株式会社GENOVA
S Road Co Ltd.
価格.com
ラケーリジャパン株式会社
MS JAPAN
株式会社エアージェイ
K.Tsuruoka
ユタニ工業株式会社
Dam Craft
王子サーモン
ITALIANS FOR TOHOKU
PRAY FOR ITALY
チェカレンジャーブログ
Ronnie Quintarelli Official Website for mobile
twitter
Instagram
result
2013 AUTOBACS SUPER GT
JAF Grand Prix SUPER GT & SUPER FORMULA FUJI SPRINT CUP 2013
富士スピードウェイ/ Course Length : 4.563 Km
2013/11/23(土)
Race#1 Qualifying Weather : Fine | Course : Dry
Race#2 Qualifying Weather : Fine | Course : Dry

With the first set of new tires I had good general feeling and I could push very hard being the quickest driver in the first part of the qualify.
With the second set of new tires, I pit out with five minutes to go and our target was to attack in the second lap, also because this set was quite soft and it could perform quickly compare the first one.
Unfortunately, in the first attack lap, because of traffic in front of me I couldn’t warm-up the tires properly, and in the second attack lap, when I began to attack, the grip was not there through the first and second sectors, having good feeling just in the last part of the track; Because the qualify time was over, I got the chequered flag and at the end it was just sixth position.
I’m very disappointed for this result because with the car and tires potential today I could fight for the pole position.
I will try my best in the race of the afternoon.

僕たちニスモチームは、20分間の予選を2セットのニュータイヤでアタックする作戦たてた。最初のルーティンでのマシンフィーリングは、タイヤを含めとても良くて、予選中盤にトップタイムを出すことができた。
2セっト目のタイヤにチェンジするためにピットに戻り、残り5分でピットアウトした。
路面温度が低いので計測1周目でしっかりタイヤを温め、2周目にアタックする作戦だったが、トラフィックの関係でうまくタイヤに熱を入れることができず、2週目の第1?第2セクターでタイムロスしてしまった。最後のセクターはすごく良かったが、他マシンもタイムアップしたため、最終結果は6位になってしまった。
マシンもタイヤもポール争いできるポテンシャルを持っていただけに、とても残念です。
午後のレースでは、頑張っていいレースをしたいです。


※Race#2 Qualifyingは柳田真孝選手の出走[Position 4]


Race 1 Weather : Fine | Course : Dry
Distance 22 Laps / 100.386 km

At the start everything went well, thanks to a good clutch working and tires grip.
At turn 1, I could jump up from sixth to fourth position, which was good to start the opening lap of the race.
From Coca Cola corner, the same as I felt in the eight minutes warm-up before the start of the race, the rear grip was really poor and I had a lot of over steering.
Nothing I could do to defend my position and to keep behind the cars behind us and after three laps I dropped to P.8.
Finally, after six-seven laps, when the rear tires pressure went slightly up, I began to feel some grip and I could improve my lap time starting to get close to the cars in front of me.
In last two laps of the race I had a hard fight with the car #12, and in the last lap of the race I could overtake them ending on P.7.
It was a pity today we didn’t have speed in the first part of the race because on the last few lap, I was one of the quickest cars on the track.
Thank you to the whole Fans for the strong support also in this weekend.

僕たちニスモチームは固めのコンパウンドのタイヤを選択し、決勝レースに挑んだ。路面温度が低いので、グリップするタイヤ、そして終盤にささくれが出ないタイヤを選ぶことが大事だった。
すごくいいスタートで、ポジションを2つあップすることができたので、序盤からプッシュしようとしたが、リアのグリップがなくペースを上げられなかった。
グリップ不足で8番手まで順位を落としてしまったが、12周目くらいからタイヤの内圧が徐々に上がり、グリップが良くなってきて、どんどん追い上げることができた。
上位のマシンのタイムが落ちてきた18周目に、19号車を抜いて7位に順位上げ、フルプッシュして残り2週の時に1コーナーで12号車を抜こうとした際に接触してしまい、8位にポジションダウンしてしまった。
でも最後まであきらめず、最終コーナーの立ち上がりで12号車を抜いてチェッカーを受けることができた。
レースの終盤は速さがあったので、序盤のグリップ不足が残念です。
いいレースをして勝つことを目標に富士に入ったが、よい結果を残せなかったので、応援にきてくれた大勢のファンに申し訳ない気持ちです。
来年はマシンが大きく変わり、チームみんなで努力して開発を進めているので、来シーズンは開幕戦から「強いNISSAN」を皆さんに見せたいと思います。

2013/11/24(日)
Race 2 Weather : Fine | Course : Dry
Distance 22 Laps / 100.386 km

※Race2は柳田真孝選手の出走 [Position 14]

Copyright © 2007-2016 Ronnie Quintarelli Official Website All Rights Reserved.