株式会社GENOVA
S Road Co Ltd.
価格.com
ラケーリジャパン株式会社
MS JAPAN
株式会社エアージェイ
ユタニ工業株式会社
Dam Craft
王子サーモン
ITALIANS FOR TOHOKU
PRAY FOR ITALY
チェカレンジャーブログ
Ronnie Quintarelli Official Website for mobile
twitter
Instagram
profile
2012 AUTOBACS SUPER GT
2012 AUTOBACS SUPER GT Round6 FUJI GT 300km RACE
富士スピードウェイ/ Course Lengh : 4.563 Km
2012/09/08(土)
Qualifying #1 Weather : Cloudy | Course : Dry
Knockout Weather : Cloudy | Course : Dry

We arrived at Fuji with 43 points and 2nd position in the championship, that means 86kg Handy weight on the car, with a tough race waiting for us.
Despite of that, our Team S Road REITO MOLA staffs prepared a really competitive car, the same for Michelin Company, with a very competitive tire.
Thanks to that, we got the 2nd grid in the qualify, a positive and unexpected result before coming here.
For the race, it will be for sure not easy to us, but we will do our best to finish on the podium and to get the points as much as we can.

僕たちは43point、ランキング2位で富士に現地入りした。つまり86kgのウェイトハンデでの厳しいレースを強いられることになる。
厳しい条件にも関わらず、S Road REITO MOLAのスタッフたちとミシュランは、勝負できる良い車とタイヤを準備してくれた。
そのおかげで、予選で2番グリッドを獲得することができた。富士に来る前は正直、ここまで上のグリッドを獲れるとは予想していなかったけれど、これで優勝へ向けてのいいスタートになりそうだ。
決勝は重いウェイトで大変なレースになると思うが、できるだけ多くのポイントを獲得して表彰台に上れるように精一杯頑張ります。
2012/09/09(日)
Race Weather : Cloudy | Course : Dry
Distance 66 Laps / 301.158 km

For this Fuji Round, many Nissan and personal Fans came to the circuit to support us, one more reason to try to do well in this crucial race of the season.
At the start, when the red lights switched off, everything went well and I kept my 2nd position after the first corner, a really delicate point where many accidents has happened for the past in Fuji. During the first part of my stint, it went well, but there was nothing I could do to maintain the pace of the leading car, that was in a very good condition this time.
After 15 laps, caused the big handy weight, we had on board compare the car behind us, I began to lose pace and I had to fight so hard to keep my friend and rival driver Andre Couto behind me.
On lap 16, there was nothing I could do to keep Andre behind and I decided to let him go after a really exiting battle.
At the pit stop, we pit in on 3rd position, with still everything open to fight for the victory of the race.
During the pit stop and driver change operation, our Team Staffs did a really super job and when my teammate Yanagida-san got into the track, he really had the chance to get back the 2nd position again.
When the car #19 pit-out after their pit stop, about 3 laps after us, Yanagida-san was just behind them and thanks to his brilliant driving, he overtook them and got back the 2nd position.
Without any mistakes and a very consistent pace, Yanagida-san kept the 2nd position until the end, a really great result that put us in the top of the championship standing with 58 points, 8 points difference between us and 2nd position rival car.
I’m extremely happy for the result of today, and I really want to thank to Nissan, all our team staffs preparing the best car and doing great job and Michelin providing the best tires for us.
Big thanks to all the Nissan and personal Fans for the amazing support this weekend.
The next race will be held on the final weekend on September at Autopolis circuit, one of my favorite one in Japan. I look forward to getting there and for the strong supports of all my Fans from Kyushu and Yamaguchi prefecture where I’d lived for first 5 years after arriving to Japan 10 years ago.

富士戦は関東圏のレースでもあるので、たくさんの日産ファンや僕を応援してくれるファンがサーキットに足を運んでくれます。良いレースをみんなに見せれるように頑張りたい、もう一つの大きな理由です。
レッドシグナルが消えて、いよいよ決勝スタート。これまで多くのアクシデントが起こってきた1コーナーも無事に通過し、僕は2番手を守ったままレース序盤をいいペースで走っていた。しかしトップを走る12号車のペースは僕たちよりも速くて、追いつくことは無理だった。。
15周が過ぎたころから、重いウェイトハンデを積んだ僕は後続のライバルたちにプレッシャーをかけられるようになり、僕のペースも落ち始め、友人でライバルでもあるアンドレ・クート選手と戦わざるをえなくなっていた。
16周目、クート選手を抑えるのがもう限界になり、彼との激しいバトルの末、彼を前に行かせることになった。
そしてピットイン時点では3番手。まだまだ優勝争いできる順位だ。
スタッフたちの手際のよいピット作業のおかげで、チームメイト柳田選手がトラックに戻ったときは、2番手になれるチャンスの位置に戻れた。
僕たちのピットインの3周遅れでピットインした19号車のアウトラップ、柳田選手は19号車の後ろにつき、すばらしい走りでオーバーテイクをして2番手に返り咲いた。
その後もミスなく安定したペースで走り続け、柳田選手は2番手を守ったままフィニッシュ。目標どおり、表彰台に上ることができた。これで僕たちは58point、2位と8pointの差をつけてポイントランキングのトップとなった。
今日の結果にとても満足しています。いい車を提供してくれた日産、最高の車を作ってくれたチームスタッフ、最高のタイヤを準備してくれたミシュラン、ありがとうございました。
日産ファン、チームや僕を応援してくれたファンのみなさん、力強い応援をありがとうございました。
次戦は9月最後の週末のオートポリス戦です。オートポリスは僕の好きなサーキットの一つでもあり、10年前に日本に来て最初の5年間住んでいた山口県や九州地方から、僕のファンが応援に駆けつけてくれるので、とても楽しみです。

Copyright © 2007-2016 Ronnie Quintarelli Official Website All Rights Reserved.