株式会社GENOVA
S Road Co Ltd.
価格.com
ラケーリジャパン株式会社
MS JAPAN
株式会社エアージェイ
K.Tsuruoka
ユタニ工業株式会社
Dam Craft
王子サーモン
ITALIANS FOR TOHOKU
PRAY FOR ITALY
チェカレンジャーブログ
Ronnie Quintarelli Official Website for mobile
twitter
Instagram
result
2011 AUTOBACS SUPER GT
JAF Grand Prix SUPER GT & Formula NIPPON FUJI SPRINT CUP 2011
富士スピードウェイ/ Course Length : 4.563 Km
2011/11/11(金)
Qualifying #1 Weather : Rain | Course : Wet
Qualifying #2 Weather : Fine | Course : Dry

The track condition in the qualifying was really critical, with normal rain at the beginning and really heavy rain in the middle and last parts.
Comparing with the morning free practice, our Michelin tires and Nissan GT-R were both working really well and when I got my best lap time in the first part of the session, I had very good feeling from the car and tires.
In the last part of the session, the rain became really heavy and nobody could improve the lap time that was marked in the first part.
Thanks to the lap time I got in my third attack lap, at the end it was pole position for the Race 1 of Saturday.
Because this is the final event of the year, I will try hard for the tomorrow’s race with trying to win!

金曜日の予選、路面状況は驚くほどの雨で池ができるほどひどかった。前半は普通の雨だったけど、中盤以降はドシャ降りが続いた。
朝のフリー走行と比べると、日産GT?Rもミシュランタイヤも調子が良く、予選開始早々、ベストラップタイムを出すことができた。車からもタイヤからも本当に良い感触が伝わってきたよ。
予選が進むにつれて雨がひどくなってきてしまい、どのチームも前半に出したタイムを更新できる状態ではなくなってしまった。
3周目に出したラップタイムのおかげで、土曜日のレース1決勝へ向けてポールポジションを獲得した僕。
今シーズン最後のイベント、ポール・トゥ・ウィンを狙いに頑張ります!

※Qualifying#2は柳田真孝選手の出走
2011/11/12(土)
Race 1 Weather : Fine/Cloudy | Course : Dry
Distance 22 Laps / 100.386 km

Because of the big rain of Friday qualify, today we didn’t have any data for the race and the tires choice we had to decide for the dry race was going to be the key point for the final result.
As it almost happened every time during this season, and it was one of the very important point we got the series champion, the tires we chose for the race was really good and working very well.
In fact, after the perfect standing start I had, I was able to push very hard at the beginning of the race with keeping a very important gap for the rest of the race.
From the middle of the race, #12 started to be closed to me, but I was confident not to be overtaken by him. And Just the last few laps, I started again to push very hard to keep the lead from #12 good pace, but I was sure I could keep the lead because of the good feeling from the car and tires.
After 22 laps, it was victory at the checker flag; I really perfect style to end this incredible season for us.
Once again, I want to thanks Nissan, Team MOLA for the great car they prepared and Michelin for the great tires they brought for this final race of the season.
Now, I will be able to start enjoying my off-season time and look forward to meeting all the Nissan and personal Fans at the Nismo Festival on December 4th.
See you there!

豪雨の中での予選だったため、ドライでの今日の決勝へのデータが何もない状態でのタイヤ選択は、決勝結果を大きく左右する「カギ」となる。
今シーズンのほとんどが今回のように“ドライ”“ウェット”のレースだったわけで、僕らがシリーズチャンピオンを獲った大きなポイントの1つは、ぶっつけ本番のタイヤ選択にあったのだ。
JAF GP特別スタンディングスタートで始まるレース1決勝、僕は最高のスタートをきることができた。すごくプッシュして、1周目からレース後半に向けての大切なギャップを作った。
レースを半分過ぎたころから12号車が徐々に差をつめてきたが、後半へのタイヤ温存を考え、タイヤをマネージメントしながら走っていた僕は、絶対に抜かれない自信があったよ。ラスト数周、ペースの良12号車とのギャップを保つために、僕はもう一度プッシュをし始めた。車もタイヤもすごく良い感じだったから、リードを保てるって確信していたよ。
22周の決勝レースが終わり、トップでチェッカーフラッグを受けて優勝!最高の今シーズンを、最高の形で終えることができた。
最後にもう1度。素晴らしい車を用意してくれた日産、チームMOLA、シーズン最後のレースへ最高のタイヤを持ちこんでくれたミシュラン、ありがとうございました。
これでオフシーズンを心から楽しめそうです!そして12月4日のニスモフェスティバルで日産ファンや応援してくれたすべてのファンのみなさんに会えるのを楽しみにしています。
ニスモフェスティバルで会おうね!

Copyright © 2007-2016 Ronnie Quintarelli Official Website All Rights Reserved.