株式会社GENOVA
S Road Co Ltd.
価格.com
ラケーリジャパン株式会社
MS JAPAN
株式会社エアージェイ
ユタニ工業株式会社
Dam Craft
王子サーモン
ITALIANS FOR TOHOKU
PRAY FOR ITALY
チェカレンジャーブログ
Ronnie Quintarelli Official Website for mobile
twitter
Instagram
resulttitle
2014 AUTOBACS SUPER GT
2014 AUTOBACS SUPER GT Round1 OKAYAMA GT 300km RACE
岡山国際サーキット / Course Length : 3.703 km
2014/04/05(土)
Qualifying[Knockout]
Weather : Cloudy | Course : Dry

Since the morning free practice our car felt well balance and our Michelin tires working really well.
For qualify my teammate Matsuda-san was in charge to drive in Q1.
Matsuda-san did a great job qualifying the car in P3 giving me the chance to drive the Q2 and to challenge the pole position.
When I started the engine to pit out, we had a small issue with an alarm inside the car and we lost about twenty seconds to fix it; That made me to lose the prefect time to pit out we planed for, in order to be in the right place of the track to have a clear lap.
In fact, when I began to attack there were two cars in front of me driving at very slow pace and I caught them up very quickly being stack behind them.
That made me to lose a lot of time and it was just P6 at the end, a very disappointing result considering our car potential of today.
Anyway, the race is still to be done and we will try our best tomorrow, trying hard to come back to our place challenging the victory.

僕たちのマシンとミシュランタイヤは、朝のフリー走行からよいバランスで好感触だった。
午後の予選、Q1はチームメイトの松田選手が担当した。
松田選手のドライブはとても良くて、3位でQ1を通過し、ポールポジションを獲るべくQ2担当の僕にステアリングは託された。
ピットアウトするためエンジンをかけると、車内のアラームに少し問題が出た。その問題を解消するために約20秒ほど時間がかかった。渋滞を避けてクリアラップで完璧にアタックできるように考えていたのに、この事があって、ベストなタイミングでピットアウトすることができなくなってしまった。
事実、僕のアタックラップで前に2台のマシンがスローペースで走っていて、速く走っていた僕はすぐに前車に追いついてしまい、前の車に詰まってしまう形となってしまった。
結局、大幅にタイムロスしてしまった僕は、予選6番手で明日の決勝を迎えることになった。今日の僕たちのポテンシャルを考えると、とても残念な予選結果だ。
後方からのスタートだが、明日は優勝を目標に最高の追い上げができるように頑張ります。


2014/04/06(日)
Race Weather : Cloudy/Rainy/Fine | Course : Dry/Wet/Dry
Distance 81 Laps / 299.943 km

After almost four years, I was not the driver in charge to start the race…
It was since the last round of 2010 season without a race start for me, and that was the season I had Tsugio Matsuda as teammate.
After the green lights switched off at the start, Matsuda-san jumped up immediately to P5 and in the middle of the opening lap, trying to jump up to P4 he had a contact with car #36, spinning out on the track and switching of the engine.
When he restarted he was on fifteen position and about fifty seconds behind the leading car at that stage.
Matsuda-san didn’t give up and he kept pushing very hard pitting in on lap 41 on twelve position, for the driver change and pit work operation.
When I pit out I straight away began to push very hard trying to gain time as much as possible.
Thanks to the Nismo team very quick pit stop and very good out lap pace I could find my self on eights position after all the cars completed their pit stop.
The car balance felt really well during my stint and on lap sixty-four I overtook one more car jumping up to P7.
Our pace was really competitive, definitely the quickest car on the track and that permitted me to close up the gap with the cars in front me finishing the race on P7, with thirty-one seconds gap from the leading car, gaining about nineteen seconds to them compare the first few laps of the race.
Without the accident in the opening lap of the race, we could really fight for the victory today but the strong pace we showed in the race really gives us a lot if confident for the upcoming races.
Especially our Michelin tires made a really step forward in cold condition and that is a point that give us a lot of confident this season, knowing we can now challenge our competitors in any condition.
Now I can’t wait for the next round of the season at Fuji Speedway that will be held on May 3rd and 4th.
The last few words are for the whole Nissan Fans and personal Fans that came at Okayama to support us; Thank very much for the warm and strong support.

約4年ぶりだ、僕が決勝のスタートドライバー担当ではなかったのは。
最後に後半スティント担当になったのは2010年最終戦、その当時のチームメイトも松田選手でした。
シグナルがグリーンに変わり決勝スタート。すぐに松田選手は5番手に浮上し、1週目中盤に4位を狙おうとしたときに36号車と接触してスピンしてしまい、エンジンも止まってしまった。
彼がエンジンをかけて走り出したときにはすでに最後尾になっており、トップから約50秒近く遅れていた。
そんな状況でも松田選手は諦めずにプッシュして、41周目の時点で12番手まで順位をあげ、そしてドライバー交代とピット作業のためピットインした。
ピットアウトしてすぐに、僕はできるだけタイムを稼ごうと必死にプッシュしながら走り続けた。
ニスモスタッフの迅速なピット作業のおかげで、全マシンピット作業終了時点で僕たち23号車は8番手だった。
マシンのバランスはとても良く、64周目に1台を抜き7番手に浮上した。
僕たちのペースは本当に速く、トラック上を走っているマシンの中でも最も速く走っていました。レース序盤にトップ50秒近くあった差も、7位でチェッカーを受けた時点では31秒差まで縮めることができ、19秒もタイムを稼げたことは、今日の決勝の中でよくできた点だと思います。
オープニングラップのアクシデントがなければ、僕たちは優勝争いできていたと思いますが、僕たちの速さを見せることができたし、次戦へ大きな自信と期待が持てるレースウィークになりました。
特にミシュランタイヤが寒い時期での能力が以前よりも格段に上がっていて、僕たちが手応えを感じた大きな要因となっています。これでどんな気候でも一年を通して十分に力を発揮できると、大きな自信になりました。
5月3日・4日に富士スピードウェイで開催される第2戦が待ち遠しいです。
岡山に応援に来てくれた日産ファンと僕を応援してくれたファンのみなさん、そして現地には来れなかったけど遠くから応援してくれたみなさん、温かく力強い応援をありがとうございました。

Copyright © 2007-2016 Ronnie Quintarelli Official Website All Rights Reserved.