株式会社GENOVA
S Road Co Ltd.
価格.com
ラケーリジャパン株式会社
MS JAPAN
株式会社エアージェイ
ユタニ工業株式会社
Dam Craft
王子サーモン
ITALIANS FOR TOHOKU
PRAY FOR ITALY
チェカレンジャーブログ
Ronnie Quintarelli Official Website for mobile
twitter
Instagram
profile
2013 AUTOBACS SUPER GT
2013 AUTOBACS SUPER GT Round2 FUJI GT 500 Km RACE
富士スピードウェイ/ Course Lengh : 4.563 Km
2013/04/28(日)
Qualifying [Knockout]
Weather : Fine | Course : Dry

From the morning free practice, our Nissan GT-R and Michelin tires already felt quite well. It gave us confident for a good qualify.
Also this time, my teammate Yanagida-san was in charged to drive in the Q1, session that knocks-out 7 cars, giving the chance to attack in the Q2 session for the remaining 8 cars.
The Q1 session became very complicated for everybody after the red flag exposed with 5 minutes to go after one car stopped on the track.
At that time, almost all the cars didn’t set their best lap time yet, and with just 5 minutes remaining the session became really out of breath for us at the pit.
After Yanagida-san pit out for the last 5 minutes session, he just had 2 laps available to set the lap time; In these 2 laps, he was really concentrated and thanks to the 6th position he got, he gave me the chance to drive in the Q2.
After 30 minutes break, I pit-out with new tires with challenge the pole position, despite of the 22kg handy weight we had on the car after the 3rd place at Okayama Rd.1
The car and tires felt really good, giving me confidence to push hard in the 12 minutes session; At the end, we got 3rd position, a good second row result for the long Sunday 500Km race.
I’m looking forward to tomorrow race, also considering the weather condition is going to be perfect and many spectators are expected at the circuit.

朝のフリー走行の時点で、すでに僕たちの日産GT-Rとミシュランタイヤはいい感触を得ていたので、予選への自信は十分にあった。
今回も、チームメイト柳田選手がQ1を担当する。Q1では7台が脱落し、上位8台がQ2に進出できる。
Q1は全チームにとって非常に難しいセッションとなった。コース上に1台のマシーンが止まったことで、5分を残したところで赤旗中断になったからだ。
この時点で、ほぼ全車がベストラップを更新できない状態だったので、ピットにいた僕たちは息を呑みながら、セッション残り5分を見守っていた。
柳田選手がピットアウトして、彼にできるのはたった2週。この2週でベストラップを更新しなくてはいけない。彼は集中力を高め、アタックした。そして6番手タイムを出し、僕がドライブするQ2進出を果たしたのだった。
30分の休憩をはさみ、ポールポジションを獲得するべく、僕は新品タイヤを装着してピットアウトした。開幕戦岡山で3位だったのでウェイトハンデ22kgあったけれど、ポール獲得を狙っていた。
マシーンもタイヤも調子は良く、12分間のセッションは思いっきり攻めようと思った。予選最終結果は3番手、ポールポジションには届かなかったけど、長い500kmレースを2列目からスタートできるのは悪くないポジションです。
天気も良いらしいし、明日の長いレースが楽しみです!
2013/04/29(月)
Race Weather : Fine | Course : Dry
Distance 110 Laps / 501.930 km

The top time we got in the Sunday morning warm-up and the strong support of the whole Nissan and personal fans gave us a lot of confident for the race.
Also today, I was in charge to start and my teammate Yanagida-san is in charge to drive in the second stint.
At the start, everything went smooth and I was running on P3 after the very delicate Turn 1 corner that always reserves bad surprising at Fuji.
In the first few laps of the race, I was trying to push hard, but at the same time to save tires life with considering I had to drive almost 40 laps in the first stint.
After about 10 laps, we began to catch-up GT 300 cars and in the hard battles with traffic, I lost one position dropping down to 4th.
Around Lap 15, after overtaking also the first group of GT 300 cars, I had free space in front of me and I could began to push hard again.
The car and tires felt good on that part of the race and I was confident to have a good second part of the stint.
When I was thinking about that, the Turn 1 of Fuji Speedway reserved a bad surprise to us; In fact, in shifting down during braking, I suddenly had gear box trouble and nothing I could to continue the race at that time.
Our race finished there, just after 19 laps of the total 110.
This retirement is really a pity for us, especially considering the championship points we lost.
Now, we have more than 1 month until the next Sepang round.
We will try all our best to be ready in the best condition as much as possible for the Malaysia race, one of my favorite one of the championship.
The last word is for all the Nissan and personal fans coming to Fuji Speedway to support us.
Thank you very much for the strong support and Sorry not to show the good race in front of you. I promise to all of you we will do our best at Sepang, showing a very strong Nissan GT-R.

日曜日朝のフリー走行のトップタイムと、たくさんの日産ファンや僕のファンたちからの応援のおかげで、僕たち23号車は自信を持って決勝レースに臨む準備ができていた。
スタート担当は僕、次の第2スティントは柳田選手。
決勝レースは順調にスタートし、過去色々なアクシデントが起こる、ここ富士スピードウェイの1コーナーも3番手をキープしたまま僕はドライブしていた。
最初の数周は攻めながら走っていたが、それと同時に、タイヤを温存しながら走ることもしなくてはいけなかった。なぜなら、僕の第1スティントは約40周をこなさなくては作戦だったからだ。
10周が過ぎたころ、300クラスの車両に追いつき始めた。多くのマシーンがバトルをしている大集団の中で、僕はポジションを4番手に落としてしまった。
15周目あたりに300クラスのトップ集団を追い越すと、目の前にはスペースが広がり、もう一度プッシュして走ることができた。
スティント前半のこの時点でマシーンもタイヤも調子は良く、スティント後半への自信もあった。
そう思っていた瞬間、様々なアクシデントが起こる富士の1コーナーで、僕が運転する23号車に最悪なことが起きてしまった。ブレーキングをしながらシフトダウンをした途端、突然ギアボックスにトラブルが起きてしまい、コックピットにいた僕には何一つできることはなく、トラック横にマシーンを止めることしかできなかった。
110周ある長いレース・・僕たちのレースはたった19周で終わってしまった。
チャンピオンシップポイントを考えると、このリタイヤは痛かった。
さあ、次のセパン戦までは1ヶ月以上あります。
僕の好きなサーキットの一つでもあるマレーシア・セパンサーキット。セパン戦へ最高の状態で臨めるように、入念な準備をしていきたいと思います。
サーキットへ足を運んでくださった日産応援団の方、そしてファンのみなさん。たくさんの応援ありがとうございました。みなさんの前で良いレースができず、リタイヤすることになってしまい、本当にすみませんでした。次のセパンでは、みなさんに強い23号車GT-Rを見せれるように頑張ります!!

Copyright © 2007-2016 Ronnie Quintarelli Official Website All Rights Reserved.