株式会社GENOVA
S Road Co Ltd.
価格.com
ラケーリジャパン株式会社
MS JAPAN
株式会社エアージェイ
ユタニ工業株式会社
Dam Craft
王子サーモン
ITALIANS FOR TOHOKU
PRAY FOR ITALY
チェカレンジャーブログ
Ronnie Quintarelli Official Website for mobile
twitter
Instagram
result
2011 AUTOBACS SUPER GT
2011 AUTOBACS SUPER GT Round2 FUJI GT 400 Km RACE
富士スピードウェイ/ Course Lengh : 4.563 Km
2011/04/30(土)
Qualifying #1 Weather : Fine | Course : Dry
Super Lap Weather : Fine | Course : Dry

The 2nd grid I got at the end of the Super Lap could be considered as a great result for our first ever qualify in GT 500 for the Team MOLA, but at the same time, a disappointed one if we think we dominated all the sessions of Saturday until the Super lap, including the QF1 where I set-up also the new course record of Fuji.
Honestly, after the QF1 I was expecting the pole position fight was going to be a matter among GT-R cars and I really didn’t expect such a big jump up from the car #39 getting pole position finally.
Anyway, overall thinking we should be really proud of what we did today and keep pushing hard for tomorrow’s race.

GT500デビューのチームMOLAにとって、スーパーラップで予選2番グリッドを獲得したことは喜ばしい結果だけど、富士スピードウェイのコースレコードを出した予選1回目を含めて、土曜日全てのセッションでトップ独占できなかったことは少し残念だったな。
正直言うと、予選1回目の後「ポールポジション争いは日産GT-R勢での争いになるだろうな・・。」と予想していたけれど、まさかトヨタ勢の39号車がジャンプアップしてくるなんて思ってもみなかったよ。
予選日全体をとおして、僕たちチームはほぼ最高の出来だったと自信を持っているし、明日の決勝に向けてこのまま強気で攻めていこうと思います。
2011/05/01(日)
Race Weather : Rain | Course : Wet
Distance 66 Laps / 301.158 km

In the Sunday morning warm-up with not much water on the truck, we had a really good result giving us a lot of confidence for the race also in wet condition.
On the grid, it was really difficult for me and the team to choose the right wet tires to start the race considering the rain level was changing every minute.
Finally, we decided to use the tires that we believed they could have worked well with much water in the truck.
When the race started, I was really surprised we didn't have any grips at all with huge water in the truck and I did course-off at the first corner; We tried to be patient with hoping to get some grips from tires and just fighting to keep the car on the truck, but finally we gave up and decided to pit-in to switch to real full wet tires.
After I pit out, our pace was really good, but the time we lost at the beginning of the race and in the drive-through penalty because of the pit mistake about the tires change was too much to come back to fight for top positions.
At the end, the 10th place was really a disappointing as our result, especially considering our pace was good also in heavy wet condition if we use the right tires from the beginning.
This time, we really paid the lack on experience with Michelin wet tires and we really regret the tires choice we did for the start of the race; Thinking positive, I just would say that we learned something today that will be very helpful for the rest of the season.
From my side, also this season I went back home with negative result after the first race, almost the same result of the last three seasons; Until the start of the race I really hoped this season was finally the one I could start with a great result but it wasn’t still the one unfortunately.
I’m really sorry for all the Team MOLA fans and personal fans that couldn’t see us fighting for the podium; I’m really sorry to all of you.
I promise the next race in Okayama will be a really exacting one for all of you!

路面上は雨で濡れていたけれど、そこまで水が多い状態ではなかった決勝日の朝のフリー走行、ウェットコンディションでもトップだった僕たちは自信で満ちあふれていた。
スタート直前のグリッド上で、数分おきに変わり続ける雨の量に、僕もチームも頭を悩ましていた・・スタートをどのウェットタイヤにするべきか。
そして最終的、雨量が多くても速いタイムを出せるだろうと信じたウェットタイヤに決めたんだ。
そして決勝レースがスタートした途端、グリップ感0の状態に僕は驚き、唖然としてしまった。1コーナーでコースオフしてしまったくらいグリップ力が全く働かないんだ。本当にショックだったよ。ポジション争いどころではなく、コース上に留まることだけを考えて走らざるを得ない状態で、どうにかグリップし始めてくれることを願いながらどうにか耐えて頑張っていたのだけれども、結局は諦めてピットインをし、フルウェットタイヤに交換する結果となってしまった。
ピットアウトした後のペースはとても良かったけれど、レース序盤に失ってしまったタイム、そしてタイヤ交換に関するピットミスでのドライブスルーペナルティで、トップ争いをするにはあまりに遠いところにいた。
結果は10位、予選日?決勝日の朝まで調子は良かったし、レースでもタイヤ交換後のペースは雨量が多くても良かっただけに、「もしスタートから的確なタイヤ選択をしていれば・・」と本当に残念な結果です。
今回、ミシュランタイヤのウェットタイヤのデータ・経験不足がこの結果につながったとしか言いようがありません。スタートで選択したタイヤ・・悔やまれますね。けれど、今回のレースウィークで学んだこと良い点も悪い点も、残りのシーズンで活かせる部分がたくさんあると思います。
僕個人では、今年の開幕戦も悪い結果を持って家路に着くことになってしまいました・・というのも、3年連続で開幕戦は僕にとって良くない結果なのです。決勝スタート前までは、今年こそ開幕戦で良い結果をだせる好スタートのシーズンになると思っていたのに、今年もどうやらお預けのようです・・。
MOLAファン、僕を応援してくれているファンのみなさんに、優勝争いや表彰台に立つ僕たちを見せることができず、本当にごめんなさい。心から申し訳ない気持ちでいっぱいです。
次戦の岡山でのレースは、みんなが盛り上がれるようなレースにすることを約束します!

Copyright © 2007-2016 Ronnie Quintarelli Official Website All Rights Reserved.