株式会社GENOVA
S Road Co Ltd.
価格.com
ラケーリジャパン株式会社
MS JAPAN
株式会社エアージェイ
ユタニ工業株式会社
Dam Craft
王子サーモン
ITALIANS FOR TOHOKU
PRAY FOR ITALY
チェカレンジャーブログ
Ronnie Quintarelli Official Website for mobile
twitter
Instagram
result
2011 AUTOBACS SUPER GT
2011 AUTOBACS SUPER GT Round7 SUPER GT IN KYUSHU 250KM
オートポリス / Course Length : 4.674 km
2011/10/1(土)
Qualifying #1 Weather : Fine | Course : Dry
Super Lap Weather : Fine | Course : Dry

In the morning first free practice, straightaway, the car and tires performance were both amazing and the top time we got, it gave us a lot of confidences for the weekend.
In the afternoon, things also went perfectly, at least until the Qualify 1.
In the Super lap, being the last to enter the track, I knew I had to push really hard if I wanted to beat the rival’s lap time that was really fast.
At the start of my attack lap, I had some bottoming under braking of Turn 1, and also because the tires were not completely warmed, I had a huge front tires lock-up that cost a big flat spot.
From the exit of Turn 1, I started to have a big front tires vibration that was disturbing the car balance and made me to lose some time. Even that, I kept pushing really hard with trying to recover the time lost in the first corner braking.
At the end of the lap, I got 2nd grid, just 1/1000 second behind the top car; I really frustrating 2nd position…
For tomorrow’s race, I’m really confident with doing well and I will try my best together with my teammate and the whole Team staffs in order to get the points as much as possible for our championship ranking.

朝のフリー走行、走り出し直後から車とタイヤのパフォーマンスがとっても良く、トップタイムをたたきだした僕たち。今回のレースウィークに向けて自信が持てた。
午後も順調に進んでいった。少なくても予選1回目まではね。
スーパーラップで最後に走る僕、僕の前に走った39号車のタイムがとても速かったので、それを破るタイムを出すにはかなり攻めた走りをしないといけないと思っていた。
アタック開始!1コーナーでのハードブレーキで車が路面と接触、タイヤはまだ完全に温まりきっていなかったこともあり、フロントタイヤにフラットスポットを作ってしまったんだ。
1コーナー出口から、フロントタイヤから大きな振動が起こり始めてしまい、車のバランスを邪魔することになったし、ラップタイムが遅くなることにもつながってしまった。その状態でも、僕はタイムロスした分を取り戻すためにコーナーの入りのブレーキで攻め続けた。
結果は、ポールポジションと1000分の1秒差で2番グリッド。2番グリッド・・悔しかった。
明日の決勝はいいレースができる自信があるし、ランキングのためにもできるだけポイントを獲得するために、柳田選手と全スタッフと力を合わせて一生懸命やるだけです!
2011/10/2(日)
Race Weather : Cloudy | Course : Dry
Distance 54 Laps / 252.396 km

The 2nd place we got in today’s race, it’s a really great result for us.
Honestly, before coming here at Autopolis, I was not really sure we could have been really competitive and I would have made a sign for the second position, possibly, in front of our championship rivals car tough…
This second place, that really put us in a strong position in the championship ranking, is really thanks to the hard job of Nissan, the whole Team MOLA staff, Michelin, and of course, the good job of both drivers.
Now, just one race is remained, the final one will be in Motegi on October 15th and 16th.
To win mathematically the championship, we need to finish at least in 6th place, in case of #23 that is now second in championship will win the race.
But I don’t want to fight the race with thinking about any points.
We will just concentrate and do our best as we have done so far this season, in order to win the final race.
Anyway, I’m really confident we can get the championship!
The last word is for all of the Nissan Fans, Kyushu and Yamaguchi prefecture Fans who came to Autopolis to support me and the Team MOLA; A big thanks for the strong supports and for all the gifts you brought to us. Thanks you very much.

決勝結果2位、これは僕たちにとって大きな意味のある2位です。
正直、オートポリスに来る前は、ウェイトが軽くなったといってもライバルたちと互角に戦えるかどうかはわからなかったし、「優勝は無理でも、ある程度上位で終わらせてあげるよ・・」なんて悪魔の囁きがあったら迷ってしまうかも!?というほど、僕にとって第7戦は大事で且つポイントを落とせないレースだったからね。
2位になったことでランキングではかなり優位にたつことができました。日産、MOLAスタッフ、ミシュランのおかげです!もちろんドライバー2人の仕事も大きいですよね!
残るはあと1戦、最終戦は10月15日・16日の茂木での開催です。
チャンピオンになるには、ランキング2位の23号車が優勝した場合、最低でも僕らは6位でフィニッシュする必要があります。
でも、ポイントを考えながら最終戦を戦うことはしたくありません。
今シーズンやってきたのと同様、集中してベストを尽くす!優勝するために。
そしてチャンピオンを獲ります!自信あります!!
オートポリスまで応援に来てくれた日産ファン、九州や山口県から来てくれたファンのみなさん、力強い応援ありがとうございました

Copyright © 2007-2016 Ronnie Quintarelli Official Website All Rights Reserved.