株式会社GENOVA
S Road Co Ltd.
価格.com
ラケーリジャパン株式会社
MS JAPAN
株式会社エアージェイ
ユタニ工業株式会社
Dam Craft
王子サーモン
ITALIANS FOR TOHOKU
PRAY FOR ITALY
チェカレンジャーブログ
Ronnie Quintarelli Official Website for mobile
twitter
Instagram
profile
2012 AUTOBACS SUPER GT
2012 AUTOBACS SUPER GT Round1 OKAYAMA GT 300km RACE
岡山国際サーキット / Course Length : 3.703 km
2012/03/31(土)
Qualifying[Knockout]
Weather : Fine / Rain | Course : Dry / Wet

The first race weekend of the season has arrived!!
After the successful 2011 season and the positive pre-season tests, I was really confident for a good qualify result.
The day began in the best way, thanks to the top time we marked in the morning free practice under wet condition.
In the afternoon knockout qualify sessions, with a dry surface I was in charge to drive in the 1st and 3rd session, with my teammate Yanagida-san driving in the 2nd one.
Until the session 2, everything went well with feeling our Nissan GT-R and Michelin tires working really well, giving me a lot of confident for the last key point session.
When I pit-out in the session 3, I really struggled a lot to find a clear lap, due to a lot of traffic in front of me.
At the end, I was able to push really hard in the last lap in which my driving was not perfect, doing a few mistakes that really cost at least the second row on the grid.
At the end, it was 5th position in the first qualify of the season.

今シーズン開幕戦のレースウィークがついにやってきた!
最高の形で成功をおさめた2011年シーズンと有意義だったプレシーズンテストを終えた僕は、予選ではかなりいいグリッドを狙う自信がすごくあった。
雨のウェットコンディションで始まった朝のフリー走行でトップタイムだった僕たち、まずは良いスタートをきれたと思っていました。
そしてむかえたノックアウト予選。ドライコンディションになり、僕はセッション1&3担当、チームメイト柳田選手はセッション2担当に決まった。
セッション2までは順調で、僕たちの日産GT-Rとミシュランタイヤもいい働きをしてくれていたし、カギとなる最終セッションに向けて自信があった。
セッション3が始まりピットアウトした僕は、前方のトラフィックのせいでクリアラップを取るのにすごく苦労してしまったんだ。
最後にようやくプッシュできたけれど、僕のドライビングは完璧とは言えない走りで、いくつかのミスもしてしまい、少なくともグリッド2列目には並べた状態だったのに、それを惜しくも逃してしまいました。
最終的に予選5番手、これが僕たちの開幕戦の予選結果でした
2012/04/01(日)
Race Weather : Fine | Course : Dry
Distance 82 Laps / 303.646 km

The atmosphere in this opening race of this season was really amazing.
A huge numbers of Fans came at Okayama on Sunday to watch the race and it really gave us a lot of motivation to do well in front of them.
At the start of the race, I really pushed hard with trying to gain a few position-up.
At the end of the first lap, I jumped up to 4th and it was a really promising start for the rest of the race.
After about 30 laps, when I was fighting for the 3rd position, I didn’t have much luck when I was overtaking a GT 300, I went off the record line that much that made one GT500 car behind me to pass me again.
On lap 38, I pit-in in with 5th position for the pit stop; Everything went well, including the driver changing operation with Yanagida-san.
When he pit-out, he was driving in 5th position, very closed to the two cars in front of us.
The bad luck with GT 300 today was still there, and this time one GT 300 car, closed the door to Yanagida-san while he was overtaking them causing a collision that damaged the front left section of our car.
With such car damaged, he was still able to manage to bring the car at the end of the race in 8th position.
This result was not what we expected before the start of the race, but we should still consider ourselves very lucky to finish the race today, bringing back home very important 3 points for our championship.
We are now really looking forward to the next Fuji Round 2 race, on May 3rd and 4th at the Fuji Speedway.
Thank you to all the Fans coming to Okayama to support us!

開幕戦の雰囲気は信じられないほど素晴らしいものだった。
決勝日には溢れるほどの大勢のファンたちがレース観戦のために岡山まで足を運んでくれて、この大勢のファンを前にして、僕たちチーム全員のモチベーションは最高潮となった。
決勝レースがスタートし、昨日の予選で失ったポジションを少しでも取り返そうと激しくプッシュしながら走った。
そして1周目を終えるときには、4番手に上がり、今日の決勝に向けて良いスタートができたと言えた。
約30周が過ぎ、僕は3番手争いをしていたけれど、GT300クラスの車を抜くときの運とタイミングが良くないことが続いてしまったんだ。GT300クラスの車を抜くためにレコードラインを外したら、後ろにいたGT500クラスの車に再び抜かれてしまい、また5番手になってしまった。
38周目、5番手のままピットストップ。ドライバー交代も含めてピットストップはとてもうまくいった。
柳田選手がピットアウトしたときも5番手のままだったけれど、3番手と4番手のライバル2台の車がすぐ前を走っていた。
GT300クラスに対する僕たちの不運はまだ続いていて、柳田選手が1台のGT300クラスの車を抜こうとしてるときに、その車が近寄ってきて接触!その接触のせいで、僕たちの車の左フロント部分にダメージを負ってしまった。
かなり大きなダメージだったけど、柳田選手はどうにか走りきってくれて8位でレースを終えてくれた。
正直、結果は僕たちが考えていたものとは違うものだったけれど、あの損傷でレースを終えることができ、貴重な3ポイントを獲得できたわけだから、ラッキーだったと思うべきなんだ。
5月3日・4日に富士スピードウェイで開催される第2戦に向けて、僕たちはすでに準備万端、開幕戦の悔しさをここで取り戻したいです。
岡山で応援してくれたファンのみなさん、どうもありがとうございました。

Copyright © 2007-2016 Ronnie Quintarelli Official Website All Rights Reserved.