株式会社GENOVA
S Road Co Ltd.
価格.com
ラケーリジャパン株式会社
MS JAPAN
株式会社エアージェイ
ユタニ工業株式会社
Dam Craft
王子サーモン
ITALIANS FOR TOHOKU
PRAY FOR ITALY
チェカレンジャーブログ
Ronnie Quintarelli Official Website for mobile
twitter
Instagram
profile
2012 AUTOBACS SUPER GT
2012 AUTOBACS SUPER GT Round3  SUPER GT INTERNATIONAL SERIES MALAYSIA
セパンインターナショナルサーキット / Course Length : 5.542 km
2012/06/09(土)
Qualifying #1 Weather : Cloudy | Course : Dry
Super Lap Weather : Cloudy | Course : Dry

The 7th position we got in the morning free practice made us understand the Sepang race weekend was not going to be an easy one for us.
The car balance and general grip was not the best one and for the qualify 1 we tried a big car set-up change in order to close the gap to the top cars.
According to this season Super GT regulation that wants the Qualifying 1 driver not to drive in the Super Lap, and opposite, my teammate Yanagida-san was in charge to drive in the qualify 1, trying to get into the Top 10 and give me the car to attack for the Super Lap.
Unfortunately, Yanagida-san didn’t feel the car well during his driving and he couldn’t finish better the 11th grid we had to start the Sunday race.

朝のフリー走行で7番手、今年のセパン戦は僕たちにとって簡単にはいかない、厳しい1戦になることを覚悟した。
車にバランスとグリップも本調子とは言えない状況で迎えた予選1回目、他車とのギャップを少しでも縮められるように、僕たちは大幅な車のセットアップ変更を試みた。
今シーズンのSuper GTのレギュレーションで、予選1回目を担当するドライバーは、スーパーラップでは走れないことになっている。予選1回目で上位10位までに入り、僕をスーパーラップでアタックさせるために、チームメイト柳田選手が予選1回目をドライブすることになった。
残念ながら、柳田選手はいいバランスで車に乗れなくて、上位10位に入れず、僕たちは日曜日の決勝を11番グリッドから戦うことになった。
2011/06/10(日)
Race Weather : Fine | Course : Dry
Distance 53 Laps / 293.726 km

The top time we got in the Sunday morning warm-up gave us a lot of confident for the race, considering the car felt quite well during my driving.
As it happens in the first two rounds of this season, also for this Sepang round I was the driver in charge to start the race.In the minutes around the start of the race, we had a really high track temperature, around 50 degrees, a positive point for us, thanks to the good performance of our Michelin tires with a very high track temperature.
At the green lights everything went well, and I could avoid dangerous situations in the first few corners, things not easy when you start from the middle of the field.
During my stint the car and tyres were both working quite well and on lap 25 laps I pit-in for the pit stop and driver change operation when I was on 9th position, place still good to try to get into the top five.
Thanks to a very good pit stop of our team, my teammate Yanagida-san could pit-out on 8th position, very closed to a few other cars in front of us.
After a few laps of his driving Yanagida-san could jump up to seventh position and when we really had the chance to get into the top five in the last part of the race, we worst happen for us, with a really dangerous mechanical failure with our brake system ended with a big explosion on our front right section of the car and a quite big crash into another car.
Fortunately, the impact into the crash barrier was not really big and nobody suffer any injure, the most important thing in these situations.
The bad thing for us was that we didn’t score any points today, a very negative thing and the first time for the Team S Road MOLA without points since the team enter to compete in the GT500 class last season.
After three races, our point standing situation is not really good, but we will keep pushing hard trying to change this negative trend already fro the next round.
The next race will be held at the Sports Land Sugo Circuit, place where we won last season and one of my favorite circuits in Japan.
We will try our really best for all our Fans!!

日曜日の朝のフリー走行でトップタイムを出した僕ら1号車、僕がドライブしていても車の調子は明らかに良くなっていたし、決勝に向けて自信が湧いていた。
前の2戦同様、このセパン戦も決勝レースは僕がスタートドライバーになる。決勝が近づくにつれて、気温はどんどん高くなり、路面温度も50℃近くになっていた。高い路面温度で抜群の力を発揮するミシュランタイヤ、良い風が僕たちに吹き始めたと思っていた。
アクシデントが起きやすい中盤以降のグリッドからのスタートだけど、グリーンライトから最初の数コーナー、危ない状況を避けながらスタートすることができました。
僕のスティントでは車もタイヤもとても調子がよく、まだまだトップ5を狙える9番手を走っていた25周目、ドライバー交代のピットインをした。
チームクルーの良いピット作業のおかげもあり、柳田選手がピットアウトした時点で8番手に上がり、すぐ前には数台のマシーンが走っていた。
数周走ると、柳田選手は7番手まで順位を上げ、トップ5入りを狙うために終盤の追い込みをしようとしたその瞬間、最悪の事態が僕らを襲った。右フロント部分のブレーキディスクが大きな爆発と共に割れてしまい、36号車とクラッシュしてしまうというアクシデントになってしまったんだ。できれば接触を避けたかった状況だけど、制御不能だったので、36号車には申し訳なかったですね。
ただバリアにぶつかった際の衝撃も強くなかったので、大事故にならず、怪我人もでなかったことが不幸中の幸いでした。
最も残念なことはポイント0でセパン戦を終えたこと。S Road Team MOLAが500クラスに参戦して以来、ノーポイントでレースを終えたことがないので、そのことが本当に悔しいですね。
3戦終了時点でのポイントランキングは決して良いものとは言えないけれど、次戦へ向けてすでに気持ちを切り替えて、攻めていくのみです!
次はスポーツランドSUGO、昨シーズン僕たちが優勝したサーキットで、僕が好きなサーキットでもあります。
次はファンの皆さんに喜んでもらえるようなレースができるように頑張ります!

Copyright © 2007-2016 Ronnie Quintarelli Official Website All Rights Reserved.