株式会社GENOVA
S Road Co Ltd.
価格.com
ラケーリジャパン株式会社
MS JAPAN
株式会社エアージェイ
K.Tsuruoka
ユタニ工業株式会社
Dam Craft
王子サーモン
ITALIANS FOR TOHOKU
PRAY FOR ITALY
チェカレンジャーブログ
Ronnie Quintarelli Official Website for mobile
twitter
Instagram
resulttitle
2014 AUTOBACS SUPER GT
2014 AUTOBACS SUPER GT Round2 FUJI GT 500 Km RACE
富士スピードウェイ/ Course Lengh : 4.563 Km
2014/05/03(土)
Qualifying[Knockout]
Weather : Fine | Course : Dry

In the morning free practice, the feeling from the car was quite good and I was looking forward to the afternoon qualify.
In the Q1, my teammate Matsuda-san did very good job qualifying the car in P3, despite of a mechanical problem with the fuel pump in the gasoline tank.
In the final Q2 session, we couldn’t fix completely our mechanical problem and the car was not perfect during my attack lap.
The 3rd position I got was the maximum I could do today, but I believe it is still a positive result to start the long tomorrow 500Km race.
I will do my best!!

朝のフリー走行、僕たちのマシンの状態は好感触で、午後の予選を楽しみにしていた。
Q1はチームメイトの松田選手がドライブした。ガソリンタンクの給油ポンプにメカニカルトラブルがあったにも関わらず、松田選手は良い仕事をして3番手でQ2に進出した。
Q2は僕が担当だったが、Q1でのトラブルが完全に直せず、アタックラップでのマシンは完璧な状態ではなかった。
予選結果は3番手で、これが今日できる精一杯の結果だった。それでも明日の500kmロングレースへ向けては悪くないポジションからのスタートだと思います。
明日は全力で走ります!!


2014/05/04(日)
Race Weather : Fine | Course : Dry
Distance 110 Laps / 501.930 km

The great performance and feeling from the car in the Sunday morning warm-up really gave us a lot of confident for the race.
In my first stint everything went good but not excellent and I pit-in for the first pit stop and driver change in 2nd position.
Our Nismo Team Staffs did really great job with the pit stop operation and when all the Teams finished their first pit stop, we found our self leading the race with more than ten second margin to the car behind us.
Everything was going greatly until lap 68…then, a really unexpectedly trouble to our steering wheel when my Teammate Matsuda-san was driving, cut all the chances for us to fight for the victory.
In fact, Matsuda-san had to pit-in to fix the mechanical trouble before the plan and because he didn’t drive yet the minimum laps for a driver during the race, we couldn’t do at the same time the last driver chance and Matsuda-san had to pit-in later again having an extra pit stop compare other cars.
At the end of the race it was just a disappointed P8, a very frustrating result considering we could have fought for the victory today.
Mentally, it’s very hard to accept this result, but the season is still very long and I will keep myself high motivated to be ready in the best condition as possible for the next very important round of Autopolis on May 31st, June 1st.

During this Fuji race weekend, about 90.000 people came to watch the race, a record for the SUPER GT of the last decade.
Many thanks to all the Fans for the incredible strong support!!

決勝日の朝のフリー走行、マシンの感触もパフォーマンスも完璧で、決勝に向けて自信となった。
僕の第1スティント、順調に走ってはいたが朝のような完璧な状態ではなかった。それでも2番手で1回目のピットインをした。
ニスモスタッフが最高のピット作業を行ってくれたおかげで、全車両が1回目のピット作業を終えた時点で、僕たちはトップになっていた。しかも2番手とは約10秒の差がついていた。
68周目...68周目までは本当に全て順調だった。優勝を目指して快走していた松田選手のスティントで、突然予期せぬトラブルがステアリングに起きてしまったのだ。
このトラブルを直すために緊急ピットインを余儀なくされたが、松田選手はまだ最低周回数を走っていなかったため、ドライバー交代することもできず、再度そのまま松田選手がドライブを続けた。よって、通常は2回のピットインのところ、僕たちは3回ピットインをすることとなった。
決勝結果は残念で悔しい8位。優勝が目の前に見えていた中でのこの結果は、本当にフラストレーションが溜まる悔しい結果だった。
この結果を受け入れるのは本当に難しく辛かったけど、シーズンはまだ始まったばかりだし、2戦連続で不運に見舞われている僕たちにとって非常に重要な次のオートポリス戦に向けて、ベストな状態で臨めるようにモチベーションを保ちながら準備をしていきます。

今回の富士戦では約90,000人の観客がサーキットに足を運びました。SUPER GTの動員記録を更新したそうです。本当にすごいことです。
長いレースで応援し続けてくれた多くのファンのみなさん、ありがとうございました。

Copyright © 2007-2016 Ronnie Quintarelli Official Website All Rights Reserved.