株式会社GENOVA
S Road Co Ltd.
価格.com
ラケーリジャパン株式会社
MS JAPAN
株式会社エアージェイ
K.Tsuruoka
ユタニ工業株式会社
Dam Craft
王子サーモン
ITALIANS FOR TOHOKU
PRAY FOR ITALY
チェカレンジャーブログ
Ronnie Quintarelli Official Website for mobile
twitter
Instagram
resulttitle
2014 AUTOBACS SUPER GT
2014 AUTOBACS SUPER GT Round5 FUJI GT 300km RACE
富士スピードウェイ/ Course Lengh : 4.563 Km
2014/08/09(土)
Qualifying [Knockout]
Weather : Cloudy / Rain | Course : Dry / Wet

In the qualify 1 with full dry condition my teammate Matsuda-san got a great second position giving me the chance to drive in the Q2.
Feeling the car good already from the morning free practice I was really motivated to do well and my target was to challenge the pole position.
Just in the moment the twelve minutes qualify started, it began to rain a little bit and we decided to pit out immediately with dry tires trying to get a baseline time as quick as possible.
Already in the second part of the out lap the rain was getting heavier and it was very difficult to keep the car on the track.
Then, I decided to push strongly from the first attack lap knowing this lap time could have been the key point for the qualify.
The time I got in this lap was the quickest at the stage but still with half of the session to go and most of the cars that pit-in changing the tires to wet ones.
Because of the rain was getting stronger and the cars that were running with wet tires were very quick we also decided to pit-in for tires change.
After pitting out I just had four minutes left and I had to push hard straight away.
At the end of first attack lap, thanks to a great car and grip I was the quickest on the field but unfortunately, the only car that stayed on the track with slick tires could improved my lap time in his last attack lap when the rain stopped to fell.
After a very exacting qualifies it was second position at the end, still a very positive result and front row to start the race.
I hope the weather will be not too bad on Sunday as prediction from the weather forecast and that many fans will come to watch the race.

ドライコンディションで向かえた予選1回目、チームメイト松田選手が素晴らしい走りで2位。予選2回目に進出して、次は僕の番になった。
朝のフリー走行からマシンのフィーリングはとても良くて、予選への自信が十分にあった僕は、もちろんポールポジションを獲得することを目標に臨んでいた。
予選2回目がスタートして12分経ったときに雨が降り出してきたので、僕はドライタイヤを装着して急いでピットアウトし、路面が乾いているうちに、なるべく早く基準タイムを出すようにした。
しかし、アウトラップ中盤の時点ですでに雨は強く降っており、コースアウトしないようにマシンをトラック上に留まらせることも難しくなっていた。
そこで僕は、最初のアタックラップから強く攻めるドライブをした。このラップタイムがきっと予選のキーポイントとなるだろうと思っていたからだ。
この時点では僕が出したラップタイムが最速だったけれど、多くのマシンがピットインしてウェットタイヤに変更している状況だった。
雨はさらに強く降り、ウェットタイヤを装着したマシンが次々に速いタイムで走っていたこともあり、僕もピットインしてウェットタイヤに替えることにした。
ピット作業を終えてピットアウトすると、すでに予選タイム残り4分となっていて、僕はすぐにアタックを開始しなければならなかった。
マシンとタイヤグリップのおかげもあり、最初のアタックを終えた時点でトップに立った。しかし残念ながら、1台のマシンがスリックタイヤのままアタックをしており、雨が止んだそのときの最終アタックで、僕のタイムを上回り、僕は惜しくも予選2位となってしまった。
とてもエキサイティングな予選でポールは逃してしまったが、最前列から決勝をスタートできるのは良いことだと思います。
たくさんのファンが来場すると予想される明日の決勝、天気予報では台風の影響が大きく心配されているが、どうか最悪の天候にだけはならないように祈っています。


