株式会社GENOVA
S Road Co Ltd.
価格.com
ラケーリジャパン株式会社
MS JAPAN
株式会社エアージェイ
ユタニ工業株式会社
Dam Craft
王子サーモン
ITALIANS FOR TOHOKU
PRAY FOR ITALY
チェカレンジャーブログ
Ronnie Quintarelli Official Website for mobile
twitter
Instagram
profile
2013 AUTOBACS SUPER GT
2013 AUTOBACS SUPER GT Round6 FUJI GT 300km RACE
富士スピードウェイ/ Course Lengh : 4.563 Km
2013/09/07(土)
Qualifying [Knockout]
Weather : Cloudy | Course : Dry

In the morning free practice, the car condition felt quite OK despite of the 84Kg handy weight we had to carry for this race.
Also this time, my teammate Yanagida-san was in charge to drive in the Q1 and for this round our minimum target was to try to finish in front of the cars that were just behind us with carrying almost the same handy weight like ours in the championship.
In the Q1, Yanagida-san couldn’t do better than 9th position that means we were knockout in the Q1 for just 1tenth of second.
For sure that was a disappointed result for us, also because I was looking forward to driving in the Q2, but we are still looking forward for the race also because the weather forecast is predicting some rain.
We will try our best to get the most points as possible for the championship.

84kgのウェイトを積んだ重い状態にも関わらず、朝のフリー走行でのマシンの調子はとてもよかった。
今回もチームメイトの柳田選手が予選1回目を担当。シリーズランキング首位の僕たちのすぐ後ろの、ほぼ僕たちと同じウェイトを積んだライバルたちよりも前のグリッドで予選を終えるのが、僕たちの目標だった。
予選1回目、柳田選手は9番手。Q1で脱落してしまったのだ。
これは本当に残念で悔しい結果だった。僕もQ2で予選アタックするのを楽しみにしていたから。明日の決勝は、雨が時折降るという予報なので、重いウェイトでもチャンスがあるかもしれない。
少しでも多くのポイントを獲れるように、決勝レース頑張ります。

2013/09/08(日)
Race
Weather : Rain / Cloudy | Course : Semiwet & Dry
Distance 66 Laps / 301.158 km

For the start of the race we were all expected some rain, but finally the weather forecast said the rain was delay to the second part of the race.
In the first corner after the start, things didn’t go well and I lost two positions before arriving to Turn 2; Without giving up and thanks to the good tires warm-up after the start, I kept pushing very hard with gaining one position at hairpin corner coming back to 10th position after the first lap.
In the first part of the stint our pace was very closed to the cars in front of us but nothing I could do to jump up as I was aiming.
Around lap 20, because of a dangerous crash for a GT 500 car, the safety car entered the track and the whole gap we had with the cars in front of us was reseated.
That was a big chance for us to try something with the pit-in timing strategy and the only chance we had was to pit-in for the driver change and pit-stop work on the lap before the safety car was leaving the track for the race restart.
On that lap, almost all the cars entered the pit, that means almost all the teams took the same strategy and nothing was changed in term of position.
In fact, when my teammate Yanagida-san pit-out he was around position tenth with a log stint in front of him to drive.
Finally, a light rain arrived in the middle of second stint, but all the drivers could still manage to drive with slick tires, without needed the rain ones.
In the last part of the race, thanks to some cars trouble, we could jump up to eighth position, place we kept until the checker flag.
This position is really the best we could achieve today with our car potential and the handy weight we had to carry.
Of course, before coming here at Fuji we were aiming something better but we have to accept it, working harder for the last two races of the season.
In the next race of Autopolis the handy weight will be the same of the championship points of each car, that means it will be not so effected and the real potential of each team will come out.
We will do all our best in order to be ready in the best condition as possible and we will try hard to get the most points as possible, challenging the championship in the last round of Motegi.
I’m looking forward for the last two rounds and for the strong support of all Nissan and personal fans.
Thank you very much to everybody the strong support during Fuji race weekend.

レース開始には雨が降ると思っていたけれど、予報では雨の降り始めはレース後半になるとのことだった。
決勝がスタートして1コーナーから2コーナーまでの間で、僕は2つ順位を落としてしまった。
けれど諦めずに走り続け、タイヤが温まり始めたおかげで、ヘアピンで1台を抜き、10番手にあがることができた。
スティント序盤、僕たちのペースは前を走るマシンたちとほぼ同等だったが、順位をあげることはどうしてもできなかった。
20周目あたりにGT500クラスのマシンがストレートでクラッシュをしたことで、セーフティカーが導入され、すべてのマシンのギャップはなくなり、レースはまたゼロからのリスタートとなった。
僕たちはピットインのタイミングで少しでも有利に立てるようにと、セーフティカーが消えてピットオープンしたと同時にピットインをして、ドライバー交換とピット作業をするしかチャンスはなかった。しかし、ほぼ全マシンが僕たちと同様、この周にピット作業を済ませたことで、ピットイン前と何も変わらず、僕たちが優位になることはなかった。事実、柳田選手がピットアウトした時点の順位は10番手で、この順位でロングスティントをドライブしなければならなかった。
後半のスティントの中盤、ようやく雨が降り始めた。しかし、どのマシンもスリックタイヤでどうにかドライブすることができたので、レインタイヤに替えなくてはいけない状況には残念ながらならなかった。
他のマシンのトラブルがあったおかげで、レース終盤には8番手だった僕たちは、この順位のままチェッカーを受けた。
マシンのポテンシャルとウェイトハンデで、僕たちにはこの結果がいっぱいいっぱいだった。富士入りする前までは、もちろんこの結果よりも良いものを狙っていたけれど、今日はこの結果を受け入れるほかない。しかし、このままでは勝つことは難しい。残りはたったの2戦です。この2戦のために、どうにかマシンとタイヤをいい状態にもっていき、準備万端でレースを勝ちにいくのみだと思います。
次のオートポリス戦は、ウェイトハンデがポイント数と同じ重さになります。
つまり、ここ数戦よりはウェイトが大きく影響しないし、各マシンのポテンシャルが発揮しやすい1戦になると言えるでしょう。 僕たちにできることは、優勝争いができるレースができるように準備をして、予選決勝ともに1番を目指すこと、そして多くのポイントを獲得して、最終戦の茂木でチャンピオンになることです。
残り2戦、日産ファンや僕を応援してくれているファンのみなさんの応援を力に変えて悔いのないように頑張ります!!!
富士で応援してくれたすべてのみなさん、ありがとうございました。

Copyright © 2007-2016 Ronnie Quintarelli Official Website All Rights Reserved.