株式会社GENOVA
S Road Co Ltd.
価格.com
ラケーリジャパン株式会社
MS JAPAN
株式会社エアージェイ
K.Tsuruoka
ユタニ工業株式会社
Dam Craft
王子サーモン
ITALIANS FOR TOHOKU
PRAY FOR ITALY
チェカレンジャーブログ
Ronnie Quintarelli Official Website for mobile
twitter
Instagram
profile
2012 AUTOBACS SUPER GT
2012 AUTOBACS SUPER GT Round5 41th International Pokka 1000km
鈴鹿サーキット / Course Length : 5.807 km
2012/08/18(土)
Qualifying #1 Weather : Fine | Course : Dry
Knockout Weather : Fine | Course : Dry

Already from the morning free practice, I felt the car working really well and it gave us a lot of confident for the afternoon qualify session.
For this Suzuka race, the Knockout qualify system was selected, and I was in charge to drive the Q1 and Q3, with my teammate driving the Q2.
Thanks to a very perfect car balance and a really performing Michelin tires we had a great qualify session and we got the first pole position of the season.
For the long 1000Km race of tomorrow, we are pretty confident to do good also thanks to a tires choice in the Q3 (With the same tires we need to start the race) that should be good also for the race with many laps to drive.
We will try to do our best in the hard and long race with trying to achieve the first victory of the season.

朝のフリー走行の時点から、車の調子はとても良いって感じていたので、午後の予選では絶対に良い結果を出せる自信があった。
この鈴鹿レースの予選ノックアウト方式に従い、Q1とQ3は僕が担当、チームメイト柳田選手はQ2を担当した。
完璧な車のバランスとミシュランタイヤの素晴らしいパフォーマンスのおかげで、とても良い予選ができ、今シーズン初のポールポジションを獲得することができた。明日の1000kmレースへ向けての最高のスタートです。
Q3で選択したタイヤを決勝スタートで使用しなくてはいけないレギュレーションですが、僕たちが選んだタイヤは決勝でたくさんの周回を良いラップタイムでドライブできると思うので、優勝争いできる戦いができる自信があります。
今シーズンの初優勝を目指して、長く厳しいレースを精一杯走ります!
2012/08/19(日)
Race Weather : Fine | Course : Dry
Distance 173 Laps / 1004.611 km

At the start of the race, everything went well and I could make a safety-leading gap in my first stint until when I pit-in for the first pit stop and driver change of the race on lap 33.
In the second stint when my teammate Yanagida-san was safely leading the race, he had a contact with a GT 300 car and he damaged the front wheel that caused an extra pit stop for tires change.
After pitting out again he dropped to 7th position and at that time I really thought our victory was gone…But, thanks to a really brilliant driving, Yanagida-san could overtake three cars and when he pit in for the second pit stop and driver change he was back to 4th position.
At that time, after seeing his brilliant driving and great overtakes I felt we still had the chance to come back to fight for the victory and during my second stint I really pushed hard for the all laps and I could get back to the top position when I pit in for the third route-in pit stop.
In his second stint Yanagida-san had a great driving and when he pit-in on lap 140 for the last pit stop we had about 1 minute margin to the car in second position.
The fist victory of the season was in my hand; I tried to be really concentrated and when I thought everything was going to be easy for us, a really huge crash of a competitor car made the safety car to enter the track.
Caused that, the entire gap we had to the second position car was disappeared… After a few laps behind the safety car the race restarted again for the last 14 laps of the long initial 173.
At the restart I really took out the best from our car pushing really hard and I could end the race on top position with a safety 15 seconds margin.
Finally, we could make it; Our first victory of the season arrived!!
Thanks to the 25 points we got today we can jump in 2nd position in the championship ranking, just 4 points behind the leading car.
All the negative races and memories of the first parts of the season are all forgotten and we can now look at the last three races of the season with a lot of optimism.
Many thanks to the whole S Road REITO MOLA Team Staff for the perfect job of this weekend and to Michelin for the great tires they prepared.
The last word is for the whole Fans who always support us; Many thanks and see you next race at the Fuji Speedway.

決勝レースが始まり、スタートから良い流れに乗ることができて、33周目にピットインしてドライバー交代をするまでの僕の第1スティントは、2番手以降の車両との差を広げることができた。
柳田選手がピットアウトした時点でも、後続の車とのギャップは広がったままで走り始めたが、300クラスの車両と接触してしまい、フロントホイールを破損してしまったせいで、緊急ピットインをしてのタイヤ交換を余儀なくされた。
ピットアウトしたときは7番手まで順位を落とし、「優勝のチャンスが消えてしまった」とガッカリしていたが、柳田選手の目が覚めるようなドライビングで3台を追い抜き、次のピットインまでに4番手に順位をあげることができた。
彼の頑張りとオーバーテイクを見て、「まだまだ優勝争いできる!」と再びモチベーションがあがりました。僕の第2スティントではプッシュをし続けて、3回目のルーティン・ピットストップする時点で、なんと首位に戻ることができた。
柳田選手の第2スティントでも、彼はすばらしい走りをしてくれました。140周目で最後のピットイン。このとき2番手との差は約1分ありました。
今シーズンの初優勝は僕に懸かっている・・・チェッカーフラッグまで集中してミスのないように走ろうと思いました。約1分の差があることで気分的にも余裕をもって走れると思った矢先、シケイン手前で大きなクラッシュがあり、セーフティーカー出動になった。
そのせいで、築きあげた2番手との1分のマージンは消えてしまいました。
数周セーフティーカーの後ろを走り、いよいよ再スタート!長かった173周のレースも残り14周で終わりのところまで来ました。
再スタートからおもいっきりプッシュし走り続けて、2番手と15秒の差をひろげ、チェッカーフラッグをトップで受け、僕たちにとって今シーズン初の優勝となりました。
ボーナスポイントを含めた25ポイントを獲得したので、シリーズランキングも2位に浮上し、首位とは4ポイント差のところまで縮めることができた。
悪い流れだった前半戦のことは完全に忘れてしまいました。連続表彰台でいい流れになってきた後半戦・・残り3戦を全力で戦い、1ポイントでも多くポイントを獲り、最後までチャンピオン争いしたいです。
完璧な仕事をしてくれたS Road REITO MOLAチームの全スタッフ、最高のタイヤを用意してくれたミシュランに感謝しています。
そしていつも応援してくれるファンのみなさん、ありがとうございます。次戦の富士スピードウェイで会いましょう!

Copyright © 2007-2016 Ronnie Quintarelli Official Website All Rights Reserved.