株式会社GENOVA
S Road Co Ltd.
価格.com
ラケーリジャパン株式会社
MS JAPAN
株式会社エアージェイ
K.Tsuruoka
ユタニ工業株式会社
Dam Craft
王子サーモン
ITALIANS FOR TOHOKU
PRAY FOR ITALY
チェカレンジャーブログ
Ronnie Quintarelli Official Website for mobile
twitter
Instagram
resulttitle
2014 AUTOBACS SUPER GT
2014 AUTOBACS SUPER GT Round6 43rd International SUZUKA 1000km RACE
鈴鹿サーキット / Course Length : 5.807 km
2014/08/30(土)
Qualifying [Konckout]
Weather : Fine | Course : Dry

Before coming here at Suzuka, considering the 34Kg handicap weight and smaller restrictor we had to carry in the car, our goal for this race was to finish at least in 4th position, getting over an overall fifty championship ranking points in order to have a smaller restrictor but almost no handy weight in the car for the next Thailand round, according to the SUPER GT regulation,
Over any expectation, already from the Saturday morning free practice the car felt really amazing to drive, thanks to a great job by the Nismo team and Michelin staff to prepare a great a car and tires.
Also this time I was in charge to drive in the qualify knock-out session 2 and after setting the quickest lap time in the morning free practice I was really motivated to push hard trying to challenge the pole position.
Before pitting out I decided to build up the space to be ready to attack and challenge the time in my second flying lap.
In this target lap, I had a great feeling from both, car and tires through sector one, marking the quickest sector 1 time; But, when I arrived at degner 1 curve, I used too much the inside curb having a huge bottoming from the car coursing out the track a little bit and losing a lot of time.
Then, I decided to abort this lap cooling down the tires trying to push again from the next last third lap.
In that lap the peak grip from tires was already gone and even I pushed very hard the lap time I got was just the third quickest one.
I’m very frustrated because I didn’t get the pole position today, but the third position is still a good result to start the long 1000Km race of tomorrow and to fight for the victory.

鈴鹿に入る前、34kgのウェイトハンデとリストリクターを絞られていることを考慮すると、僕たちの目標は少なくとも4位以内になってシリーズポイント50ポイント以上を獲り、SUPER GTレギュレーションにより、次のタイ戦でリストリクターを絞られてでも、ウェイトハンデをほぼゼロの状態にもっていくことです。
ニスモチームとミシュランスタッフが最高のマシンとタイヤを準備してくれたおかげで、土曜日の朝のフリー走行から、マシンをドライブした感触が予想以上に良かった。
朝のフリー走行で最速タイムを出した僕は、今回もノックアウト予選2回目の担当だったので、ポールポジションを獲得するべく、モチベーションも最高潮に達していた。
ピットアウトする前、アタック準備のためのスペースを作り、2周目にアタックチャレンジをしようと決めていた。
そしてアタックラップ。セクター1までマシンとタイヤ両方とも素晴らしい感触で、セクター1最速タイムを出した。しかしデグナーの1カーブで、縁石内側を使いすぎたせいでマシンの底がぶつかり跳ねてしまい、少しコースアウトしたことにより、大幅にタイムを落としてしまう結果になった。
そこで僕は、このアタックは諦めてタイヤをクールダウンさせて、次の3周目に再びアタックに挑戦することに決めた。
2回目のアタック。タイヤのグリップのピークはすでに過ぎており、必死にプッシュしても3番手のタイムが精一杯だった。
ポールポジションを狙えたのに、結局ポールポジション獲得できず、僕はすごくフラストレーションが溜まった予選結果だった。でも1000kmの長い決勝レース、3番手スタートでもまずまずだと考え、気持ちを入れ替えて、明日は優勝目指して頑張ります。


2014/08/31(日)
Race Weather : Fine | Course : Dry
Distance 173 Laps / 1004.611 km

At first, our strategy to drive 1000Km was to go for five stints with four pit stops.
At the start of the race everything went well but nothing I could do to keep the same pace of the two cars that were following us, cars that were much quicker than us thanks to their light handy weight and different strategy.
In the third stint of the race the car that was running in second position had an accident and we could jump up to second position.
In the fourth stint, when my teammate Matsuda-san was driving, we were leading the race at once because our strategy was based with one less pit stop compare the car #36.
Even that, we knew that it was going to be very difficult to keep then behind until the end of the race considering their race pace was much quicker than us.
In the timing they pit out after their second last pit stop and just one remaining for both cars, they were just in front of us and my teammate Matsuda-san began a battle with them for the top position.
It was a really tight and exciting battle and nice fight by Matsuda-san.
Unfortunately, the pace between the two cars was very different and Matsuda-san had to give up after a few lap staying in second position.
When I got in the car with thirty-three laps to go, my job for the last stint was to push hard but most important thing to bring back the car in second position under the checker flag.
At the end everything went well and it was second place.
A very good result for us and important eighteen points for the championship that put us on the lead of the standing with two races to go.
I would like to thanks the Nismo team staff for the amazing job during the four pit stops and Michelin tires engineers for the great tires they prepared for us.
Also a big thanks to the whole fans that came at Suzuka to support us and the ones that cheered up from many different places.
Please keep supporting us!!

僕たちは、5スティント4ピットストップという作戦をとった。
決勝がスタートして全ては順調だったが、別の作戦をとっているウェイトハンデが軽い状態で前を走る2台のペースは、僕たちよりも明らかに速く、同じようなペースで走るのは無理だった。
第3スティント。2番手を走行していたマシンのアクシデントにより、僕がドライブする23号車が2番手に上がった。
第4スティント。チームメイト松田選手がドライブしていたとき、トップ争いをしている36号車よりピットストップが1回少ないことから、一度はトップを奪うことに成功した。
それでも、僕たちより明らかにペースの速い36号車が、レース最後まで僕たちの後ろで走る状況を続けることは、とても難しいことだった。
残りピットストップ1回という状態でピットアウトした36号車と、タイヤが温まっている23号車をドライブする松田選手は、トップの座を懸けたバトルを繰り広げる。このバトルは本当に激しく、接触ギリギリのエキサイティングなバトルだった。
残念ながら、両者のペースの差は歴然で、数周2位で走った松田選手は、このバトルを諦めざるをえなかった。
そして残り33周のところで僕の最終スティント。僕の仕事は最後までプッシュし続けることだが、一番大事なことは、2位のポジションのままチェッカーフラッグを受けることだった。
最後までトラブルやアクシデントはなく、結果2位でゴールした。
2位になり18ポイントを獲得した僕たち23号車は、残り2戦の時点でシリーズランキング首位に躍り出ることができ、鈴鹿1000kmは満足できる結果でした。
4回のピット作業で素晴らしい作業をしてくれたニスモチームのスタッフたち、長丁場のレースでトラブルなしの最高のタイヤを用意してくれたミシュランのエンジニアたちに、心から感謝しています。
鈴鹿サーキットに来てくれて長時間応援し続けてくれたファンのみなさん、そして様々な場所で応援してくれたファンのみなさんにもお礼が言いたいです。ありがとうございました。
このままチャンピオン獲得まで走り続けますので、引き続き、力強い応援をよろしくお願いいたします。

Copyright © 2007-2016 Ronnie Quintarelli Official Website All Rights Reserved.