2014/08/10(日)
Race Weather : Rain | Course : Wet
Distance 66 Laps / 301.158 km

The weather forecast was predicting big rain for the start of the race and we decided to select a full wet car set-up and soft compound tires choice.
At the green light still the rain level was not very strong and we had a normal rain start condition.
In the first few laps of the race the car and tires grip were both really good and on third lap I could overtake the car in front of me that was leading the race.
From that moment it almost stopped raining and the water level on the track decreased a lot.
In that condition I began to struggle a lot with too high tires pressure and my pace was getting slower. Nothing I could do to keep the car #18 behind me and on lap 8 I dropped down to second position.
After about three laps a very heavy rain arrived on the Fuji Speedway and in a few minutes we had huge standing water on the track and the safety car entered the track for a few laps, before the race director decided to stop the race with a red flag.
Quickly the big rain stopped and after about thirty minutes of stop the race started again behind the safety car.
At the restart I tried to do my best struggling again with a very high tires pressure issue; Somehow, I managed to pit-in on lap 34 for the driver change and pit stop operation in second position and with still everything open.
When my teammate Matsuda-san pit out he was in second position about seventeen seconds behind the leading car.
Matsuda-san kept pushing hard and thanks to a really great driving he could defend our second position from the car behind us that was the quickest on the track in the second part of the race.
With seven laps to go, again a heavy race fall down on Fuji circuit and for the second time in this race the safety car entered the track.
With seven laps to go and still a heavy rain falling down the race ended behind the safety car and it was a second position for us.
Our car and tires today were both really competitive and even our handy weight was quite heavy on the car the second position we got was a really positive result for us, also considering that we could move up to third position in the championship ranking standing.
I’m also very happy that all the Fans that came at the circuit to watch the race today with very prohibitive weather condition could see a good race with many battles between drivers.
Thanks to all of you for the strong support and see you at the end of August for the Suzuka 1000Km race.

天気予報では、決勝スタートのころは強い雨が降るという予報だったので、僕たちはフルウェット用のマシンセットアップと、ソフトコンパウンドのタイヤを選択した。
シグナルが赤から緑に変わったときは、まだ大雨というわけではなく、いわゆる普通のウェットコンディションという状態だった。
最初の数周、マシンもタイヤのグリップも非常に良く、3周目にはトップを走るマシンをオーバーテイクして、僕は首位に浮上した。
この頃には雨はほぼ止んでおり、路面の水量もかなり減っていた。この状態で、僕は強すぎるタイヤプレッシャーに苦しんでいて、ペースもかなり落ち始めていた。
18号車が迫ってくる状況で、僕は成す術がなく、8周目でトップを明け渡すこととなり、再び2位になってしまった。
そこから3周が過ぎた頃、富士スピードウェイには驚くほどの大雨が降ってきて、たった数分の間でトラックはまるで川のようになってしまうほどだった。セーフティカーが導入されて数周は様子を見ていたが、あまりの雨量にレース続行は危険とみなされ、赤旗中断となってしまった。
こんなすごい雨もすぐに止んでしまい、約30分の中断をした後、セーフティカー先導のもとレースは再開された。
再スタートでは、僕はまだ高いタイヤプレッシャーに苦しみながらも精一杯走った。どうにか34周目まで走り、2番手でピットイン。ピット作業を行う。
チームメイト松田選手に交代してピットアウトした時点での順位は2番手、トップとの差は約17秒だった。
松田選手は攻めの走りをし続けていて、そのおかげで3番手のマシンとの差はセーフティマージンとも言える距離で、後半では最速タイムをマークした。
残り7周となったとき、本日2度目の大雨が富士スピードウェイに降り始めて、セーフティカー投入も2度目となり、再びセーフティカーランとなった。
セーフティカーの後ろで、僕たち23号車は2番手でゆっくり走っていたが、強く降る雨は弱まる気配を見せず、セーフティカーランのままチェッカーフラッグを受けた。
今日のマシンもタイヤも本当に調子が良くて、重いウェイトハンディを背負った中でも、十分な走りを見せる事ができました。この難しい状況の中で2位になれたことは、ポイントランキング3位に浮上できたことをみても、満足できる結果だったと思います。
そして、大雨が何度か降る中でも富士スピードウェイに来場してくださったお客様に心から感謝しています。たくさんのバトルを見ることができたと思うので、きっと楽しんでもらえたと思います。
たくさんの応援、本当にありがとうございました。
8月末の鈴鹿1000kmレースで会いましょう。


Copyright © 2007-2016 Ronnie Quintarelli Official Website All Rights Reserved.