株式会社GENOVA
S Road Co Ltd.
価格.com
ラケーリジャパン株式会社
MS JAPAN
株式会社エアージェイ
ユタニ工業株式会社
Dam Craft
王子サーモン
ITALIANS FOR TOHOKU
PRAY FOR ITALY
チェカレンジャーブログ
Ronnie Quintarelli Official Website for mobile
twitter
Instagram
result
2011 AUTOBACS SUPER GT
2011 AUTOBACS SUPER GT Round1 OKAYAMA GT 250km RACE
岡山国際サーキット / Course Length : 3.703 km
2011/05/21(土)
Qualifying[Knockout]
Q1 Weather : Cloudy | Course : Dry
Q2 Weather : Fine | Course : Dry
Q3 Weather : Fine | Course : Dry

The final result of today’s qualify was a 10th gird.
A very disappointed one considering our car’s performance became quite improvement comparing with the free practice of this morning.
Unfortunately, during the knock-out session 2, the changes we made in the car in order to improve the under steering I had in the session 1 didn’t work well and the grip level was much worse in this session; Even that, we still have the potential to get through the session 3, there was another bad things happening to us, one car was cooling down tires didn’t look at their back mirror driving in the middle of the truck at very slow speed making me lose a few tenths which knock us out.
Anyway, I want to forget about today’s qualify and try to do my best for tomorrow’s race.

公式予選の最終結果は10番グリッド。
今朝のフリー走行のときと比べて車のパフォーマンスが良くなってきたのに、とても残念な予選結果になってしまいました。
ノックアウト予選1回目で感じられたアンダーステアを改善するために変更した部分が、予選2回目にそこまで良くならなかったのと、グリップ力に関しては予選1回目より悪くなってしまったのが原因ですね。
そんな状態の中でも予選3回目にはギリギリ通過できるぐらいのポテンシャルはあったと思うが、別の悪いことが起こってしまった。ノックアウト予選2回目でアタック中だった僕の前に、バックミラーを全く見ずにトラックのど真ん中でタイヤをクールダウンさせながらゆっくり走っている車が現れ、そのせいでコンマ数秒ロスしてしまったことで僕らはノックアウトしてしまった。
かなり頭にきていたけれど、今日の予選のことは早く忘れて、明日の決勝レース精一杯頑張ろうと思います。
2011/05/22(日)
Race Weather : Cloudy | Course : Dry
Distance 68 Laps / 251.804 km

In the opening lap of the race, the tires grip was really good and it permitted me to push really hard overtaking a car at the entry of double hairpin corner for jumping up to 9th position.
During my stint, I had some other battles with other cars where I could also have some fun with enjoying my driving.
The 7th position we could get before the others cars pit-in was the max I could do; our pace during the race was not to finish on the podium today, but I think it was good for our Team MOLA and Michelin Engineers to have a consistent race we could learn and get very important data for the next very important races of the season.
By the way, our position could have been 5th, but my teammate Yanagida-san, after driving a very good stint had a mechanical trouble in the last lap and he drop down to 6th; it was a pity, but we were still lucky we could finish the race.
The last few word is for all my Fans of west Japan who came to support me in the weekend; I was very happy to meet all of you at the circuit and I’m looking forward to meeting you again at Suzuka and Autopolis.
Thank you for the strong support!

決勝レースのオープニングラップでかなり良いグリップ、ダブルヘアピンコーナーの入り口で1台をオーバーテイクし9位に順位をあげることに成功。
僕のスティントでは、数台の車とバトルをして大変だったけど、同時に争いながら走るのが楽しかったよ。他車がピットインしていく中、7位まで順位を上げるのが僕のスティントでできるMAXでした。
ペースは悪くなかったものの、表彰台にのぼることができなかったけれど、僕たちチームMOLAとミシュランにとって、安定したレース展開ができたおかげで重要な次戦セパンへのいいデータもとれたし、学べたものはあったと思います。
最終ラップまで5位を走っていたチーム、このまま5位で終わることができればよかったのですが、いいペースで走っていたチームメイト柳田選手の最終ラップでメカニカルトラブルが起きてしまい、6位になってしまったのが残念でした。けれど最終ラップで車が止まってしまうよりは、どうにかチェッカーを受けることができてよかったです。
岡山まで応援に来てくれた西日本在住のファンのみなさん、ありがとうございました。サーキットでみなさんに会えてうれしかったです。鈴鹿やオートポリスでまた会えるのを楽しみにしています。
力強い声援、本当にありがとうございました。

Copyright © 2007-2016 Ronnie Quintarelli Official Website All Rights Reserved.