株式会社GENOVA
S Road Co Ltd.
価格.com
ラケーリジャパン株式会社
MS JAPAN
株式会社エアージェイ
K.Tsuruoka
ユタニ工業株式会社
Dam Craft
王子サーモン
ITALIANS FOR TOHOKU
PRAY FOR ITALY
チェカレンジャーブログ
Ronnie Quintarelli Official Website for mobile
twitter
Instagram
result
2011 AUTOBACS SUPER GT
2011 AUTOBACS SUPER GT Round3 SUPER GT INTERNATIONAL SERIES MALAYSIA
セパンインターナショナルサーキット / Course Length : 5.542 km
2011/06/18(土)
Qualifying #1 Weather : Fine | Course : Dry
Super Lap Weather : Fine | Course : Dry

Already from the morning free practice, our car and tires were working really well and I could feel straight away the Sepang’s weekend was going to be a promising one for us.
In the qualify, the second position was the best we could achieve; During my Super Lap, I pushed really hard and when I saw my lap time on the dash board inside the car, I thought I might had gotten the pole position, but when I heard from my Engineer by the radio I was second and the car #1 impressive lap time I was a little bit disappointed.
Anyway, the second place is still a very good result for us and I’m looking forward to the race.

土曜日朝のフリー走行のときから、すでに僕たちの車とタイヤの調子は絶好調で、セパンのレースウィークは最高のものになると直感したよ。
予選の結果は2番手、これが精一杯でした・・ポールポジションを狙っていただけに残念だったね。スーパーラップではかなり攻めて、車内のダッシュボードのラップタイムを見たとき、「ポールポジション獲れたんじゃないか?!」と思ったけれど、エンジニアからの無線で、1号車がすばらしく速いラップタイムをたたき出してポールを獲得したと聞いて、残念な気持ちになったよ。
それでも2番グリッドからの決勝スタートはかなり有利だし、明日のレースが楽しみです!
2011/06/19(日)
Race Weather : Fine | Course : Dry
Distance 46 Laps / 254.932 km

The result of the morning warm-up gave a lot of confidence and confirmed to us we have the potential to fight for the victory today.
At the start of the race, I stayed focus not to make any mistakes during the first two corners with trying to keep following very closed our rival car in front of us and waiting for the right chance to overtake them.
In the first three laps after the start, they were pushing really hard and I couldn’t follow them; From the fourth lap, our tires reached the right temperature and I could start to push very hard as well running at really high pace, closing completely the gap to them by lap number eight.
Even I was closed to them, I understood it was not possible to overtake them on the track except they were doing some mistakes, so the only chance for us was with the pit stop strategy.
Our pit stop was OK, but not perfect and we lost a few seconds that didn’t allow my teammate Yanagida-san to have enough gaps when he passed in top position at the first corner after the pit out.
At the end, it was second position, which is the first podium of the season for us; Of course I’m a little bit disappointed considering we really had the chance to fight for the victory today, but the most important thing for this weekend was to get at least the second position to close up the gap in the championship ranking.
Thank you very much to all the Team MOLA staff hard job, my teammate Yanagida-san, Sponsors and all the strong support of our Fans at Sepang.

日曜日の朝のフリー走行でもトップだったことで、今日は優勝争いができると自信がついたし、確信を持っていた僕たちだった。
決勝がスタートして、前にいるライバル1号車に離されないようにしつつ、最初の2つのコーナーでミスをしないことに僕は集中していた。そして、オーバーテイクできるチャンスを待っていた。
最初の3周、1号車はものすごくプッシュしていて、僕はどうにもこうにも追いつくことができなかった。4周目に入り、僕の車のタイヤの温度が温まり、僕もプッシュし始めて、8周目には完全にギャップがなくなった。
ただ1号車の後ろにつけたのだけれど、1号車がミスをしない限り、トラック上でオーバーテイクするのは無理だと思ったので、ピットストップの時に前に出るしかない!と作戦を変えたんだ。
ピットストップは大きなミスはなかったけど、完璧ではなかった・・そのせいで数秒ロスしてしまい、チームメイト柳田選手がピットアウトをして1コーナーに出たときにトップにたつほどのギャップを稼ぐことはできなかった。
決勝の結果は第2位、僕たちチームにとって今シーズン初の表彰台。もちろん、優勝争いできる位置にいたにも関わらず優勝できなかったことを残念に思う気持ちはあるけれど、今回2位になったことでチャンピオンシップポイントのランキング4位に浮上したことは大きいと思いますね。
チームMOLAのスタッフたち、柳田選手、スポンサー様、そして応援してくれたファンのみなさん、ありがとうございました。

Copyright © 2007-2016 Ronnie Quintarelli Official Website All Rights Reserved.