株式会社GENOVA
S Road Co Ltd.
価格.com
ラケーリジャパン株式会社
MS JAPAN
株式会社エアージェイ
K.Tsuruoka
ユタニ工業株式会社
Dam Craft
王子サーモン
ITALIANS FOR TOHOKU
PRAY FOR ITALY
チェカレンジャーブログ
Ronnie Quintarelli Official Website for mobile
twitter
Instagram
profile
2013 AUTOBACS SUPER GT
2013 AUTOBACS SUPER GT Round4 SUGO GT 300km RACE
スポーツランドSUGO / Course Length : 3.704256 km
2013/07/27(土)
Qualifying [Konckout]
Weather : Cloudy | Course : Dry

The 11th position we got today in qualify is really a disappointing result.
In this morning free practice, the car felt quite OK and I was looking forward to having a strong qualify.
Unfortunately, my teammate Yanagida-san couldn’t use the best potential from the car and caught some traffic, being knock-out in the Q1.
Tomorrow, the race will be very hard for us, considering that here at Sugo is so difficult to overtake.
For sure, until the checker flag, anything might happen, so will stay concentrated, trying to push hard trying to get the most points as possible.

予選結果11位、実に残念な予選になってしまった。
朝のフリー走行では車もいい調子だったので、予選では十分戦えるだろうと張り切って臨んだ。
しかし残念ながら、チームメイト柳田選手は車のポテンシャルを出し切れず、それに加えて、トラフィックにつかまりクリアラップを取れなかったことでQ1敗退という、非常に残念な結果で僕たちの予選は終わった。
明日の決勝、ここ菅生のサーキットはオーバーテイクがしにくいサーキットであることを考えると、僕たちにとって厳しいレースになるだろう。
けれどレースでは何が起きるかわからないし、できるかぎり多くのポイントを獲得できるように集中して全力を尽くします。

2013/07/28(日)
Race Weather : Cloudy/Rain | Course : Dry/Wet
Distance 81 Laps / 300.044736 km

For today’s race, we were discussing inside the Team if to change the strategy of the starting driver, considering the 11th grid and how difficult is to overtake here at Sugo.
After many simulations, we decided to go for the safety and well-known choice, with myself starting and Yanagida-san driving the second stint.
As I expected before the race, even I was much quicker than the car in front of me, it was so difficult to overtake; Because of being stuck behind other cars, I lost a lot of time in my stint and I also damaged the front left tire.
Considering all these kind of aspects, we decided to pit-in as soon as possible according to the drivers minimum laps regulation and fuel consumption.
When my teammate Yanagida-san pit-out, nobody was in front of him and he could push 100% with trying to gain some time.
Our strategy worked quite well and we gained one position up after all the cars ended their pit stops.
Around lap 60, we were running in 6th position and at that time I thought that was the maximum for us today.
But, the luck decided to help us this time; In fact, thanks to little rain that fell-down in the last part of the race, the top four cars had a collision and we jumped up to a really unexpected 3rd position.
If the race last a little bit more, we also could have had the chance to win, but that was too much I believe…
This 3rd place really raised our confident for the upcoming races, also thanks to the jump up in the championship ranking, from 9th to 5th position, not far from the leading car.
The next race will be the Suzuka 1000Km race that we dominated last season. We will try to do as well as that one.
Considering with the qualify results at Sepang and Sugo, we decide we will work harder and harder at the Fuji GTA test of 6th and 7th of August, in order to be again competitive during the qualify, very important point if we want to fight for the championship also this year.
A big thanks goes to the whole fans that came at Sugo and cheered up for us through TV.
I promise to all of you that we will never give up and keep pushing hard!!!

11番繰りッドからのスタート、抜きにくい菅生のサーキットであることをふまえて、決勝レースに向けて作戦を変更するかどうかをチーム内で話し合っていた。
様々なシミュレーションをした結果、安全でスタンダードな通常の作戦で決勝へ挑むことになった。スタートドライバーが僕、セカンドスティント担当が柳田選手だ。
前のマシンより速いのは分かってはいたが、やはりサーキットの特性もあり、オーバーテイクするのが本当に大変だった。下位グループで詰まっていた間にタイムを大幅にロスした僕は、左フロントタイヤも痛めてしまうという別の問題も抱えてしまった。
これらの要因を考慮し、ドライバーに必要とされる最短ラップ走行周を消化したらすぐに、ピットインする決断をした。
ドライバーが柳田選手に交代してピットアウトすると、前にはマシンがなく、ロスしたタイムを取り返し、さらにタイムを稼ぐため、彼は100%プッシュしてドライブした。
僕たちの戦略はうまくいって、全車ピット作業が終了した時点で1つポジションを上げることに成功した。
60周が過ぎた時点で、僕たちは6番手を走行。今日は頑張っても6位が最高かもしれない・・・と思った矢先、運が僕らを味方してくれた。レース終盤にさしかかった頃に雨粒がおちてきて、上位4台のマシンが交錯!僕たちは3番手に浮上したのだ。
もしレースがもう少し続けば、優勝できるチャンスはあったかもしれないが、それはあまりに高望みしすぎだろう・・・。
今日の3位はこれからのレースに臨む僕たちに自信をくれた。そしてシリーズランキングも9位→5位にあがり、首位との差もかなり縮まった。
次戦は、昨年僕たちが勝利した鈴鹿1000km。2年連続で真夏のロングレースを制することができるように頑張ります。
セパン戦と菅生戦でQ1敗退をしているので、8月6日、7日の富士GTAテストではより集中してテストを行うつもりです。今年もチャンピオン争いするためには、Q1を通過してQ2でタイムを出して、一つでも前のグリッドを獲ることが大きな要因ですからね。
菅生まで足を運んで応援してくれたみなさん、テレビの前で応援してくれたみなさん、すべての方に感謝しています、ありがとう。
僕たちは、最後まで決して諦めずにプッシュし続けます!!!

Copyright © 2007-2016 Ronnie Quintarelli Official Website All Rights Reserved.