株式会社GENOVA
S Road Co Ltd.
価格.com
ラケーリジャパン株式会社
MS JAPAN
株式会社エアージェイ
ユタニ工業株式会社
Dam Craft
王子サーモン
ITALIANS FOR TOHOKU
PRAY FOR ITALY
チェカレンジャーブログ
Ronnie Quintarelli Official Website for mobile
twitter
Instagram
resulttitle
2014 AUTOBACS SUPER GT
2014 AUTOBACS SUPER GT Round7 BURIRAM UNITED SUPER GT RACE
Chang International Circuit / Course Length : 4.554 km
2014/10/04(土)
Qualifying [Konckout]
Weather : Fine | Course : Dry

I’m very happy for the third position we got in today’s qualify, considering our handicap weight we have to carry on the car in this weekend.
The car feels really good to drive and also our Michelin tires are working well, a very important point in this very hot condition with a high track temperature.
The only point I’m a bit worry for tomorrow’s race is our lack of straight speed, having a smaller engine restrictors in the car due to the SUPER GT handicap system regulation.
Even that, I will keep fighting hard, trying to do my best in the critical moments of the race during the battles with other cars.
The target for us for tomorrow’s race is to try to finish in front of our rival cars for the championship, possibly with a podium that will be like a victory for us.
We will do our best!!

今日の予選結果。僕たちのウェイトハンデを考えると、3番手という結果は上出来だと思います。
タイの暑い気温と高い路面温度の状態で、マシンも調子がよく、タイヤもいい働きをしてくれたのは、とても重要なポイントです。
明日の決勝に向けて唯一少し心配なことと言えば、直線のスピードが劣っていることです。この理由は、SUPER GTハンディキャップシステムのレギュレーションにより、僕たち23号車はエンジンリストリクターが縮小されているからです。
そうだとしても、他マシンとのバトルで精一杯の力で戦っていきます。
明日の決勝での僕たちの目標は、チャンピオンシップためにライバル勢より前でチェッカーを受ける事です。もし表彰台に立てるなら、それは僕たちにとって優勝のように大きなことです。
一生懸命頑張ります!!


2014/10/05(日)
Race Weather : Fine | Course : Dry
Distance 66 Laps / 300.564 km

In the opening lap of the race I really pushed hard with trying to be focused to defend my third position, especially in the long straight after the first corner, the most crucial point for us considering our small engine restrictor.
Thanks to a good car balance and tires grip I could push hard in the first part of the race, but I couldn’t follow the two cars in front of us that were running at very high pace, also thanks to their really good handicap weight condition.
In the middle of my stint I was having a very hard battle with car #8, and after a few risky overtaking battles between us, I decided to think about the championship, letting this car to go, also because they were a bit quicker than us.
Just a few laps before the pit stop, the car #24 that was in second position from the start of the race had some transmission trouble and they suddenly decreased their pace.
On lap thirty-two, I could overtake this car gaining the third place, position I was keeping when I entered the pit on lap thirty three for the route-in pit-stop operation.
This time our pit stop was not perfect as usual, losing many precious seconds for a problem one of our mechanic had with the jack down air hose.
Because of this seconds lost, my teammate Matsuda-san found himself in fifth position when he entered the track, with a few cars very closed behind.
During the battle with other cars, Matsuda-san had a contact with a GT300 class car and because of this accident we got a drive through penalty.
This was really bad for us, and after Matsuda-san pit out he found himself on eighth position.
In the last lap of the race, in the battle for seventh position with car #1, there was a contact, ending with a spin on exit of turn 1 and a drop down to P10 at the checker flag.
The final result of this race is something very cruel for us, after seeing how things were going until the middle of the race.
We now dropped from first to third position in the championship ranking, with one race remaining.
For sure, nobody is giving up inside the team, and we will try to be ready in the best condition as possible for the last round of Motegi that will be held on November 14th and 15th.
For the last round of the season, the handicap weight will be reset for all cars, and finally we can fight with the same car conditions with the other cars, showing our full potential.
I’m really looking forward for Motegi round and for the strong support of all our fans.

決勝がスタートして、僕は3番手を死守することに集中しながら一生懸命に走った。僕たちのマシンはエンジンリストリクターが小さいため、特に1コーナー後の長いストレートは細心の注意を払いながら走らなくてはいけない、重要なポイントだからだ。
マシンのバランスもタイヤのグリップも良かったおかげで、序盤は攻めの走りができたけど、前を走る2台のペースは速すぎるし、ウェイトハンデの差もあって、追いついていくのは無理でした。
僕のスティントの中盤、8号車との激しいバトルがあり、いくつかのスリリングなバトルの後、僕はチャンピオンシップのことを考えて8号車を無理して抑えず、前に行かせることにしました。それに8号車の方が若干速かった事もあります。
ピットストップの数周前、スタートからずっと2番手で走行していた24号車がトランスミッションのトラブルで、突如ペースを落とし始めました。
32周目、ペースを落とした24号車を抜き、順位を3番手に戻し、ピットインする33周目までその順位を守りました。
いつもと違って、今回の僕たちのピット作業は完璧ではありませんでした。メカニックの1人が担当する、ジャッキダウンのときのエアホースにトラブルが出てしまい、貴重な数秒を失ってしまったのです。
この数秒をロスした事で、チームメイト松田選手がピットアウトした時点で5番手、すぐ後ろには数台のマシンが走っている、予定していた場所よりもよくない場所でコースインすることになってしまったのだ。
他のマシンとバトルしている間、運悪くGT300クラスのマシンと接触してしまったことで痛恨のドライブスルーペナルティを受けてしまった。
これはチームにとって最悪なことで、ペナルティを消化してコースに復帰した時点で、松田選手は8番手まで落ちてしまっていた。
そして最終ラップ、1号車と7位争いをしていて1コーナー出口で接触してスピンしてしまい、さらに10位まで順位を落としてチェッカーを受けた。
レース中盤までうまくいっていたのに、最終結果を見てみると、僕たちにとって悲惨な終わり方となってしまった。
最終戦を残して、シリーズランキング首位から3位になってしまった僕たち23号車。しかし、これだけは言えます。僕たちチームの中で誰一人、チャンピオンを諦めている人はいません。11月14日・15日に茂木にて開催される最終戦へ向けて、今まで以上のベストな状態で臨めるように準備をしています。
最終戦は全マシン、ウェイトハンデはなし。みんなが同じ条件で戦うことができ、僕たちのすべてのポテンシャルが発揮できるレースになります。
最終戦、ファンたちの応援を力にかえて、悔いの残らない最高のレースをしてチャンピオンを獲りにいきます。

Copyright © 2007-2016 Ronnie Quintarelli Official Website All Rights Reserved.