株式会社GENOVA
S Road Co Ltd.
価格.com
ラケーリジャパン株式会社
MS JAPAN
株式会社エアージェイ
K.Tsuruoka
ユタニ工業株式会社
Dam Craft
王子サーモン
ITALIANS FOR TOHOKU
PRAY FOR ITALY
チェカレンジャーブログ
Ronnie Quintarelli Official Website for mobile
twitter
Instagram
profile
2012 AUTOBACS SUPER GT
2012 AUTOBACS SUPER GT Round7 SUPER GT IN KYUSHU 300KM
オートポリス / Course Length : 4.674 km

2012/09/29(土)
Qualifying #1 Weather :Rain | Course : Wet
Super Lap Weather : Rain | Course : Wet

In the wet morning free practice, the car and tires were working both really well and it gave us a lot of confidence to have a good qualify in the afternoon.
The same as our Team decided for the previous races, also for today’s qualify was in charge to drive in the Knock-out session 1 and 3, with my teammate Yanagida-san driving the qualify 2.
Under the big rain condition, I finished the session 1 in top position, and I was really confident we were able to fight for the pole position in the Q3.
In the Q2, session my Teammate Yanagida-san was in charge to drive, the water level in the track was reduced a little bit and caused a not good tires choice for that condition, Yanagida-san couldn’t finish better than 10th position, a really disappointing one for us.
The race tomorrow is going to be really hard us, but we will do our best with trying to get the most possible points for our championship.

朝のフリー走行での僕たちの車とタイヤは絶好調で、午後の予選への期待と自信が高まっていった。
ここ数戦同様、今日のノックアウト式予選でもセッション1と3は僕が担当、セッション2はチームメイト柳田選手が担当することになった。
大雨の中での予選がスタート。Q1はトップで通過し、このままの調子でいけばQ3でポールポジションを獲れる自信があった。
次のQ2は柳田選手のドライブだったが、雨が少し弱まったせいで路面の水の量が少なくなり、僕たちが選択したタイヤが合わなくなってしまったことで、柳田選手は10番手がやっとの結果。僕たちチームにとって非常に残念な予選順位となってしまった。
10番手スタートの明日の決勝はかなり厳しいけれど、できる限り多くのポイントを獲得できるように精一杯走るのみです!頑張ります!!
2012/09/30(日)
Race Weather : Rain | Course : Wet
Distance 65Laps / 303.810 km

The weather forecast predicted no rain for Sunday afternoon, but, good for us, the rain was still following down at the start of the race…
Also today the team as starting driver selected me, and my job was going to be a really important one, considering no mistakes were allowed in this key race of the season.
In the 1st corner after the start, I jumped up to 9th position and I was really determinate to do well with trying to give the car to my teammate Yanagida-san in the best position as possible.
Keeping pushing really hard, in the 2nd lap, I overtaked one more car and on lap 17 another one jumping up to 7th position.
On lap 25, according to our team race strategy, we decided to have an early pit-in caused a few cars in front of me were making us to lose a lot of time on those laps.
After the pit stop and driver change procedure, my teammate pit-out in a really good situation, with no cars in front of him and free space to push really hard with fresh tires.
After all the other cars finished their pit stops, around almost two thirds of the race, Yanagida-san found himself on 5th position, with not much gap with comparing the cars that were preceding us.
He kept pushing very hard and thanks to his brilliant driving, he jumped up to 2nd position with great overtakes with 10 laps to go before the end of the race. At that moment, the leading car was about 10 seconds in front of us, but Yanagida-san didn’t give up. He kept pushing hard and at the beginning of the final lap, he was just behind them, with the big chance to win race.
On the middle of the final lap, with an amazing overtake, Yanagida-san overtaked the car #32 that meant 2nd victory of the season for us!!
Also, thanks to today’s victory, we won the 2012 Super GT Championship with one race remaining, a really unexpected result after the negative Saturday qualify.
Considering everything passed so quickly in the last few months, from negative results to amazing ones, I honestly still can’t believe what we have achieved today…
Anyway, I’m really happy and a deeply want to thank to all the people that made this day to become true.
Thank you a lot to everybody!!

日曜日の午後は雨は降らないという天気予報の予想だったが、決勝スタートの時点ではまだ雨粒が落ちていた。これが僕たちにはラッキーだった。
チームは今回も僕をスタートドライバーに選んだ。オートポリス戦は天王山と言われる大事なレース。スタートドライバーとして、僕は絶対にミスすることなくチームメイトにバトンタッチしなくてはならないのだ。
チームは今回も僕をスタートドライバーに選んだ。オートポリス戦は天王山と言われる大事なレース。スタートドライバーとして、僕は絶対にミスすることなくチームメイトにバトンタッチしなくてはならないのだ。
僕は攻めの走りをして、2周目でもう1台を抜き8番手、17週目でもう1台追い抜き、7番手まで順位を上げることができた。
僕の前には数台の車が繋がって走行していて、このせいで数周、僕はタイムをロスしていた。こういった状況の場合は早めのピットインをするというのがチームの作戦 だったので、25週目でピットインすることにした。
ピット作業とドライバー交代を済まし、柳田選手がピットアウトしてコースに戻った場所は非常にクリアな良い場所。彼は前方に車がいないフリーなスペースをフレッシュなタイヤで走ることができた。僕らの作戦は吉と出た!
全車がピット作業を終え、レースも2/3が過ぎたころ、柳田選手は5番手。前を走る車とは、そこまで大きな差はなかった。
攻めた走りで数々のオーバーテイクを決めた柳田選手は2番手まで順位を上げ、レースも残り10周となる。この時点でトップとの差は10秒、しかし柳田選手はあきらめなかった。彼はこのレースに勝つことだけを考えて攻め続け、そして最終ラップでトップを走る32号車とテール・トゥ・ノーズとなる。
そして最終ラップ半ばでの柳田選手の素晴らしいオーバーテイクにより、トップでチェッカーフラッグを受け、僕たちにとってシーズン2度目の優勝となった。
そしてこの優勝のおかげで、最終戦を残して、僕たちは2012 SUPER GT 500クラスのシリーズチャンピオンを決めることができました!なんと2連覇です!土曜日の予選を考えると、信じられない驚きの嬉しい結果です! 。
シーズン序盤の苦しく厳しい状況から、菅生戦で表彰台に立ってからのたった数ヶ月の短い間に、まさかこんな最高の結果を出せるなんて・・・正直、今でも信じられません。
今日のこのような素晴らしい結果を導いてくださった全ての皆さんに、心から感謝しています。
本当にありがとうございました!

Copyright © 2007-2016 Ronnie Quintarelli Official Website All Rights Reserved.