株式会社GENOVA
S Road Co Ltd.
価格.com
ラケーリジャパン株式会社
MS JAPAN
株式会社エアージェイ
ユタニ工業株式会社
Dam Craft
王子サーモン
ITALIANS FOR TOHOKU
PRAY FOR ITALY
チェカレンジャーブログ
Ronnie Quintarelli Official Website for mobile
twitter
Instagram
result
2012 AUTOBACS SUPER GT
JAF Grand Prix SUPER GT & Formula NIPPON FUJI SPRINT CUP 2012
富士スピードウェイ/ Course Length : 4.563 Km

2012/11/16(金)
Qualifying #1 Weather : Fine | Course : Dry
Qualifying #2 Weather : Fine | Course : Dry

In the morning free practice, with very low temperature on the track surface, the general grip I felt with the car was not perfect as usual and the free practice result was not as good as we were expected.
In the break time between the free practice and afternoon qualify, our team’s staffs worked hard to improve the car performance to give us the best car for the afternoon qualify.
In the qualify 1, the car really felt well during my first outing with used tires and I was really confident to having a good lap time in the second key outing with new tires.
After pitting out, I began to push quite hard already from the first flying lap, trying to warm-up tires for my target second flying lap.
Unfortunately, I met a slow car in front of me in the last sector of this lap and I had to slow down a lot to open space in front me.
Slowing down, I cooled down the tires too much and at turn 1 of my second flying lap the tires grip was not there and I lost a lot of time. At the end of this second flying lap the lap time was not good enough and I kept pushing hard for one more lap.
In the next lap I had a really good first and second sector time, but I suddenly lost grip from tires in the last sector and I couldn’t improve my lap time. With the 9th position I got at the end, the qualify result was really disappointing, but I’m still confident for tomorrow race also considering the race seems to be under rain condition.
I will do my best in this last race of the season!!

朝のフリー走行は路面温度が非常に低く、通常感じるタイヤのグリップのような良い感触はなく、結果も予想を下回るものだった。
フリー走行後、午後の予選が始まるまでの間、チームスタッフたちは少しでも車のパフォーマンス力を改善するために一生懸命努力をしていた。
予選1回目、ユーズドタイヤで走った僕のスティントでの車の調子はとても良く、新品タイヤで走る次はきっと良いラップタイムを出せる自信が少しずつで始めていた。
タイヤ交換をしてピットアウト。2周目のアタックを目標にしていた僕は、タイヤを温めるために、1周目から目一杯プッシュして走っていた。
しかし残念ながら、僕の前にスローダウンしている車がいて、アタックするためのスペースを空けるために、僕もスローダウンせざるを得なくなってしまった。
スローダウンするということは、タイヤの熱が再び落ちてしまうわけで、2週目の1コーナーではタイヤが全くグリップせず、タイムを大きくロスしてしまう。この周の後半の時点でもラップタイムは伸びていなかったので、もう1周アタックし続けることになった。
3周目、第1と第2セクターのタイムはとても良かったけれど、最終セクターに入った途端、突然タイヤのグリップがなくなり、その結果、ラップタイムを更新することができなかった。
予選9番手から明日の決勝に臨まなくてはならない。納得いかない悔しい予選となったが、明日は雨でのレースになる可能性があるので、最後まで諦めず、自分の力を信じて走りたいと思います。

※Qualifying#2は柳田真孝選手の出走
2012/11/17(土)
Race 1 Weather : Rain | Course : Wet
Distance 10 Laps / 45.63 km

In the 8 minutes warm-up before the start of the race, we tried two sets of wet tires in order to decide the right one for the start of the race.
The rain amount on the track was really huge and we decided to opt for the full wet tires to start the race.
At the start, I had a really good move when the red lights switched off and under braking of turn 1 I jumped up from 9th to 7th position.
During the first part of the opening lap, I overtook one more car and at the end of the first lap I was up to 6th.
With this big rain condition, it was so hard for all drivers to keep their cars on the track, but for us, thanks to a really good car performance and tires grip, I enjoyed to drive even in this condition.
In the second lap, I overtook two more cars jumping up to 4th.
In the third lap, I overtook two more cars, one by an overtaking and one thanks to the drive-though penalty he got because of a jumping start. At the end of the third lap, I was already on 2nd position!!
At that moment, the leading car had also a good pace, very similar to us and what I tried to do in those moments was trying to follow them as closed as possible with trying to make some pressures.
My strategy paid off on lap 9, when the leading car spins off giving to me lead of the race!!
The circumstance also wanted that after a few seconds I moved up to 1st position, the safety car entered the track for the dangerous track condition caused the huge water.
After a few laps behind the safety car, the race was stopped with a red flag and the result was kept like that.
It meant it was victory, for two years in a row in the Fuji Sprint Cup race 1, after the one of last season.
It was really good to end this incredible season with this result and I really want to thanks all the people who are always working hard for us to prepare the best car and tires.
Many thanks to all of you!!
The last word is for all our Fans; Thank you a lot for this season strong support and see you again next season!!

決勝スタート前の8分間のウォームアップ走行。僕は2セットのウェットタイヤで走りながら、どちらをレースに使用するかを見極めていた。
路面の雨の量は非常に多かったので、フルウェットタイヤで決勝に臨むことに決めた。
スプリントカップでは通常のローリングスタートではなく、スタンディングスタートとなる。レッドシグナルが消えて、いよいよ決勝レースが始まる。いいスタートができた僕は、1コーナーで9番手から7番手に順位を上げた。
1周目の前半でもう1台を抜き、1週目終了時点では6番手となった。
大雨でトラック上は川ができるほどの水量。全ドライバーはコース上に車を留めることに一生懸命だったが、車のパフォーマンスとタイヤのグリップの良さのおかげで、このような大変厳しい状況の中でも、僕はドライブを楽しんで走っていた。
2週目に更に2台を抜き、4番手に浮上する。
そして3周目にはオーバーテイクで1台、ジャンプスタートによるドライブスルーペナルティで1台、結果2つポジションをあげて2位になった。
トップの車両は僕と同じような良いペースで走っていたので、まずはできる限りトップの車に近づいて、少しでもプレッシャーを与えるようにと思いながら走ることにした。
そしてこの作戦は9周目に実を結ぶことになった!なんとトップの車がスピンをしたのだ。そして僕はついにトップになった。
そこに信じられないような出来事が起こる。僕がトップに立った数秒後にセーフティーカーが入ったのだ。大雨によるトラック上の水量が危険状態の可能性があるということでのセーフティーカー導入だった。
セーフティーカー誘導で数周走っていたが、これ以上のレース続行は危険だと判断され、赤旗中断となり、順位結果はこのままとなった。
つまり、僕がレース1優勝ドライバーとなった!それもシーズン2連覇を達成し、そしてスプリントカップ・レース1の2連覇も達成したわけだ。
これ以上ない最高のシーズン締めくくりができて、良い車と良いタイヤを作るために、いつも一生懸命働いてくれる全ての人に感謝の気持ちでいっぱいです。
みなさん、ありがとうございました!!
そして最後にファンのみなさんに一言。2012シーズンもたくさんの応援ありがとうございました。また来年、みなさんに会えるのを楽しみにしています。

※天候不順により本大会特別規則書第10条2.に基づき10Lapsの結果を以って終了
2012/11/18(日)
Race 2 Weather : Fine | Course : Dry
Distance 22 Laps / 100.386 km

※Race2は柳田真孝選手の出走 [Position 14]

Copyright © 2007-2016 Ronnie Quintarelli Official Website All Rights Reserved.