
Ronnie Quintarelli Official Website for mobile
twitter
Instagram
resulttitle
2014 AUTOBACS SUPER GT

Won the series championship !! Third of the driver's title !!

シリーズチャンピオン獲得 !! 3度目のドライバーズタイトル !!

2014 AUTOBACS SUPER GT Round8 MOTEGI GT 250km RACE
ツインリンクもてぎ / Course Length : 4.8013 km

2014/11/15(土)
Qualifying [Knockout]
Q1 Weather : Fine | Course : Dry
Q2 Weather : Fine | Course : Dry

In the morning free practice, the car felt really good to drive and also the new Michelin tires introduced for this round were working very well.
All these factors gave us a lot of confident for the afternoon qualify.
Also this time my teammate Matsuda-san was running in the knockout session 1 with myself, driving in the second one.
Matsuda-san did his job in the first session ending in second position giving me the chance to drive in the Q2.
Before seating in the car I was really focused to be ready in the best mental and physical condition because I really wanted to get the pole position that was extremely important for us if we wanted to keep the championship victory chances alive.
When I pit-out to qualify, I build up the pace to attack the time on my third attack lap and as I was expected, this strategy worked well thanks to a perfect grip from tires that permitted me to have a great.
Thanks to my seventh pole position in SUPER GT I could also record the new curse record of Motegi course.
A perfect qualify to start the very important Sunday race.

朝のフリー走行でのマシンの調子は良くて、この最終戦のために用意された新しいミシュランタイヤも良い働きをしてくれていた。
これら全ての要素が、僕たちに予選へ向けての自信をつけてくれた。
これまで同様、チームメイト松田選手がノックアウト予選1回目、僕が2回目を担当することになった。松田選手の素晴らしい走りのおかげで予選1回目を2番手で通過し、僕にバトンタッチをする。
マシンに乗る前、ベストなメンタルで臨むため集中力を高めつつ、身体も準備をしていた。なぜなら、自力チャンピオンの可能性がない僕たちには、チャンピオンを獲るためには優勝することが必須。そのためには、まずポールポジションを獲得することが非常に重要だったからです。
ノックアウト予選2回目がスタート、僕はピットアウトをして、3周目にタイムアタックをするためのペースを作っていた。タイヤのグリップが完璧だったおかげで、僕の作戦はうまくいった。
ポールポジション獲得!僕のSUPER GT人生で7度目のポールポジションで、ツインリンク茂木のコースレコードを出すことができた。
明日の大事な決勝に向けて、最高のスタートがきれました。


2014/11/16(日)
Race Weather : Fine | Course : Dry
Distance 53 Laps / 254.473 km

The atmosphere here at Motegi was amazing today, thanks to a sunny weather and so many spectators coming at the circuit to watch the race.
For the most important race of the season I was in charge to start with my teammate Matsuda-san driving the second stint.
When the red lights went off everything went well and I could push very hard straight away making a good margin to the car following us in second position.
When I pit-in for the pit-stop and driver change around lap thirty, we had more than thirty seconds margin to the car behind us and Matsuda-san had just to keep calm and to drive the car to the end.
After I got out from the car, I was watching the second stint from the Nismo Motorhome and those laps till the end were really long to pass…
Finally, after about one hour and half of race, the checker-flag was waved to us and we could get the second victory of the season and more of that, to win the 2014 season SUPER GT Championship!!
To win the title in the thirty anniversary of Nismo since the company was established is something really great for me.
For my self is the third title in SUPER GT in four seasons, and I’m happy to hear I’m the first foreign driver to win three titles in SUPER GT.
This is a great achievement for me and I’m still very motivated to try to challenge and to get more titles here in this fantastic series.
The last words are to thanks NISSAN, Nismo team, Michelin, my family and all the people and fans that are always working hard and supporting us.
Thanks a lot to everybody for the strong support in this fantastic season.

晴天の青空の下、驚くほど大勢のお客さんが茂木で行われる最終戦のために駆けつけてくれたおかげで、サーキットの雰囲気は素晴らしかった。
今シーズンで最も重要なレースは、僕が第1スティント担当、松田選手が第2スティント担当になった。
フォーメションラップが終わり、赤いシグナルが消えて決勝スタート。最高のスタートを決めて、2番手以降のマシンとのマージンを築くことに成功する。
30周目あたりにドライバー交代及びピット作業のためピットイン。この時点で、後ろを走るマシンとは30秒以上の差があったので、松田選手は落ち着いて最後まで走りきることに集中すればよい状況だった。
僕はマシンから降りた後は、ニスモのモーターホームで松田選手がドライブする第2スティントを見ていたが、チェッカーまでの時間が本当に長く感じた。
およそ1時間半のレースの末、僕たちに最初のチェッカーフラッグがふられて、23号車は今シーズン2回目の優勝を果たし、そして何よりも!2014年SUPER GT500クラスのシリーズチャンピオンになった!!
ニスモ創立30周年の年にタイトルを獲れたことは格別な想いです。
そして僕自身も、4年の間に3度のタイトルを獲れたことで、タイトル獲得数最多記録タイに並び、外国人では初だということも、とても感慨深いです。
チャンピオン獲得という偉業を成し遂げたわけですが、レベルが高くアグレッシブな最高のSUPER GTシリーズで、僕はまだまだタイトルを獲っていきたいという気持ちでいっぱいです。
最後に、日産、ニスモチーム、ミシュラン、僕の家族、応援し支えてくれている全ての人に感謝の気持ちを伝えたいです。みなさんのおかげで、チャンピオンを獲れて素晴らしいシーズンになりました。本当にありがとうございました。

Thank you for your supports !!

御声援ありがとうございました!!

Copyright © 2007-2016 Ronnie Quintarelli Official Website All Rights Reserved.