株式会社GENOVA
S Road Co Ltd.
価格.com
ラケーリジャパン株式会社
MS JAPAN
株式会社エアージェイ
K.Tsuruoka
ユタニ工業株式会社
Dam Craft
王子サーモン
ITALIANS FOR TOHOKU
PRAY FOR ITALY
チェカレンジャーブログ
Ronnie Quintarelli Official Website for mobile
twitter
Instagram
profile
2013 AUTOBACS SUPER GT
2013 AUTOBACS SUPER GT Round3  SUPER GT INTERNATIONAL SERIES MALAYSIA
セパンインターナショナルサーキット / Course Length : 5.542 km
2013/06/08(土)
Qualifying 「Knockout]
Weather : Cloudy | Course : Dry

In the Saturday morning free practice we tried two types of tyres compound in order to select the right one for the qualify and race.
With both type of tyres we tried, the car balance didn’t feel much well and also the general grip was quite low; One of the main reason of this poor general grip was the track condition, much worse than what we were expected.
At the end of the free practice, we selected the hard tyres type for the qualify and race, with the aim to have a strong and consistent pace in the race without much tyres drop off.
In the qualify knock-out session 1, my teammate Yanagida-san was in charge to drive and he had the hard job to try to get the top eight and giving me the chance to drive in the QF2.
Even Yanagida-san pushed really hard, he couldn’t finish better than 9th position, also caused some traffic in his last attack lap.
This 9th position is not the best one for us, but we are still confident to have a strong race tomorrow trying to achieve at least the podium.

予選と決勝のタイヤを選択するために、土曜日朝のフリー走行で、僕たちは2種類のタイヤコンパウンドを試した。
どちらのタイヤでも、車のバランスはあまり良くなくて、グリップする力もすごく低かった。グリップ力低下の原因のひとつはトラックの状態だった。僕たちが予想していた以上に良くなかったのだ。
決勝でタイヤがなるべくたれずにコンスタントなペースで走り続けられるように、僕たちはフリー走行の最後に、予選と決勝のタイヤはハードタイヤにすることに決めた。
ノックアウト予選1回目、チームメイト柳田選手が担当した。Q2に進出するため、トップ8に入るために一生懸命ドライブした。
柳田選手は精一杯攻めたけれど、最後のアタックするラップのトラフィックの問題もあって、最終的に9番手で予選を終えた。残念ながらQ2には進出できなかった。
9番手スタートは僕らの予想をはるかに下回ったけれど、少なくとも表彰台に上がれるように明日の決勝を頑張りたいと思います。
2013/06/09(日)
Race Weather : Cloudy | Course : Dry
Distance 54 Laps / 299.268 km

Because of our hard compound tires choice, at the start of the race I tried to be careful not to do make any mistakes and to build up the pace little by little.
After about five laps, I began to feel quite good grip and our pace compare other cars started to be quite good.
Around lap 20, after jumping up 6th position, I began to fight with the car in front of us for the 5th position; On lap 22, in the hard battle I had with the car in front of me on entry of last corner, the car #1 came next to me and when I went to power-on there was a small contact between us, that made the car #1 to spin-out.
For us nothing was damaged in the car and on lap 23, as strategy, I pit-in to have the route-in pit stop and driver change.
Thanks to a great Pit-Stop work from the Nismo crew, when my Teammate Yanagida-san pit-out he was in 6th position and very closed to all the care that were in front of us.
After about five laps of his driving, an expectable thing happened; In fact, because of the contact with the car #1 before I pit in, we got a drive through penalty.
I believe that drive through was really too severe for that kind of contact, but nothing we could do against the Stewarts decision.
After the drive through procedure, Yanagida-san dropped to 11th position, out of the points zone.
Thanks to his hard push without giving-up, in the last lap of the race he overtook two cars and we finished 9th at the end.
I’m very sorry to the Team and my Teammate for the drive through penalty I received, but at the same time I’m happy we could score at least two points at the end.
For the next Sugo race we have to keep working hard and trying to be ready in the best condition.
The season is still very long and we will keep pushing without giving-up.

僕たちはハードタイヤを選択したので、決勝スタートでミスしないように細心の注意を払いながら、少しずつペースを上げるようにしていた。
5週目が過ぎたころから、ライバル勢と比べて僕たちのマシンのペースは良くなってきた。
20週目あたりで僕は6位になっていて、前のマシンと5位争いが始まろうとしていた。22周目、激しいバトルの中、1台のマシンと飛び込んだ最終コーナー入り口でもう1台1号車が外から入ってきて、僕がアクセルをパワーオンしたときにリアが少し滑り、外側にいた1号車と少し接触があり、その接触で1号車がスピンしてしまった。
僕たちのマシンはこの接触によるダメージはなく、そのまま23週目に作戦どおりにピットインし、給油作業とドライバー交換をした。
チームがピット作業でいい仕事をしてくれたおかげで、ステアリングを握った柳田選手は6番手でコースに戻り、すぐ目の前には5番手のマシンが走っていた。
ピットアウトして5週目、予想外の出来事が僕たちに起きた。ピットイン前の1号車との接触により、僕たち23号車にドライブスルーペナルティの裁定が下されたのだ。
今回の接触はレーシングアクシデントの範囲内だと僕自身は思うのだけれど、すでに判定が下された以上、僕らは従う他なかった。
ドライブスルーペナルティを消化した柳田選手がコースに戻った時点で11番手、ポイント圏外のポジションにまで落ちていた。
そんな状況の中でも柳田選手が最後まで諦めずに攻めた走りをしてくれたおかげで、最終ラップで2台を交わし、9位でチェッカーを受けた。
チームのみんなとチームメイトの柳田選手には、僕が受けたドライブスルーペナルティのことで本当に申し訳なかったです。けれど、柳田選手の頑張りで獲った2ポイントは、今後のことを考えるととても大きいと思います。
次の菅生戦に向けて、気持ちを入れ替えて、ここから巻き返せるように頑張りたいです。
シーズンも中盤戦に入ります。僕たちは諦めず、良い結果が出せるように攻め続けます!!

Copyright © 2007-2016 Ronnie Quintarelli Official Website All Rights Reserved.