株式会社GENOVA
S Road Co Ltd.
価格.com
ラケーリジャパン株式会社
MS JAPAN
株式会社エアージェイ
ユタニ工業株式会社
Dam Craft
王子サーモン
ITALIANS FOR TOHOKU
PRAY FOR ITALY
チェカレンジャーブログ
Ronnie Quintarelli Official Website for mobile
twitter
Instagram
profile
2012 AUTOBACS SUPER GT
2012 AUTOBACS SUPER GT Round4 SUGO GT 300km RACE
スポーツランドSUGO / Course Length : 3.704256 km
2012/07/28(土)
Qualifying #1 Weather : Fine | Course : Dry
Super Lap Weather : Fine | Course : Dry

Before coming to Sugo, we were really confident we could have a good weekend, thanks to the updated aerodynamics parts on our Nissan GT-R car and the new tires spec that Michelin introduced for this race.
Already in the Saturday morning free practice, I felt the car working very well and was so confident to have a good qualify session in the afternoon.
My teammate Yanagida-san drove in the Qualify 1 and at the end of the 15 minutes session, he got into the target Top 10 (6th position), giving me the chance to attack in the Super Lap, session that decides the first 10 Grids for the tomorrow’s race.
When I went out for my driving, I was very motivated to do well, and my target was to get into the Top 3.
At the end, it was just 6th grid, not the best for us, but still an acceptable result, also considering the medium compound range tires we chose that should perform better for the race than a single time attack.

このレースでデビューとなる、日産GT-Rの新しい空力パーツとミシュランの新しいタイヤスペックの効果から、菅生入りする前の僕らは、今週末が僕らにとって良いものになる自信があった。
土曜日朝のフリー走行から、すでに車は調子が良く、午後の予選への自信は十分にありました。
チームメイト柳田選手が予選1回目を担当、最後の15分間で6番手のタイムを出し、予選グリッド上位10台を決めるスーパーラップ進出を果たし、僕にバトンをつないでくれました。
僕は予選の走りに自信があったので、目標はトップ3に入ることだった。
結果は6番グリッド。目標のトップ3には届かずベストな結果ではなかったけれど、まだまだ優勝を狙える位置。それに僕らが選択したミディアムコンパウンドのタイヤは、予選1回のアタックよりも決勝レースで良いパフォーマンスをしてくれるはずだから、明日のレースは期待できると思います。
2012/07/29(日)
Race Weather : Cloudy | Course : Dry
Distance 81 Laps / 300.044736 km

At the start of the race, everything went well and I had a good first lap jumping up from 6th to 4th position.
During the first part of the stint, I was trying to push hard, but at the same time to try to save my tires life, with a very hot track temperature and many laps we planed to drive in the first stint.
Around Lap 20, with less fuel inside the car I began to have a very good feeling with the car balance that was getting better and better.
On those laps, thanks to a GT 300 car that disturbed the 2 cars in front of me on the exit of last corner, I was able to have a good move overtaking both of them until the braking of Turn 1; At that time, we were in 2nd position and in front of us just 1 car was remaining.
Keeping pushing hard, in less than 10 laps I could catch up with the leading car and at that moment, I thought we really had the chance to win the race.
In the laps I drove behind the leading car, I was much quicker in the corners, but losing gap on the straight, making my overtake move really difficult.
On Lap 39, we pit-in for the pit stop and driver change and when my Teammate Yanagida-san pit-out, he was in 3rd position.
Until the end of the race, our position didn’t change and finishing 3rd we could get our first podium of the season.
I’m really happy we finally finished the race without any troubles and this 3rd places will give a lot of confidences to us for the upcoming races.
We also consider this result as a starting line of our season and thanks to 11 championship points we got, we still could have the chance to be back for the championship battle if we kept this condition for the next races.
The last word is for all the Nissan and personal Fans who came to Sugo to support us; A big thanks to all of you and see you at Suzuka for the Round 5 1000Km race on August 18th and 19th.

決勝レースがスタート。第1スティントは僕が担当、1周目で6番手から4番手にポジションをあげることに成功。
このスティントの序盤は、攻めつつもタイヤをいたわりながら温存して走ることに気をつけました。なぜなら路面温度がとても高いうえに、最初のスティントをなるべく引っ張り、長く走る作戦だったからです。
20周目ごろになると、燃料が軽くなり、車のバランスはどんどん良くなっていきましたね。
僕の前を走る2台のライバル車の前に1台の300クラスのマシーン。このおかげで、最終コーナー出口〜1コーナーの間で一気に2台を抜くことに成功し、2番手に浮上!残るはトップを走る1台のみとなった。
攻めの走りを続ける中10周もしないうちに、トップの車に追いついた。この瞬間、「優勝できるかもしれない」と心の中で思いましたね。
ただトップの後ろを走りながらどうにか抜きたいと思っていましたが、コーナーでは明らかに僕の方が速いのに、ストレートでは完全に前を走るトップの車の方が速いことが、オーバーテイクできなかった理由でした。
39周目、ピットインして柳田選手にドライバー交代。3番手でコースへ戻ります。
ゴールするまで3位を死守し、僕らにとって今シーズンの初表彰台となった。
トラブルなくレースを終えたことにとりあえず安心したし、優勝はできなかったけど、3位で表彰台にあがれたことで残りのレースに向けて自信にもなったし、いい流れになってきたと思っています。
僕たちにとってはある意味これがスタートラインです。現時点で11ポイント、このままの調子を毎回続ければ、まだまだチャンピオン争いにカムバックできるチャンスはあるので、次こそ優勝します!
菅生に来てくれた日産ファンやチームファン、そして僕を応援してくれたファンの皆さん、ありがとうございました。次戦、8月18日・19日の鈴鹿1000kmで会いましょう!

Copyright © 2007-2016 Ronnie Quintarelli Official Website All Rights Reserved.