株式会社GENOVA
S Road Co Ltd.
価格.com
ラケーリジャパン株式会社
MS JAPAN
株式会社エアージェイ
ユタニ工業株式会社
Dam Craft
王子サーモン
ITALIANS FOR TOHOKU
PRAY FOR ITALY
チェカレンジャーブログ
Ronnie Quintarelli Official Website for mobile
twitter
Instagram
result
2011 AUTOBACS SUPER GT
2011 AUTOBACS SUPER GT Round5 40th International Pokka GT SUMMER SPECIAL
鈴鹿サーキット / Course Length : 5.807 km
2011/08/20(土)
Qualifying [Knockout]
Q1 Weather : Cloudy | Course : Dry
Q2 Weather : Rain | Course : Wet
Q3 Weather : Rain | Course : Wet

After exactly one year, I came back to Suzuka for this POKKA 500Km race.
The same as it happened in the last race at Sugo, also here at Suzuka the weather circumstances had been the key point to determine the qualify result.
For us, considering the big handy weight we had in the car, the rain that faulted down after the knock-out session one really helped a lot.
After I get through in the knock-out session 1 and 2, my teammate Yanagida-san was behind the steering in the key point session 3; His driving was really great and watching his performance on the pit monitor together with all the team staffs, really made me so excited, even more than when I was driving..
Tomorrow, we will have a very long race with an unstable weather condition according to the forecast; We will do our best to get the points as much as possible for our championship ranking.

さて、毎年恒例の真夏のロングレースが始まった。今年は東日本大震災のこともあり、レース距離が500kmに縮小。
前戦の菅生と同様、ここ鈴鹿でも天候がめまぐるしく変わっていくことが予想されていて、予選結果を左右するポイントは正確な天候への適応力と言えるだろう。
僕たちチームはウェイトハンデが重いことを考えると、セッション1を終えてからの雨がとても助かったと言えましたね。
僕がセッション1・2を通過し、予選グリッドを決める重要なセッション3はチームメイト柳田選手がステアリングを握った。柳田選手のドライビングはすばらしくて、チームスタッフ全員とピットモニターで彼のパフォーマンスを見ていて、とっても興奮したよ!自分がドライブしているときよりも興奮していたかもね。
明日は長いレースになるだろうね・・しかも天気予報によると不安定な天気らしいからタフなロングレースになると思います。それでもランキングトップ死守のために、できる限りポイントを獲得できるように精一杯頑張ります
2011/08/21(日)
Race Weather : Rain | Course : Wet
Distance 87 Laps / 505.209 km

My first stint with wet tires were very good in the first part, but became really difficult after about 15 laps when the water level in track was reducing a lot.
In those circumstances, our wet tires were not fitting well the course condition and I had really hard time during those laps, but doing my best, I could still keep the 2nd position until the first pit stop.
After I pit-in, we decided to keep the same type of wet tires for my teammate Yanagida-san considering the weather forecast was predicting heavy rain for the second stint; It was not a good choice for us, because, at the end, no much rain fault down and also in our second stint our pace was not good enough.
For the third stint, it was still very difficult to decide the tires for my driving;
Together with the team director and my track Engineer we decided we had to take a risk and the only choice for us to save the race was to choose slick tires!
Before jumping in the car, I was really motivated and convinced that was the right choice and after I pit out, I really pushed crazily from the first corner.
The tires grip was amazing in that damp condition and I really enjoyed my driving.
My only worried in those laps after pitting out was the small rain that was falling down, but, even with that condition, I never gave up and just kept pushing very hard.
After I jumped up to 2nd position, I was sure I could also catch up and overtake the car #1 that was leading the race and when it began to rain in the last few laps, I was really shocked.
At that time I changed my mind I and decided to go for the save driving bringing back home the second place that was still a great result for us.
Finally, at the checkered flag it was second place; A little bit disappointed for that but considering how it arrived we should be all proud and happy about that.
After Suzuka race we are still leading the championship ranking by twelve points gap to the car in second position.
I’m now looking forward to the next very important race at Fuji Speedway that will be held on September 10th and 11th; I will do my best with the strong support of all Nissan and personal Fans.

決勝レースの第1スティントは僕が担当。ウェットタイヤでのスタートで序盤は良いすべり出し。しかし15周目が過ぎたあたりから、路面の水はかなり少なくなっていて、タイヤに厳しくなっていった。
この路面状態で、コースコンディションに全然合わなくなってしまった僕たちのウェットタイヤ・・しばらくキツイ状況が続き、唯一浅溝タイヤ装着の23号車には抜かれるものの、最初のピットストップまで2位を守った。
柳田選手がドライブする第2スティントでは、また激しい雨が降ると予想していた僕たちチームは、同じタイプのウェットタイヤを選択。
しかしこの選択がさらに状況を厳しいものとしてしまった。第2スティントでも強い雨は降らず、結局ペースを上げることができなかった。そして僕がドライブ担当の第3スティント。タイヤ選択が非常に難しかった。
監督とエンジニアと相談し、スリックタイヤを選択するリスクをとった。順位をかなり落としてしまった僕たちにとって、このレースで再びトップ争いをするためにはスリックタイヤ選択しか方法がなかったんだ!
車に乗り込む前、僕のモチベーションはかなり上がっていて、スリックタイヤ選択は間違いないと信じていた。そしてピットアウト後、1コーナーから夢中でプッシュしたよ。
湿った状態の路面にミシュランのスリックタイヤは驚くほどグリップし、僕はドライビングを楽しむことができるほどだった。 ピットアウト後に僕が唯一心配だったことは、小雨が降り続いていたこと。しかしそのような状況でも、絶対に諦めず、プッシュし続けることだけを考えてドライブしていたんだ。
数台をオーバーテイクして再び2番手に浮上、トップを走っていた1号車に追いついてオーバーテイクをしかけようとしたその時!ラスト数周になって突然強い雨が降り始めた・・これは本当にショックだったよ。
この状態ではもうどうしようもなく、トラックに残って2番手でチェッカーをうけるために安全にドライブすることに気持ちを切り替えた。
あのままいってトップになれていれば言うことないけれど、この不安定な天候と重いウェイトハンデでの2位は十分な結果だと考えられたしね。もちろん、残念で悔しい気持ちはあるよ。けれど予選・決勝とチーム一丸となって戦い、結果2位でポイントを多く獲得できたことに嬉しく思っています。
鈴鹿戦を終えて、2位と12ポイント差をつけてランキング1位の僕たち。
9月10日・11日の富士スピードウェイでのレース、ファンの応援を力にかえて一生懸命頑張ります!

Copyright © 2007-2016 Ronnie Quintarelli Official Website All Rights Reserved.