株式会社GENOVA
S Road Co Ltd.
価格.com
ラケーリジャパン株式会社
MS JAPAN
株式会社エアージェイ
ユタニ工業株式会社
Dam Craft
王子サーモン
ITALIANS FOR TOHOKU
PRAY FOR ITALY
チェカレンジャーブログ
Ronnie Quintarelli Official Website for mobile
twitter
Instagram
side end -->
result
2013 AUTOBACS SUPER GT
2013 AUTOBACS SUPER GT Round8 MOTEGI GT 250km RACE
ツインリンクもてぎ / Course Length : 4.8013 km
2013/11/02(土)
Qualifying [Knockout]
Q1 Weather : Cloudy | Course : Dry
Q2 Weather : Cloudy | Course : Dry

In the morning free practice, we had some issues with front tires graining and lack of general grip, also due to the track condition that was not really good.
For the qualify, the Nismo team staffs did some good change in the car and also thanks to the track condition improvement the car really felt well in the qualify.
After the amazing P.1 my teammate Yanagida-san got in the knockout session 1, I pit-out for the final qualifying session clearly trying to fight for the pole position.
During my best lap I could push hard without doing any mistakes, and the lap time 1’41.50 I got was the maximum I could get out from the car. At the end of qualify it was P.3, a good position to start tomorrow’s race, trying to challenge the championship.
We will do our best.

朝のフリー走行で、僕らはフロントタイヤのささくれによるグリップ不足と、路面コンディションがあまり良くないことなど、いくつかの問題を抱えていた。
予選では、ニスモスタッフがマシンセッティングを良い方向に変えてくれて、路面コンディションも改善したこともあり、予選のマシンはとても良い状態になった。
Q1で柳田選手が素晴らしいアタックをして1位通過、Q2を担当する僕は、このままの流れでポールポジションを獲得するためピットアウトした。
アタックラップではミスもなくプッシュできたけど、1分41秒50が僕にとってのベストタイムだった。
予選結果は3番手。残念ながらポールは獲れなかったけれど、優勝してチャンピオンの可能性を残すためにも、まずまずのグリッドで明日の決勝を迎えることができます。
明日は力を出し切るのみです。精一杯頑張ります。

2013/11/03(日)
Race Weather : Cloudy | Course : Dry
Distance 53 Laps / 254.473 km

In the first few laps of the race, our pace comparing other cars around us was not really good and nothing I could do in the opening lap of the race to keep the car #38 behind us.
During my stint I was struggling a lot especially with front grip, which was one of the main reason of our lack of speed.
On lap twenty, I pit-in on fourth position for the driver change and pit stop operation, and when my teammate Yanagida-san pit-out with cold tires, he was overtaken by five cars, dropping down to P.9 at the end of his first lap.
After that Yanagida-san didn’t give up, trying his really best to come back to the top of the field, showing some great overtaking and exiting battle with other cars.
At the end of the 52 laps of the race it was just P.8, far away from the top cars and to the first position that was the only available result for us if we wanted to win the title this year.
Of course the eight position we got today and the sixth one in the championship ranking is a very disappointing one for us, and not what we were all aiming at the beginning of the season, but we have to accept it, working harder in order to prepare the new season in the best way as possible.
The next event for us will be the JAF GP at Fuji Speedway on November 23rd, 24th, race I won in the last two editions and I’m looking forward to doing well again.
The last few words are for the whole Nissan and personal Fans who cheer up for us this season; many thanks for the strong support and I’m looking forward to meeting all of you at Fuji Speedway for the JAF GP.

決勝がスタートして数ラップ、僕たちのマシンは他のマシンたちと比べて明らかにペースが遅くて、1周目で38号車を抑えきれずに前にいかれてしまったときは、どうすることもできなかった。
僕のスティントは本当に苦しかった。特に、フロントのグリップに問題があって、これがスピードの遅かった一番の原因だったと言えます。
20周目、4番手を走っていたときにピットイン。冷えたタイヤでピットアウトしたとき、柳田選手は5台のマシンにオーバーテイクされて、9番手まで順位を落としていた。
それでも、柳田選手は諦めずに素晴らしいオーバーテイクや他のマシンとバトルをしながら、どうにか上位に戻れるように精一杯走った。
僕たちがタイトルを獲得するには、優勝するしかチャンスはなかったけれど、52周のレースが終了して結果は8位、優勝とは程遠い順位だった。
最終戦の8位、シリーズランキング6位は本当に残念な結果です。シーズン開幕当初に目標としていたものとは全く違う結果になってしまいました。この事実と課題を受け入れて、新マシンで臨む来シーズンに向けて、オフシーズンにマシンを仕上げて準備をしていきたいと思います。
シリーズ戦は終了しましたが、11月23日、24日には富士スピードウェイでJAF GPが行われます。過去2年、ぼくは優勝しているので、3連覇を目指して頑張ります。
今シーズン、僕たちを応援してくれた日産ファンや僕のファンのみなさんへ、最後に一言。いつもたくさんの応援をありがとうございました。来年はチャンピオンを獲るためにもっと頑張りますので、引き続き、応援よろしくお願いします。JAF GPで会えるのを楽しみにしています。

Copyright © 2007-2016 Ronnie Quintarelli Official Website All Rights Reserved.