株式会社GENOVA
S Road Co Ltd.
価格.com
ラケーリジャパン株式会社
MS JAPAN
株式会社エアージェイ
ユタニ工業株式会社
Dam Craft
王子サーモン
ITALIANS FOR TOHOKU
PRAY FOR ITALY
チェカレンジャーブログ
Ronnie Quintarelli Official Website for mobile
twitter
Instagram
resulttitle
2014 AUTOBACS SUPER GT
2014 AUTOBACS SUPER GT Round4 SUPER GT SUGO 300Km RACE
スポーツランドSUGO/Course Length: 3.704256 Km
2014/07/19(土)
Practice
Weather : Rain | Course : Wet

赤旗中断により公式練習を終了、公式予選を翌日朝に延期



2014/07/20 (日)
Qualifying
Weather : Rain | Course : Wet

Because of the bad weather condition, the qualify session of Saturday afternoon was canceled and postponed to Sunday morning, with just one session of twenty-five minutes.
The team in-charged me to drive this session under wet condition.
Our strategy was to pit out and to attack the lap time once, then pit-in once in the middle of the session and to attack once more at the end.
The car balance felt quite good straight away, and the lap time I got in the first outing was quite ok but the track condition was improving lap by lap and we decided to pit-in as planed to change the tires.
For the last outing we choose a harder compound to have more performance with less water on the track and during my attack laps I had good feeling from both, car and tires grip.
At the end we got a third position, a very positive one considering the handicap weight we were carrying on the car.
For the race the weather forecast says very unstable condition.
We will do our best in order to survive until the end and trying to get the most points as possible.

悪天候のため、土曜日午後に予定されていた予選は決勝日の朝に延期されることになり、予選セッションは25分間という短い時間で行われる。
チームの決定により、ウェットコンディションでのドライブは僕が担当することになった。
僕たちの作戦は、ピットアウトして一度アタックをしてから、セッション真ん中あたりで再度ピットインをして、最後にもう一度アタックするというものだった。
マシンのバランスは良く、最初のアウティングで出したラップタイムはまずまずだったけれど、周回が重ねられるごとに路面コンディションは良くなっていったので、僕たちは予定通りピットインして、タイヤ交換をすることにした。
最後のアウティングでは、水の量が少なくなってきた路面でより良いパフォーマンスを出せるように、先ほどより少し固めのコンパウンドを選択して、アタックラップ中では、マシンもタイヤのグリップも両方とも好感触だった。
予選結果は3番手。マシンのウェイトハンデを考えても、まずまずのポジションだと思います
今日の天気は、一日を通して非常に不安定だといいます。
できるだけ多くのポイントを獲るためにも、最後まで無事に走りきれるように、チーム一丸となって頑張ります。


Race
Weather : Cloudy | Course : Dry
Distance 81 Laps / 300.044736 km

The condition we had for the start of the race was something I almost never experienced before with a SUPER GT car; Low track temperature and almost full wet condition with slick tires on the car for the start..
This is the choice I made after discussing with our team engineering.
For sure we knew we had some risk considering the it was the first time for us to test this new slick tires that Michelin prepared for us for this Sugo race, and also because we were the only Michelin team opting for this tires choice.
At the start of the race, already from the first corner I didn’t have any grip and I was fighting hard just trying to keep the car on the track.
In two laps I dropped from third position until P10 but having still many laps in front of us I tried to stay calm trying to catch up some grip on dry areas.
Finally, around lap eight the track improved a little bit and the tires started to work giving me the possibility for pushing.
From that moment our pace was improving gradually and around lap twenty I could move up to P6.
As strategy the team decided to make me staying out the longest time as possible and our strategy succeeded considering that after the pit stop operation my teammate Matsuda-san found him self on fourth position after entering the track.
Everything was going well for us until lap 62, point of the race the rain fall down again and penalized us a lot for lack of grip compare the competitors cars.
Dropping down around P10 on that condition, the team decided to call back to the pit Matsuda-san to switch for rain tires.
That was a good move and when Matsuda-san was back to the track and fighting for P9 with four laps to go we had an expectable mechanical failure in the car and we had to retire.
After the victory of Autopolis in the previous round we have to afford this negative result.
To prepare in the best way the next Fuji round, we will keep working hard trying to be ready in the best condition as possible.
The last few words are for all the fans that came at Sugo to support us; Thanks for the great support and sorry for the bad race we showed to all of you.
See you soon for the next SUPER GT round at Fuji Speedway.

決勝スタートのコンディションですが、こんなに低い路面温度でフルウェットの状態なのにスリックタイヤでレースをスタートするなんてことは、僕のSUPER GT経験の中ではないようなコンディションでした。
これは、チームエンジニアと話し合った後、僕が選択したことです。
ミシュランが菅生戦のために用意したこの新しいスリックタイヤで僕たちがテストするのは初めてだったし、このミシュランタイヤのチームの中で僕たちだけがこのタイヤ選択をしていたため、多少のリスクがあるのは承知していました。
レースがスタートして、1コーナーですでにグリップがまったくせず、僕はただどうにかトラックにマシンを留めさせるように、耐えることしかできなかった。
2周のうちに、僕は3番手から10番手まで順位を落としてしまったが、まだ残り周回はあるし、少しでも乾いている部分を走ってグリップ力があるうちに、できるだけ順位を上げられるように、冷静にドライブすることを心がけました。
ようやく8周あたりになると、路面状況が少し改善されて、プッシュが可能になるまでにタイヤの性能も回復してきた。
そしてここから僕らのペースは徐々に上がってきて、20周目までに6番手まで順位を戻した。
チームは僕にできるだけ第1スティントを長く走り続けるような作戦をとり、ピットアウトしたチームメイト松田選手がコースに戻ると、順位は4番手まで上がっていて、僕たちの作戦は大成功だった。
62周目まですべてが順調だったが、雨粒が再び落ちてきた時点で、他のマシンと比べると、みるみるうちにグリップが低下していってしまった。
この状況でまた10番手まで順位を落としたので、チームは松田選手にピットへ戻ってレインタイヤに交換するように指示をした。
松田選手がコースに戻り、残り4周で9番手争いをしている途中で、マシンのトラブルでそのままリタイヤとなってしまった。
前戦のオートポリスで最高の結果を出して、その勢いのまま臨んだ菅生戦だったが、このような残念な結果になってしまい悔しいです。
次の富士戦、少しのミスやトラブルが出ないように、チーム全員が最高の状態でレースウィークに入るための準備をすることが大事です。
菅生まで応援に来てくれたファンのみなさん、そしていつも応援してくれるファンのみなさん、いつもたくさんの応援ありがとうございます。今回はみなさんに良いレースを見せる事ができず、本当にごめんなさい。
次の富士戦、良いレースができるように頑張ります。

Copyright © 2007-2016 Ronnie Quintarelli Official Website All Rights Reserved.